xiaomi smart band 8 active 違いを徹底比較!機能を解説

xiaomi smart band 8 active 違いを徹底比較!機能を解説 生活を便利にするソフト/デバイス
xiaomi smart band 8 active 違いを徹底比較!機能を解説

「xiaomi smart band 8 active 違い」について詳しく比較してみましょう。xiaomi smart band 8と8 activeの機能や性能にはどんな違いがあるのでしょうか?この記事では、両者のハード性能からエクササイズ、スマートウォッチ機能、健康機能までを一挙に比較レビューします。それぞれのポイントを押さえながら、どちらが自分に合っているか判断する参考にしてください。さらに、関連記事として、Apple watch 8やHuawei Band 8との比較も行い、スマートバンド選びの手助けになる情報を提供します。

created by Rinker
xiaomi(シャオミ)
¥5,445 (2024/07/24 17:20:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
xiaomi(シャオミ)
¥3,011 (2024/07/24 12:24:40時点 Amazon調べ-詳細)

ハード性能

スマートバンド8と8 Activeの比較では、ハード性能も重要なポイントです。どちらも心拍数センサーや様々な機能を搭載しており、画面表示やバッテリーの持ちも違いがあります。ここでは、それぞれのハード性能に焦点を当てて、性能の違いを解説します。

外観
外観

本体サイズと重量

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、どちらも小さくて軽いスマートウォッチです。Smart Band 8は48 mm × 22.5 mm × 10.99 mmの大きさで、Smart Band 8 Activeは少し形が違って、42.81mm x 25.42mm x 9.99mmです。つまり、Activeは少し短くて、横が長くて、薄いです。どちらも重さは27gで、とても軽いです。例えば、Apple Watchは30~40gなので、これよりも軽いです。Xiaomi Smart Bandは軽いスマートウォッチと言えます。大きさや重さを気にすることはほとんどないと思います。

搭載センサー

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、どちらも高精度の6軸センサーとPPG心拍数センサーを持っています。ただし、Smart Band 8には環境光センサーもついていて、ディスプレイの明るさを自動で調整できます。一方、Smart Band 8 Activeにはこの環境光センサーはありません。スマートフォンとの接続はBluetooth 5.1 BLEを使って行います。

他の高級なスマートウォッチには、GPSや他の色々なセンサーがついていることもあります。しかし、Smart Bandシリーズは価格が低いのに、これらのセンサーがしっかりと搭載されていて、必要な機能は十分に備えています。Smart Bandシリーズはコストパフォーマンスが高いと言えます。

バッテリー

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、どちらもマグネット式で充電できます。Smart Band 8の充電時間は約1時間で、バッテリーは通常使用で最大16日間持ちます。一方、Smart Band 8 Activeの充電時間は2時間で、バッテリーは通常使用で最大14日間持ちます。

充電時間が短いほど、そしてバッテリーライフが長いほど便利ですよね。特に忙しい時には、充電時間が短いSmart Band 8がおすすめです。でも、そんなに気にならない方は、価格が安いSmart Band 8 Activeもいい選択かもしれません。どちらも素晴らしいスマートウォッチですから、自分のニーズに合った方を選んでみてください。

バッテリーライフ
Band 8バッテリーライフ

防水機能

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、どちらも防水性能が5ATMとなっています。これは、水深50メートルまで10分間なら防水性能を保つことができるという意味です。他のスマートウォッチと比べても同じくらいの防水性能があります。

日常生活で使う分には、この防水性能で十分です。しかし、水泳やダイビングなど、水中で長時間使う場合は、防水性能をしっかりと確認することが大切です。自分の使い方に合ったスマートウォッチを選ぶことが大切ですね。

液晶ディスプレイの表示方法

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeのディスプレイは、見やすさや操作性に影響を与える重要な部分ですね。それぞれの特徴を比較してみましょう。

Smart Band 8のディスプレイは、画面サイズが1.62インチ、解像度が192 × 490ピクセル、明るさが600nitとなっています。また、環境光センサーが搭載されているため、周囲の明るさに合わせてディスプレイの明るさが自動調整されます。これは、寝る前の暗い部屋ではディスプレイがまぶしくならないように暗くし、屋外のように明るい場所では見やすいように明るくするという機能です。さらに、リフレッシュレート(1秒間に画面が更新される回数)が60Hzなので、画面の動きが滑らかで操作感が良いです。

一方、Smart Band 8 Activeのディスプレイは、画面サイズが1.47インチ、解像度が172 x 320ピクセル、明るさが450nitとなっています。これは、Smart Band 8に比べて画面が少し小さく、また明るさも少し暗いです。

これらの特徴から、画面の見やすさや自動明るさ調整機能を重視する方にはSmart Band 8がおすすめです。しかし、どちらも高品質なディスプレイを採用しているので、個々のニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。自分にとって使いやすいディスプレイを持つスマートバンドを選びましょう。

ディスプレイ
Band 8ディスプレイ

ウォッチフェイスの種類

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeのウォッチフェイス(文字盤)の種類は違います。Smart Band 8は200種類以上のウォッチフェイスが用意されていて、これはSmart Band 8 Activeの2倍以上です。デジタルやアナログの時計から、キャラクターやゲームのデザインまで、様々な種類があります。これにより、誰でも、どんな場面でも自分に合ったウォッチフェイスを選べます。

一方、Smart Band 8 Activeのウォッチフェイスの種類は少なめです。ですので、多くの選択肢を求める方にはSmart Band 8がおすすめです。しかし、シンプルさを求める方にはSmart Band 8 Activeも良い選択かもしれません。自分の好みやニーズに合わせて、適切なモデルを選ぶことが大切ですね。

ウォッチフェイス
ウォッチフェイス
カテゴリ項目Band 8Band 8 Active
ハード性能本体サイズ48 mm × 22.5 mm × 10.99 mm42.81mm x 25.42mm x 9.99mm
重量27 g27 g
画面サイズ1.62インチ1.47インチ
画面解像度192 × 490 ピクセル172 x 320 ピクセル
最大画面明るさ600 nit450 nit
常時表示×
自動明るさ調整×
ウォッチフェイス200種類以上100種類以上
センサー高精度 6 軸センサー
PPG 心拍数センサー
環境光センサー
高精度 6 軸センサー
PPG 心拍数センサー
BluetoothBluetooth 5.1 BLEBluetooth 5.1 BLE
バッテリータイプ: マグネット式充電
充電時間:約 1 時間
通常使用モード:16日間
タイプ: マグネット式充電
充電時間:約 2 時間
通常使用モード:14日間
防水5ATM5ATM
ハード性能 比較表

エクササイズ

運動やトレーニングをサポートする機能は、スマートバンド8や8 Activeでも重要なポイントとなります。どちらがより運動効果を高める機能を持っているのか、具体的な機能面での違いを比較検討します。

トレーニングモードの種類

Xiaomi Smart Band 8と8 Activeのトレーニングモードは、それぞれ異なる特徴と機能を持っていますね。

Smart Band 8は、150種類のエクササイズモードを搭載しています。これは、一般的なエクササイズからニッチなスポーツまで、幅広い種類のエクササイズをカバーしています。これにより、多様なスポーツを楽しむ方にはSmart Band 8が適しています。

一方、Smart Band 8 Activeは、50種類のエクササイズモードを搭載しています。これでも、ランニング、サイクリング、水泳、筋トレなど、一般的なエクササイズはほとんど網羅されています。ですので、基本的なエクササイズを行う方にはSmart Band 8 Activeも十分に対応可能です。

ただし、どちらのモデルもGPSは搭載されていません。そのため、屋外でのランニングやサイクリングなど、移動距離やルートを詳しく分析したい場合は、スマートフォンを一緒に持ち歩く必要があります。これが不便と感じる方は、GPSを搭載したスマートウォッチを選ぶことをおすすめします。

以上の情報を参考に、自分のエクササイズの種類や分析のニーズに合ったスマートバンドを選んでみてくださいね。どちらのモデルも素晴らしい機能を持っていますので、自分に最適な選択をすることが大切です。

ランニングビーンモード

Smart Band 8には、「ランニングビーンモード」という新機能が搭載されていますね。これは、別売の「ランニングクリップ」を靴ひもに取り付けることで、13種類の専門的な統計情報を取得できるというものです。これにより、ランニング中にストライド頻度、ストライド長、衝撃力、衝撃スタイルなどを確認し、ランニングフォームをリアルタイムで調整することが可能になります。また、ランニングが終了した時には、アプリ内で全ての専門データ、専用の指標、データの解釈を表示し、さらなる改善に役立てることができます。

このような靴にスマートウォッチを取り付けるというアイデアは、確かに斬新で面白いですね。足の動きを直接計測できるため、ランニングのパフォーマンスを向上させたい方には、この機能は非常に有用でしょう。他のスマートウォッチでは見られない、Smart Band 8のユニークな特徴と言えますね。

ランニングビーンモード
ランニングビーンモード(Band 8のみ)
created by Rinker
xiaomi(シャオミ)
¥1,355 (2024/07/24 17:20:37時点 Amazon調べ-詳細)

ランニングのガチ勢におすすめのスマートウォッチを紹介します。他社製品ですが参考まで。

カテゴリ項目Band 8Band 8 Active
エクササイズエクササイズ150種類以上50種類以上
ランニングビーンモード×
トレーニング分析
エクササイズ 比較表
created by Rinker
xiaomi(シャオミ)
¥5,445 (2024/07/24 17:20:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
xiaomi(シャオミ)
¥3,011 (2024/07/24 12:24:40時点 Amazon調べ-詳細)

スマートウォッチ機能

スマートバンド8や8 Activeは、スマートウォッチとしての機能も充実しています。通知機能やスマートフォンとの連携など、どちらがより便利なスマートウォッチ機能を持っているのか、詳細に比較していきます。

スマートバンド8と8 Activeでは、スマートフォンとの連携機能が異なります。通知の受信や操作性、アプリ連携など、どちらがよりスムーズな連携を実現しているのか、機能面から比較します。

着信やメッセージの通知

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、スマートフォンの通知を受け取ることができます。これには、着信、メール通知、LINE、その他のアプリの通知が含まれます。これらの機能は日常生活で非常に便利です。

ただし、これらのスマートバンドでは通話はできません。通話機能を持つスマートウォッチは一般的に高価格帯のもので、Smart Band 8とSmart Band 8 Activeにはその機能はありません。そのため、通話機能が必要な方は、それを考慮に入れて適切なスマートウォッチを選んでください。これらの情報が選択の参考になれば幸いです。

アラーム

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、スマートフォンと同じようにアラームをセットできます。アラームの時間を決めると、バンドが振動して知らせてくれます。スマートフォンと違って、バンドは体に直接触れているので、音がなくてもアラームに気づけます。寝ているときでも大丈夫です。

たとえば、家族と一緒に住んでいて、自分だけ早く起きる必要があるとき、アラームの音で家族を起こさずに、自分だけが起きることができます

スマホを探す

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、スマートフォンが見つからないときに便利な機能を持っています。Bluetooth接続があれば、ウォッチからスマホを探すことができます。スマホを探す機能をONにすると、スマホから音が出て、その位置を教えてくれます。朝の忙しい時間など、スマホが見つからないと焦ることがあるので、そのような時にこの機能はとても役立ちます。

この機能は、Smart Band 8とSmart Band 8 Activeの両方に搭載されています。どちらを選んでも、スマホを探す機能を利用することができます。これは、日常生活をより便利にするための素晴らしい機能ですね。

カレンダーの同期

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、スマートフォンのカレンダーと同期してスケジュールを管理することができます。これは、スマートフォンのカレンダーでスケジュールを管理している方にとって便利な機能です。スマートフォンのカレンダーと同期することで、ウォッチでスケジュールを確認したり、予定が近づいたら通知してくれます。これは、「次の予定は何だっけ?」と思ったときに、スマートフォンを取り出す手間を省くことができます。

ただし、ウォッチから直接予定を追加したり変更したりすることはできません。そのような機能が必要な方は、GoogleアシスタントやAlexaが搭載されたスマートウォッチがおすすめです。これらのスマートウォッチでは、話しかけるだけで予定を追加したり変更したりすることができます。自分のニーズに合ったスマートウォッチを選んでみてくださいね。

音楽コントロール

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、スマートフォンの音楽を操作することができます。これは、ウォッチの画面を使って音楽の再生や停止、曲の送りや戻り、音量の調整などができるという機能です。スマートフォンで音楽をよく聞く方にとっては、手元で簡単に操作できるので便利です。

ただし、ウォッチ自体に音楽を保存して再生することはできません。操作できるのはスマートフォンの音楽だけです。これは、ランニング中などスマートフォンを持ち歩きたくないときには注意が必要です。そのような場合は、ウォッチ内に音楽を保存できるスマートウォッチがおすすめです。自分のニーズに合ったスマートウォッチを選ぶことが大切ですね。

カテゴリ項目Band 8Band 8 Active
スマートウォッチ機能着信通知
メッセージ通知
アラーム
スマホを探す
カレンダー同期
音楽再生コントロール
スマートウォッチ機能 比較表

健康機能

健康管理機能
健康管理機能

睡眠計測や心拍数モニタリングなど、健康管理機能もスマートバンド8や8 Activeには欠かせません。どちらがより正確で使いやすい健康機能を搭載しているのか、具体的な機能比較を行います。健康状態を把握するために重要な健康データの可視化や分析機能も、スマートバンド8や8 Activeには搭載されています。どちらがより使いやすいデータ管理システムを提供しているのか、機能面から比較します。

睡眠モニタリング

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、睡眠の質を測定する機能を持っています。これは、睡眠中の心拍数や血中酸素濃度の変化を基に、睡眠時間、深い睡眠、浅い睡眠、REM睡眠を正確に記録し、定期的な睡眠習慣の形成をサポートします。

これはスマートウォッチの基本的な機能で、Smart Band 8もSmart Band 8 Activeも両方とも備えています。ですので、睡眠モニタリングだけが必要な方にとっては、価格が安いSmart Band 8 Activeでも十分な機能を得られるでしょう。

心拍数モニタリング

Xiaomi Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、心拍数を24時間追跡する機能を持っています。これは、心拍数を常に測定し、アクティビティが検出されると、モニタリングの頻度が自動的に1分ごとに上がります。さらに、心拍数が異常に高くなると、ウォッチが振動して警告する心拍数アラート機能も備えています。

これらの心拍数モニタリング機能は、スマートウォッチの基本的な機能で、Smart Band 8もSmart Band 8 Activeも両方ともこの機能を持っています。これにより、健康管理をより簡単に、そしてより正確に行うことができます。

血中酸素レベル測定

Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、体内の酸素濃度を示す血中酸素レベルを測定できます。これは、山登りや激しいスポーツをするときなどに役立ちます。医療機器ほどの精度はありませんが、体調管理や感染症対策には十分です。これらのスマートバンドは、24時間血中酸素レベルをモニタリングできます。さらに、血中酸素飽和度が低くなると、通知を送ってくれます。

しかし、運動時の最大酸素摂取量(Vo2MAX)を測定できるのはSmart Band 8だけです。Vo2MAXは、体が運動中に摂取し利用できる酸素の最大量を示す指標です。これは、あなたの体がどれだけ大きな「エンジン」を持っているかを示します。つまり、Vo2MAXが大きければ、より長い時間やより高い強度で運動できます。マラソンをしたり、ハードにトレーニングをする人には、Smart Band 8がおすすめです。自分のニーズに合ったスマートバンドを選ぶことが大切ですね。

ストレスモニタリング

Xiaomi Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、ストレスレベルをチェックすることができます。これは、前に説明したセンサーを使って行います。Smart Band 8 Activeでは、手動でしか測定できません。しかし、Smart Band 8は24時間ストレスレベルをモニタリングでき、ストレスレベルが一定以上に高くなると通知してくれます。そのような通知が来たら、深呼吸をしたり、少し休憩をしたりすることがおすすめです。

つまり、高いストレスを感じていて、それを通知してもらって心と体を休めたいと思っている人には、Smart Band 8がおすすめです。

生理周期予測

Xiaomi Smart Band 8とSmart Band 8 Activeは、生理周期予測機能を持っています。これは、月経周期と排卵期を記録し、それらの情報に基づいてリマインダーを出力します。さらに、長期間にわたってデータを連続して記録することで、生理周期の予測精度を向上させることができます。

この機能は、Smart Band 8とSmart Band 8 Activeの両方に搭載されています。これにより、生理周期の管理をより簡単に、そしてより正確に行うことができます。

カテゴリ項目Band 8Band 8 Active
健康機能心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
血中酸素レベル測定
ストレスモニタリング
生理周期予測
健康機能 比較表

まとめ

Xiaomi Smart Band 8と8 Activeの違いを比較してきましたが、それぞれに特徴的な機能や性能があります。ユーザーのニーズや使い方に合わせて選ぶことが重要です。ハード性能から健康管理機能まで、機能や使い勝手を十分に比較検討して、自分に最適なスマートバンドを選びましょう。

created by Rinker
xiaomi(シャオミ)
¥5,445 (2024/07/24 17:20:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
xiaomi(シャオミ)
¥3,011 (2024/07/24 12:24:40時点 Amazon調べ-詳細)

以上、Xiaomi Smart Band 8と8 Activeの機能や違いについて比較してきました。機能性やデザイン、使い勝手など、様々な観点から比較し、自分に最適なスマートバンドを見つける参考にしてみてください。

カテゴリ項目Band 8Band 8 Active
ハード性能本体サイズ48 mm × 22.5 mm × 10.99 mm42.81mm x 25.42mm x 9.99mm
重量27 g27 g
画面サイズ1.62インチ1.47インチ
画面解像度192 × 490 ピクセル172×320ピクセル
最大画面明るさ600 nit450 nit
常時表示×
自動明るさ調整×
ウォッチフェイス200種類以上100種類以上
センサー高精度 6 軸センサー
PPG 心拍数センサー
環境光センサー
高精度 6 軸センサー
PPG 心拍数センサー
BluetoothBluetooth 5.1 BLEBluetooth 5.1 BLE
バッテリータイプ: マグネット式充電
充電時間:約 1 時間
通常使用モード:16日間
タイプ: マグネット式充電
充電時間:約 2 時間
通常使用モード:14日間
防水5ATM5ATM
エクササイズエクササイズ150種類以上50種類以上
ランニングビーンモード×
トレーニング分析
スマートウォッチ機能着信通知
メッセージ通知
アラーム
スマホを探す
カレンダー同期
音楽再生コントロール
健康機能心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
血中酸素レベル測定
ストレスモニタリング
生理周期予測
全機能 比較表

関連記事

タイトルとURLをコピーしました