本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

GMAP-BF(マーケティング)無料問題集&おすすめ勉強法 解答編

GMAP-BFマーケティング解答編

「GMAP-BF スコア向上のための試験対策」についての洞察を共有します。GMAP-BFはビジネスリーダーを対象にした試験であり、そのスコアがキャリアアップに大きく影響するため、多くの受験者が高得点を目指しています。

しかし、試験の構造や要求するスキルを理解せずに対策を進めると、効率が悪くなりがちです。本記事では、特にスコア向上に効果的な勉強方法とテクニックを紹介し、試験の時間配分のコツにも触れます。さらに、実際にGMAP-BFを受験体験した著者オリジナルの無料問題集も公開します。

↓GMAP-BFに近い問題集↓

created by Rinker
¥2,970 (2024/06/19 21:33:05時点 Amazon調べ-詳細)

↓GMAP-BFの範囲を広く抑えた参考書↓

アセスメントテスト(GMAP) – グロービスの人材育成・企業・社員研修サービス (globis.co.jp)

GMAP-BF スコア向上のための試験対策

本文では、GMAP-BFを効率よく学習しスコアを向上させる方法と、試験時の時間配分について解説します。

GMAP-BF 勉強方法とスコア向上テクニック

GMAP-BFは、MBA(経営学)を主な内容としています。この試験に備える際の勉強方法としては、まず、科目ごとの理解を深めることが重要です。具体的には、マーケティング、経営戦略、人的資源管理、組織行動学、企業会計、ファイナンスの各分野にわたる知識を系統だてて学ぶことが必要です。

GMAP-BF固有の問題形式に慣れるためには、練習問題や問題集を用いた練習が効果的です。さらに、体験記やウィキページを利用して他の受験者の勉強法や試験体験を学ぶことも有効です。しかしながら、一般に練習問題は広く流通しておらず、どんな勉強をすれば良いの?と悩んでいる人が多いはず。そこで、次章では実際にGMAP-BFを受験体験した著者オリジナルの無料問題集も公開します。

スコア向上のテクニックとしては、各科目の重要ポイントを編集する能力を高め、時間内に正確かつ迅速に回答することが求められます。本記事の問題を解いてみることで、時間管理や疲労に対する耐性を鍛えることができます。

GMAP-BFで高得点を狙うための時間配分

GMAP-BF試験において高得点を目指すためには、試験全体の時間配分が非常に重要です。に設定された時間内に問題を解く能力が評価されます。

試験時間は1科目20分・問題数は30問程度です。問題は短文の一問一答形式のものから、長文を読んで複数の問題を出題する形式のものもあります。問題数に対して試験時間が短いので悩んでいる暇はありません。分からない問題はひとまず飛ばして次の問題に進むことをおすすめします。

また、答えに自信がない問題はマークしておき、時間の許す限り後で見直しを行うことができます。この戦略により、試験の時間を最大限に活用し、全体のスコアを向上させることが可能です。

時間配分
時間配分

GMAP-BF練習問題集 マーケティング編

GMAP-BFのマーケティング科目に特化した練習問題集について解説します。この部分では具体的な問題例と解答テクニックを紹介します。

GMAP-BFの試験で扱うマーケティングの重要項目とその対策問題を一覧にして提供します。マーケティング編の練習問題集は、市場分析、製品戦略、プロモーション活動、価格設定といった重要分野をカバーしています。練習問題を繰り返し解くことで、試験の流れや問題のパターンに慣れ、本番でのパフォーマンスが向上することが期待されます。

次の練習問題を回答時間20分を目安に挑戦してみましょう。

問題1:
マーケティングは企業戦略と同様に3つのレベルで考える。3つのレベルに含まれないのはどれか?
A. 全社レベル
B. 事業レベル
C. 製品レベル
D. 機能レベル
解答: D

解説: マーケティングは全社レベル、事業レベル、製品レベルの3つのレベルで考えられます。機能レベルは含まれません。機能レベルは企業の各部門(マーケティング、財務、人事など)における活動を指します。

問題2:
マーケティングにおいて、回答者に複数の要素を組み合わせた商品全体を評価してもらい、それぞれの要素が商品の選択にどの程度影響を与えているかを調べる方法を何というか?
A. コンジョイント分析
B. フルプロファイリング法
C. 部分プロファイリング法
D. 選好度分析
解答: A

解説: 複数の要素を組み合わせた商品全体の評価から、各要素が選択に与える影響度を分析する手法をコンジョイント分析と呼びます。製品の様々な属性の重要度を数値化できるため、新製品開発などに活用されます。

問題3:
セグメンテーションにおいて、ライフスタイル、パーソナリティ、社会的階層は次のどのセグメンテーションに含まれるか?
A. 地理的変数
B. 人口動態変数
C. 心理的変数
D. 行動変数
解答: C

解説: ライフスタイル、パーソナリティ、社会的階層は、消費者の内面的・心理的側面に関する変数です。したがって、心理的変数に含まれるセグメンテーション基準となります。

問題4:
ターゲティングにおいて、検討の基準にふくまれないものはどれか?
A. 自社の強み
B. 競合他社の戦略
C. 市場の規模と成長性
D. 自社の技術開発状況
解答: D

解説: ターゲティングでは、自社の強み、競合状況、市場の魅力度など、様々な観点から検討します。しかし自社の技術開発状況は、ターゲティングの直接の基準にはなりません。技術開発は製品開発など別の側面で考慮されます。

問題5:
1つの市場に1つの製品をリリースすることで、コスト低下がメリットとなるマーケティング手法はどれか?
A. 非差別型マーケティング
B. 無差別型マーケティング
C. 差別型マーケティング
D. 集中型マーケティング
解答: D

解説: 1つの製品を1つの狭い市場に集中して販売する手法を集中型マーケティングと呼びます。少ない製品とチャネル数でコストを抑えられるのがメリットです。

問題6:
ポジショニングにおいて、満たすべき条件に含まれないものはどれか?
A. ポジショニングのターゲットサイズが適切か
B. 売り手の考えるポジショニングが、顧客に正確に伝わるか
C. 売り手である企業自体のポジショニング(企業理念、ポリシーなど)と、製品のポジショニングに整合性があるか
D. セリング(販売)も考慮しているか
解答: D

解説: ポジショニングとは顧客の認識を獲得するための戦略であり、販売(セリング)そのものは直接の対象ではありません。ポジショニングでは、ターゲット規模、顧客への訴求、企業理念との整合性などが重要な条件となります。

問題7:
マーケティングの4Pに含まれないものはどれか?
A. Process
B. Place
C. Price
D. Promotion
解答: A

解説: マーケティングの4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)の頭文字を取ったものです。Processは含まれません。

問題8:
新製品開発のプロセスで正しいのはどれか?
A. 製品化 → 市場参入 → 製品コンセプトの開発 → 戦略仮説の検討
B. 製品コンセプトの開発 → 戦略仮説の検討 → 製品化 → 市場参入
C. 市場参入 → 製品コンセプトの開発 → 戦略仮説の検討 → 製品化
D. 戦略仮説の検討 → 製品化 → 市場参入 → 製品コンセプトの開発
解答: B

解説: 新製品開発の一般的なプロセスは、1)製品コンセプトの開発、2)戦略仮説の検討、3)製品化、4)市場参入の順序となります。選択肢Bがこの順番で正しいです。

問題9:
仕入や販売において、所有権が売り手から買い手に移動するプロセスはどれか?
A. 商流
B. 物流
C. 情報流
D. 取引流
解答: A

解説: 商品の所有権が売り手から買い手に移動するプロセスを商流と呼びます。一方、物流は製品の物理的な移動、情報流は情報の伝達を指します。

問題10:
ブランドイメージ維持が必要な製品に対してとるべきチャネル政策は次のうちどれか?
A. 管理的チャネル政策
B. 開放的チャネル政策
C. 排他的チャネル政策
D. 選択的チャネル政策
解答: C

解説: ブランドイメージの維持が重要な製品については、流通チャネルを厳格に管理する排他的チャネル政策が適切です。一方で開放的は自由に販売経路を設けるため、ブランド管理が困難になります。選択的や管理的は排他的ほど徹底していません。

問題11:
製品の導入期。オピニオン・リーダーとして製品の評価形成に影響力を持つと言われるのは次のうちどれか?
A. イノベーター
B. アーリーアダプター
C. フォロワー
D. ラガード
解答: B

解説: 新製品の導入期には、アーリーアダプター(初期購買層)がオピニオン・リーダーとなり、製品評価に大きな影響力を持ちます。一方のイノベーターは最初に購入する革新的な消費者を指し、フォロワーやラガードは後から追従する普及層を指します。

問題12:
自社の製品を販売する流通業者を限定しない流通政策。早期に多くの顧客にリーチできる可能性があるが、価格低下・ブランド価値低下が懸念されるのはどれか?
A. 開放的流通政策
B. 選択的流通政策
C. 排他的流通政策
D. 上記のどれでもない
解答: A

解説: 開放的流通政策では、多くの流通業者に販売を許可するため、早期に広範囲の顧客にリーチできます。しかし価格・ブランド管理が困難になる懸念があります。選択的は一定の基準で絞り込み、排他的はごく限られた販売店のみに限定するため、この懸念は低くなります。

問題13:
価格決定(プライシング)に影響を与える要素に含まれないものは?
A. コスト
B. カスタマーバリュー
C. 競争環境
D. 自社経営状況
解答: D

解説: 価格決定に影響する主な要素は、コスト、顧客が認める価値、競合他社の価格動向などです。自社の経営状況そのものは、価格設定の直接の判断基準にはなりません。

問題14:
製品の導入期において、早期の資金回収を目的に、製品ライフサイクルの初期段階で価格を高く設定する価格決定方法は?
A. ペネトレーション・プライシング
B. ターゲティング・プライシング
C. スキミング・プライシング
D. マークアップ・プライシング
解答: C

解説: スキミング・プライシングとは、製品導入時に高い価格を設定し、市場が成熟するにつれて徐々に値下げしていく方法です。早期の資金回収を目的としており、導入期の価格設定方法として適切です。

ちょっと休憩

ここまでの問題いかがだったでしょうか?「しっかり対策したい」という方におすすめの書籍を紹介します。

↓GMAP-BFに近い問題集↓

created by Rinker
¥2,970 (2024/06/19 21:33:05時点 Amazon調べ-詳細)

↓GMAP-BFの範囲を広く抑えた参考書↓

問題15:
価格弾力性の記述において、誤っているものはどれか?
A. 価格の変動によって、ある製品の需要や供給が変化する度合いを示す数値。この値が1より大きいと「弾力性が大きい」1より小さいと「弾力性が小さい」という。
B. コメや野菜などの生活必需品、PCソフトなどのスイッチングコストが高いものは価格弾力性が小さい
C. 宝飾品などの贅沢品は価格弾力性が小さい
D. 上記にはない
解答: C

解説: 価格弾力性とは、価格変動に対する需要の変化の度合いを表す指標です。Aの記述は正しいです。Bのように生活必需品やスイッチングコストが高い財は代替が効かないため弾力性が小さくなります。一方で贅沢品は代替が効くため、弾力性は大きくなる傾向にあります。したがってCの記述が誤りです。

問題16:
購買決定プロセスのAIDMAに含まれないものは?
A. 注意
B. 興味
C. 記憶
D. 計画
解答: D

解説: 購買決定プロセスをモデル化したAIDMAは、Attention(注意)、Interest(興味)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)を指します。計画は含まれていません。

問題17:
購買決定プロセスにおいて、意思決定の行動段階で効果が高く、生産財向きのコミュニケーション手段はどれか?
A. セールスプロモーション
B. 人的販売
C. パブリシティ
D. 口コミ
解答: B

解説: 生産財の購買では、最終的な意思決定段階で人的販売(セールス活動)が大きな役割を果たします。製品の詳細な説明や交渉が必要となるためです。一方のセールスプロモーションやパブリシティ、口コミは認知形成段階で効果的です。

問題18:
個々の営業担当者が独立して行う営業活動ではなく、組織全体で統一した営業の仕組みや管理方法を構築し、個人に頼る営業ではなく組織やチーム全体で売上拡大を目指す営業活動を何というか?
A. 戦略型営業
B. 提案型営業
C. 対話型営業
D. 組織型営業
解答: D

解説: 組織やチーム全体で販売活動を行う営業形態を組織型営業と呼びます。個人の営業スキルに頼らず、組織的な仕組みを重視するのが特徴です。戦略型、提案型、対話型は営業の形態や手法を表す別の用語です。

問題19:
商品提供者は中間流通業者を通さず、消費者のネットワークを活用する商流システムを何というか?
A. マルチレベル方式
B. ライセンス方式
C. ロイヤリティ方式
D. フランチャイズ方式
解答: A

解説: 商品提供者が中間流通業者を介さず、消費者ネットワークを活用して直接販売するシステムをマルチレベル方式と呼びます。製品は消費者から消費者へと伝播していきます。ライセンス方式やロイヤリティ方式は知的所有権の利用許諾に関する用語で、フランチャイズ方式は加盟店経営に関する用語です。

問題20:
流通チャネルの機能に含まれないものは?
A. 所有者移転機能
B. 輸送保管機能
C. 情報伝達機能
D. 金銭交換機能
解答: D

解説: 流通チャネルの主な機能は、所有権の移転、物理的な製品の運搬・保管、市場情報の収集と伝達です。一方で金銭の授受は取引の機能であり、流通チャネルの機能には含まれません。

問題21:
メーカーが直接、顧客に販売する流通構造は何段階と呼ばれるか?
A. 0段階
B. 1段階
C. 3段階
D. 2段階
解答: A

解説: メーカーから直接顧客に販売する流通経路を0段階と呼びます。中間の卸売業者がいない分、段階数が少なくなります。1段階以上は卸売業者などの中間業者が入ります。

問題22:
垂直型マーケティングシステム(VMS)のうち、フランチャイズが含まれるのはどれか?
A. 企業型VMS
B. 管理型VMS
C. 契約型VMS
D. 統率型VMS
解答: C

解説: フランチャイズ方式は、本部と加盟店との間で契約を結ぶシステムです。したがって、契約型の垂直型マーケティングシステムに分類されます。企業型は1つの企業による垂直統合システム、管理型は企業が主導権を持つシステム、統率型は業界全体で統率されるシステムを指します。

問題23:
広告などを用いて消費者に製品の魅力をPRし、消費者側から選ばせるといった手法は?
A. プッシュ戦略
B. プル戦略
C. ドラッグ戦略
D. リフト戦略
解答: B

解説: 消費者に対して広告などで製品の魅力を訴求し、自主的な購買を促す戦略をプル戦略と呼びます。一方でプッシュ戦略は、卸売業者や小売業者に対して販売を働きかける戦略です。ドラッグ戦略やリフト戦略という用語はありません。

マーケティングをもっと対策しておきたい人へ

本記事の問題を解くことと追加して、以下の2冊を購入して目を通すことをおすすめします。著者も2冊とも購入し、大変参考になりました。

↓GMAP-BFに近い問題集↓

created by Rinker
¥2,970 (2024/06/19 21:33:05時点 Amazon調べ-詳細)

↓GMAP-BFの範囲を広く抑えた参考書↓

他のカテゴリも対策しておきたい人へ

GMAP-BFは、MBA(経営学)を主な内容としています。この試験に備える際の勉強方法としては、まず、科目ごとの理解を深めることが重要です。具体的には、マーケティング、経営戦略、人的資源管理、組織行動学、企業会計、ファイナンスの各分野にわたる知識を系統だてて学ぶことが必要です。

GMAP-BF主要科目
GMAP-BF主要科目
タイトルとURLをコピーしました