GMAP-BF(組織行動学・人的資源管理)無料問題集&おすすめ勉強法 解答編

GMAP-BF(組織行動学・人的資源管理)無料問題集&おすすめ勉強法 解答編 仕事や日常に役立つスキル
GMAP-BF(組織行動学・人的資源管理)無料問題集&おすすめ勉強法 解答編

「GMAP-BF スコア向上のための試験対策」についての洞察を共有します。GMAP-BFはビジネスリーダーを対象にした試験であり、そのスコアがキャリアアップに大きく影響するため、多くの受験者が高得点を目指しています。

しかし、試験の構造や要求するスキルを理解せずに対策を進めると、効率が悪くなりがちです。本記事では、特にスコア向上に効果的な勉強方法とテクニックを紹介し、試験の時間配分のコツにも触れます。さらに、実際にGMAP-BFを受験体験した著者オリジナルの無料問題集も公開します。

↓GMAP-BFに近い問題集↓

created by Rinker
¥2,970 (2024/07/24 14:09:06時点 Amazon調べ-詳細)

↓GMAP-BFの範囲を広く抑えた参考書↓

GMAP-BF スコア向上のための試験対策

本文では、GMAP-BFを効率よく学習しスコアを向上させる方法と、試験時の時間配分について解説します。

GMAP-BF 勉強方法とスコア向上テクニック

GMAP-BFは、MBA(経営学)を主な内容としています。この試験に備える際の勉強方法としては、まず、科目ごとの理解を深めることが重要です。具体的には、マーケティング、経営戦略、人的資源管理、組織行動学、企業会計、ファイナンスの各分野にわたる知識を系統だてて学ぶことが必要です。

GMAP-BF固有の問題形式に慣れるためには、練習問題や問題集を用いた練習が効果的です。さらに、体験記やウィキページを利用して他の受験者の勉強法や試験体験を学ぶことも有効です。しかしながら、一般に練習問題は広く流通しておらず、どんな勉強をすれば良いの?と悩んでいる人が多いはず。そこで、次章では実際にGMAP-BFを受験体験した著者オリジナルの無料問題集も公開します。

スコア向上のテクニックとしては、各科目の重要ポイントを編集する能力を高め、時間内に正確かつ迅速に回答することが求められます。本記事の問題を解いてみることで、時間管理や疲労に対する耐性を鍛えることができます。

GMAP-BFで高得点を狙うための時間配分

GMAP-BF試験において高得点を目指すためには、試験全体の時間配分が非常に重要です。に設定された時間内に問題を解く能力が評価されます。

試験時間は1科目20分・問題数は30問程度です。問題は短文の一問一答形式のものから、長文を読んで複数の問題を出題する形式のものもあります。問題数に対して試験時間が短いので悩んでいる暇はありません。分からない問題はひとまず飛ばして次の問題に進むことをおすすめします。

また、答えに自信がない問題はマークしておき、時間の許す限り後で見直しを行うことができます。この戦略により、試験の時間を最大限に活用し、全体のスコアを向上させることが可能です。

時間配分
時間配分

GMAP-BF練習問題集 組織行動学・人的資源管理編

GMAP-BFのマーケティング科目に特化した練習問題集について解説します。この部分では具体的な問題例と解答テクニックを紹介します。

GMAP-BFの試験で扱うマーケティングの重要項目とその対策問題を一覧にして提供します。マーケティング編の練習問題集は、市場分析、製品戦略、プロモーション活動、価格設定といった重要分野をカバーしています。練習問題を繰り返し解くことで、試験の流れや問題のパターンに慣れ、本番でのパフォーマンスが向上することが期待されます。

次の練習問題を回答時間20分を目安に挑戦してみましょう。

問題1:
組織文化とは、構成員の価値観が行動規範・判断規範として融合され形成されたものであるが、組織文化が個人にもたらす効果として当てはまらないものはどれか?
A. 判断や行動の指針となる。
B. 個人の動機付けとなる。
C. トップダウンの指示命令の手助けとなる。
D. 情報伝達の簡素化となる。

解答: C

問題2:
HRMを構成する要素のうち、含まれないものはどれか?
A. HRポリシー
B. HRシステム
C. 組織文化
D. 組織行動学

解答: D

問題3:
HRシステムのうち、組織構造の決定に関するものはどれか?
A. 人員配置
B. 報奨
C. 評価
D. 能力開発

解答: A

問題4:
アルフレッド・チャンドラーが組織と戦略の関係について述べたものはどれか?
A. 組織と戦略は相互作用である
B. 組織と戦略は無関係である
C. 戦略は組織に従う
D. 組織は戦略に従う

解答: D

問題5:
あるグループを固定的なイメージで人を判断する、認知バイアスは何か?
A. ステレオタイプ
B. グループシンク
C. 内集団バイアス
D. ハロー効果

解答: A

問題6:
人を判断するとき、知性、社交性、容貌といった特定の特徴に基づいて、一般的な印象を持つ、認知バイアスは何か?
A. ステレオタイプ
B. グループシンク
C. 内集団バイアス
D. ハロー効果

解答: D

問題7:
合意に至ろうとするプレッシャーから、多様な目線からの評価が欠落してしまう傾向を何というか?
A. ステレオタイプ
B. グループシンク
C. 内集団バイアス
D. ハロー効果

解答: B

問題8:
マクレガーのX理論・Y理論として正しいのはどれか?
A. X理論とは、「人間は本来仕事が嫌いであり、仕事をさせるには命令・強制が必要である」という考え方
B. Y理論とは、「人間は本来仕事が嫌いであり、仕事をさせるには命令・強制が必要である」という考え方
C. X理論とは、「仕事をするのは人間の本性であり、自分が設定した目標に対し積極的に行動する」という考え方
D. どれも正しくない

解答: A

問題9:
マズローの5段階欲求を低次から高次へ順に並べたものとして正しいのはどれか?
A. 安全欲求>生理的欲求>社会的欲求>承認欲求>自己実現
B. 生理的欲求>安全欲求>承認欲求>社内的欲求>自己実現
C. 生理的欲求>安全欲求>社会的欲求>承認欲求>自己実現
D. どれも正しくない

解答: C

問題10:
動機付け要因と衛生要因について正しいのはどれか?
A. 動機付け要因とは、給料や職場の環境、人間関係など、仕事に直接は関係しないものの不満足を引き起こす要因
B. 動機付け要因とは、操作感、有能感、仕事の達成感、責任範囲の拡大、能力向上や自己成長、チャレンジングな仕事など
C. 衛生要因とは、操作感、有能感、仕事の達成感、責任範囲の拡大、能力向上や自己成長、チャレンジングな仕事など
D. どれも正しくない

解答: B

問題11:
合理的な人が行動を起こす際に、その行動によって得られる結果への期待値と、その行為によって得られる報酬の魅力によってモチベーションが決まるという考え方を何というか?
A. 期待理論
B. 報酬理論
C. 合理理論
D. 目標設定理論

解答: A

問題12:
適切かつ具体的で明確な目標があるとき、人は高いモチベーションをもって仕事に取り組むことができるという考え方を何というか?
A. 期待理論
B. 報酬理論
C. 合理理論
D. 目標設定理論

解答: D

問題13:
コンフリクトの2次元モデルにおいて、誤っているものはどれか?
A. 協力的×自己主張的=協力
B. 協力的×非自己主張的=順応
C. 非協力的×自己主張的=競争
D. 非協力的×非自己主張的=闘争

解答: D

問題14:
レヴィンの提唱した変革の三段階プロセスを順序通りに並べたものはどれか?
A. 凍結>変化>解凍
B. 解凍>変化>再解凍
C. 解凍>変化>再凍結
D. どれも正しくない

解答: C

問題15:
変化への抵抗に対する対抗手段と、そのリスクを記述したものとして誤っているものはどれか?
A. 強制。反対派の反感を買うリスクがある
B. 懐柔。丸め込まれると思い疑心暗鬼になるリスクがある
C. 参加促進。引き込んだ相手が誤った方向に向かうと時間を浪費する
D. どれも正しくない

解答: D

問題16:
組織構造とその特徴について述べた文章として正しいものはどれか?
A. 事業部別組織:柔軟な戦略実行が可能。将来のマネジメント層を育成できる。
B. 機能別組織:部門の重複が無い。専門家。細分化、階層化が進みやすい。責任所掌が不明確。
C. カンパニー型組織:事業部別×機能別の長所を得られる。従業員1人に対してマネージャーが複数になる。
D. マトリックス型組織:責任の明確化。迅速なアクションが可能。事業部間の協働がしにくい。経営資源の取り合いになる。

解答: B

問題17:
ジョン・フレンチとバードラム・レイバンが提唱したパワーについて誤っているのはどれか?
A. 専門力:専門的な知識やノウハウを持つことから生じる力
B. 強制力:正式な権限(社会的地位)に基づく力
C. 同一視力:他人が尊敬するような理想的な人物が持つ力
D. 報酬力:相手にとって励みになるものを与えることで得る力

解答: B

問題18:
学習する組織を実現するために必要な要素である5つのディシプリンに含まれないものはなにか?
A. この力の増強
B. システム思考
C. メンタルモデルの克服
D. チーム学習

解答: A

問題19:
問題に対して、既存の目的や前提そのものを疑い、それらも含めて軌道修正を行うことを何というか?
A. デュアル・ラーニング
B. シングル・ラーニング
C. ダブルループ・ラーニング
D. どれも正しくない

解答: C

問題20:
集団の発展段階の順として正しいものはどれか?
A. 激動期>形成期>実現期>規範形成期>終了期
B. 形成期>激動期>実現期>規範形成期>終了期
C. 激動期>規範形成期>実現期>形成期>終了期
D. 形成期>激動期>規範形成期>実現期>終了期

解答: D

問題21:
コミュニケーションのプロセスを順に並べたものとして正しいのはどれか?
A. 記号化>伝達>解読>フィードバック
B. 伝達>解読>記号化>フィードバック
C. 伝達>記号化>解読>フィードバック
D. どれも正しくない

解答: A

問題22:
報奨の基本要素の1つである、報奨水準について述べたものはどれか?
A. 「何に対して」報奨を支払うか?
B. 「誰にいくら」報奨を支払うか?
C. 「どのように」報奨を支払うか?
D. どれも正しくない

解答: B

問題23:
人材調達には内部調達と外部調達があるが、それぞれの記述において誤っているものはどれか?
A. 内部調達では、能力評価や自社に合っているかはより適切に評価可能
B. 外部調達では、変化への刺激になるがコンフリクトの原因にもなりうる
C. 外部調達により、昇進の機会を失なった内部調達候補者のモチベーションが下がる可能性がある
D. 内部調達では、変化の激しい環境により適している

解答: D

問題24:
コンフリクトの記述において誤っているものはどれか?
A. コンフリクトは、マネジメント次第で組織の成果を高めることも期待できる。
B. コンフリクトは、実質的問題と感情的問題に分けられる
C. コンフリクトの原因には、外部要因と個人的要因が考えられる
D. どれも正しくない

解答: D

組織行動学・人的資源管理をもっと対策しておきたい人へ

本記事の問題を解くことと追加して、以下の2冊を購入して目を通すことをおすすめします。著者も2冊とも購入し、大変参考になりました。

↓GMAP-BFに近い問題集↓

created by Rinker
¥2,970 (2024/07/24 14:09:06時点 Amazon調べ-詳細)

↓GMAP-BFの範囲を広く抑えた参考書↓

他のカテゴリも対策しておきたい人へ

GMAP-BFは、MBA(経営学)を主な内容としています。この試験に備える際の勉強方法としては、まず、科目ごとの理解を深めることが重要です。具体的には、マーケティング、経営戦略、人的資源管理、組織行動学、企業会計、ファイナンスの各分野にわたる知識を系統だてて学ぶことが必要です。

GMAP-BF主要科目
タイトルとURLをコピーしました