本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

GMAP-BF(ファイナンス)無料問題集&おすすめ勉強法 解答編

GMAP-BF(ファイナンス)無料問題集&おすすめ勉強法 解答編

「GMAP-BF スコア向上のための試験対策」についての洞察を共有します。GMAP-BFはビジネスリーダーを対象にした試験であり、そのスコアがキャリアアップに大きく影響するため、多くの受験者が高得点を目指しています。

しかし、試験の構造や要求するスキルを理解せずに対策を進めると、効率が悪くなりがちです。本記事では、特にスコア向上に効果的な勉強方法とテクニックを紹介し、試験の時間配分のコツにも触れます。さらに、実際にGMAP-BFを受験体験した著者オリジナルの無料問題集も公開します。

↓GMAP-BFに近い問題集↓

created by Rinker
¥2,970 (2024/06/19 21:33:05時点 Amazon調べ-詳細)

↓GMAP-BFの範囲を広く抑えた参考書↓

GMAP-BF スコア向上のための試験対策

本文では、GMAP-BFを効率よく学習しスコアを向上させる方法と、試験時の時間配分について解説します。

GMAP-BF 勉強方法とスコア向上テクニック

GMAP-BFは、MBA(経営学)を主な内容としています。この試験に備える際の勉強方法としては、まず、科目ごとの理解を深めることが重要です。具体的には、マーケティング、経営戦略、人的資源管理、組織行動学、企業会計、ファイナンスの各分野にわたる知識を系統だてて学ぶことが必要です。

GMAP-BF固有の問題形式に慣れるためには、練習問題や問題集を用いた練習が効果的です。さらに、体験記やウィキページを利用して他の受験者の勉強法や試験体験を学ぶことも有効です。しかしながら、一般に練習問題は広く流通しておらず、どんな勉強をすれば良いの?と悩んでいる人が多いはず。そこで、次章では実際にGMAP-BFを受験体験した著者オリジナルの無料問題集も公開します。

スコア向上のテクニックとしては、各科目の重要ポイントを編集する能力を高め、時間内に正確かつ迅速に回答することが求められます。本記事の問題を解いてみることで、時間管理や疲労に対する耐性を鍛えることができます。

GMAP-BFで高得点を狙うための時間配分

GMAP-BF試験において高得点を目指すためには、試験全体の時間配分が非常に重要です。に設定された時間内に問題を解く能力が評価されます。

試験時間は1科目20分・問題数は30問程度です。問題は短文の一問一答形式のものから、長文を読んで複数の問題を出題する形式のものもあります。問題数に対して試験時間が短いので悩んでいる暇はありません。分からない問題はひとまず飛ばして次の問題に進むことをおすすめします。

また、答えに自信がない問題はマークしておき、時間の許す限り後で見直しを行うことができます。この戦略により、試験の時間を最大限に活用し、全体のスコアを向上させることが可能です。

時間配分
時間配分

GMAP-BF練習問題集 ファイナンス編

GMAP-BFのマーケティング科目に特化した練習問題集について解説します。この部分では具体的な問題例と解答テクニックを紹介します。

GMAP-BFの試験で扱うマーケティングの重要項目とその対策問題を一覧にして提供します。マーケティング編の練習問題集は、市場分析、製品戦略、プロモーション活動、価格設定といった重要分野をカバーしています。練習問題を繰り返し解くことで、試験の流れや問題のパターンに慣れ、本番でのパフォーマンスが向上することが期待されます。

次の練習問題を回答時間20分を目安に挑戦してみましょう。

問題1:
コーポレート・ファイナンスについて正しいのはどれか?
A. 金融市場における企業の株価の動きを考える。
B. 企業の財務活動と金融市場まで広く考える。
C. 事業会社の財務活動を考える。
D. 金融市場や金融商品について考える。

解答: C

解説: コーポレート・ファイナンスとは、企業の資金調達や運用、資本構成の在り方など、企業の財務活動全般を扱う分野です。さらに金融市場との関係まで広く含まれます。単に金融市場の株価動向のみを扱うわけではありません。

問題2:
インベストメントについて正しいのはどれか?
A. 金融市場における企業の株価の動きを考える。
B. 企業の財務活動と金融市場まで広く考える。
C. 事業会社の財務活動を考える。
D. 金融市場や金融商品について考える。

解答: D

解説: インベストメントとは、金融市場での投資や金融商品の運用などを指します。企業の財務活動そのものではなく、むしろ金融市場や金融商品に着目する分野です。

問題3:
キャッシュフローの発生のタイミングについて正しいのはどれか?
A. 現金が実際に出入りした時点で認識する。
B. 費用の支払いは発生主義で、収入は実現主義で認識する。
C. 費用の支払いも、収入も発生主義で認識する。
D. 企業によって、選択することができる。

解答: A

解説: キャッシュフローは実際に現金が動いた時点、つまりキャッシュが企業に出入りした時点で認識されます。発生主義や実現主義は会計上の概念であり、キャッシュフローの認識タイミングとは異なります。認識のルールは企業によって恣意的に選べるものではありません。

問題4:
フリーキャッシュフローについて、正しいのはどれか?
A. 利払いは含まれていない現金収支である。
B. 企業の成長のために再投資する余剰資金を示す。
C. 設備投資には使われない現金収支である。
D. 有利子負債の提供者と株主に帰属するCFなので利払いはそこに含まれている。

解答: B

解説: フリーキャッシュフロー(FCF)とは、営業活動から生み出された所要運転資本と設備投資を控除した後の余剰資金を指します。この余剰資金が企業の成長のために再投資に回される部分を示します。利払いの有無や設備投資への使途は直接的には関係ありません。

問題5:
ハードル・レートについて、正しいのはどれか?
A. 投資案件の最低収益率の基準となる割引率のことである。
B. 企業が既に確保している資金コストのことである。
C. 新規投資の収益性を判断する際に使われない割引率のことである。
D. リスクフリーレートを指す別の言い方である。

解答: A

解説: ハードル・レートとは、企業が新規投資案件を採否する際の最低ライン(障害率)となる割引率のことです。投資案件の収益性がこの水準を上回れば採用し、下回れば却下されます。企業の既存の資金コストとは別の概念で、単にリスクフリーレートを指す言葉でもありません。

問題6:
資本コストについて、正しいのはどれか?
A. 企業が資金を調達するための実質的な費用のことである。
B. 資本的支出のための費用のことである。
C. 配当金の支払いに関する費用のことである。
D. 固定資産の購入費用のことである。

解答: A

解説: 資本コストとは、企業が株式や債券の発行などを通じて資金を調達する際に実質的に負担する費用のことを指します。資本的支出や配当金、固定資産購入費用とは異なる概念です。

問題7:
IRR(内部収益率)について、正しいのはどれか?
A. キャッシュフローの現在価値を計算するための割引率のことである。
B. 投資案件からのキャッシュフロー現在価値の合計を0とする割引率のことである。
C. 投資家が要求する最低限の収益率のことである。
D. 投資案件の収益性を判断する指標の1つで、正味現在価値(NPV)が0になる割引率のことである。

解答: D

解説: IRR(内部収益率)とは、投資案件のキャッシュフローの現在価値の総和が初期投資額と等しくなる割引率を指します。つまり、NPVが0になる割引率のことで、投資案件の収益性を判断する重要な指標の1つです。投資家の要求収益率を指すわけではありません。

問題8:
正味現在価値が正である投資案の内部保留率について、正しいのはどれか?
A. 資本コストを上回る
B. 資本コストと同額
C. 資本コストを下回る
D. どれでもない

解答: A

解説: 正味現在価値(NPV)が正の投資案は、将来の見込みキャッシュフローが初期投資を上回ることを意味します。そのような投資案のIRR(内部収益率)は、必然的に企業の資本コストを上回ります。資本コストを下回るケースはあり得ません。

問題9:
株式の価値は何によって決まるか?
A. 企業の収益性
B. 企業の成長性
C. リスク
D. 全て

解答: D

解説: 株式の価値を決めるのは、企業の収益性、成長性、リスクなどの総合的な要素です。収益性が高ければ株価は上がりますが、成長性がなければ将来的な収益が期待できません。また、リスクが高ければ投資家は割り引いて評価するため、これらの要素を総合的に勘案する必要があります。

問題10:
NPV(正味現在価値)が正の場合、その投資案はどうすべきか?
A. 更に検討すべき
B. 採用すべきでない
C. 採用すべき
D. NPVは投資判断に使えない

解答: C

解説: NPV(正味現在価値)が正の投資案は、将来の割引後キャッシュフローが初期投資額を上回ることを意味します。つまり、その投資案による価値創出が見込めるため、採用すべきです。NPVはまさに投資判断に使える重要な指標なのです。

問題11:
減価償却費はキャッシュフローに含まれるか?
A. 含まれる
B. 含まれない
C. 場合による
D. 情報不足で判断できない

解答: B

解説: 減価償却費は実際のキャッシュの動きを伴わない会計上の費用であり、キャッシュフローには含まれません。減価償却は税金の計算時に控除可能な項目ですが、それ自体はキャッシュフローの増減を意味するものではありません。

問題12:
次のうち、フリー・キャッシュフロー(FCF)の計算式として正しいものはどれか?
A. 営業キャッシュフロー – 設備投資
B. 営業利益 + 減価償却費 – 運転資本の増減 – 設備投資
C. 当期純利益 + 減価償却費
D. 営業キャッシュフロー + 投資キャッシュフロー

解答: B

解説: フリーキャッシュフロー(FCF)は、営業活動から得られたキャッシュフローから、運転資本と設備投資の増減額を差し引いたものです。つまり、「営業利益 + 減価償却費 – 運転資本の増減 – 設備投資」が正しい計算式となります。営業キャッシュフローや当期純利益からは直接導けません。

ちょっと休憩

ここまでの問題いかがだったでしょうか?「しっかり対策したい」という方におすすめの書籍を紹介します。

↓GMAP-BFに近い問題集↓

created by Rinker
¥2,970 (2024/06/19 21:33:05時点 Amazon調べ-詳細)

↓GMAP-BFの範囲を広く抑えた参考書↓

問題13:
次の情報があるとき、プロジェクトのNPV(正味現在価値)はいくらか?
・初期投資額: 1,000万円
・プロジェクト年数: 5年
・年間キャッシュフロー: 300万円(一定)
・割引率: 10%
A. 150万円
B. 50万円
C. 250万円
D. 500万円

解答: C

解説: 年間キャッシュフロー300万円を5年間割引率10%で現在価値に割り引くと、300万円×(1/1.1+1/1.1^2+1/1.1^3+1/1.1^4+1/1.1^5)=1,093万円となります。これから初期投資額1,000万円を差し引くと、NPVは250万円になります。

問題14:
ある企業の営業利益が500万円、減価償却費が200万円、運転資本の増加が50万円、設備投資が400万円の場合、フリーキャッシュフロー(FCF)はいくらか?
A. 250万円
B. 400万円
C. 150万円
D. 600万円

解答: A

解説: フリーキャッシュフロー(FCF)の計算式は、営業利益+減価償却費-運転資本の増減-設備投資です。この問題では、500万円+200万円-50万円-400万円=250万円となります。つまり、FCFは250万円になります。

問題15:
次の計算式でWACCを求める場合、空欄(1)と(2)にはどの語句が入りますか?
WACC = (負債割合 × 負債コスト × (1 – (1))) + ((2)割合 × 株主資本コスト)
A. (1)法定実効税率 (2)自己資本
B. (1)実効税率 (2)株主持分
C. (1)自己資本 (2)実効税率
D. (2)株主持分 (1)法定実効税率

解答: B

解説: WACCの計算式において、負債コストには支払い利息の税引き後の額を使うため、(1 – 実効税率)の部分が入ります。また、株主資本コストは自己資本に対する要求収益率なので、(2)には株主持分割合が入ります。

問題16:
IRRとは何か?
A. 投資案から得られる年間平均収益率
B. 投資額に対する最終的な総収益の割合
C. 投資案の将来キャッシュフローの現在価値が初期投資額と一致するような割引率
D. 投資額を回収するまでの年数

解答: C

解説: IRR(内部収益率)とは、投資案の将来キャッシュフローの現在価値の合計が初期投資額と等しくなる割引率のことです。年間平均収益率や総収益割合、回収年数とは異なる概念です。IRRが高ければ投資案の収益性が良いと判断できます。

問題17:
一般に、IRRで考慮されない要素は次のうちどれか?
A. 投資案の規模
B. 投資案のリスク
C. 投資家の機会コスト
D. 投資案の資金調達コスト

解答: D

解説: IRR(内部収益率)は、投資案件自体の収益性を示す指標です。そのため、投資規模、リスク、機会コストなどは反映されますが、調達資金のコストは考慮されません。調達コストは企業の資本コストの問題であり、IRRとは別の概念です。

問題18:
企業のWACC(加重平均資本コスト)が8%の場合、新規投資案のIRRはどの水準を上回る必要があるか?
A. 10%以上
B. 8%以上
C. 8%を下回っても可
D. IRRは投資判断に使えない指標

解答: B

解説: 企業のWACCは新規投資案を採否する際の最低ラインとなるハードル・レートです。投資案のIRR(内部収益率)がWACCを上回れば採用に値しますが、下回れば採算が取れないため却下されます。したがって、この企業ではIRRが8%以上である必要があります。

問題19:
X社の投資案A、BのIRR(内部収益率)がそれぞれ15%、10%でした。この会社のハードルレートが12%の場合、投資すべきなのはどちらか?
A. A案のみ投資する
B. B案のみ投資する
C. 両案とも投資する
D. 両案とも投資すべきでない

解答: A

解説: A案のIRRは15%でハードルレート12%を上回っているので、投資に値します。一方、B案のIRRは10%でハードルレートを下回るため採算が取れません。したがって、A案のみを投資対象とすべきです。

問題20:
投資案の収益性分析においてNPVとハードルレートの関係はどのようになるか?
A. NPVが正でハードルレートを上回れば投資に値する
B. NPVが正でもハードルレートを下回れば投資は避けるべき
C. ハードルレートにかかわらずNPVが正であれば投資可
D. どれでもない

解答: A

解説: NPV(正味現在価値)が正であれば、投資案の割引後将来キャッシュフローが初期投資を上回ることを意味します。しかし、NPVがハードルレート(最低ライン収益率)を下回っていれば採算が取れないため、NPVが正でもハードルレートを上回る必要があります。

問題21:
ある企業の理論株価がDCF法で1,500円と算出されました。この時、以下のケースでこの株式はどう評価されるでしょうか?
・現在の市場株価が1,200円
・株主資本コストが6%
A. 割安
B. 割高
C. 適正水準
D. 判断できない

解答: A

解説: DCF法で算出された理論株価1,500円が、市場株価1,200円を上回っています。つまり、市場は企業の本来の価値を割り引いて評価しているため、この株式は割安と判断できます。株主資本コスト6%は適正水準と仮定できます。

問題22:
理論株価は常に実際の市場株価に収れんするはずである。この記述は正しいか?
A. 正しい
B. 正しくない
C. ケースによる
D. 定かでない

解答: B

解説: 理論株価とは企業の本来の内在価値を示す指標に過ぎず、必ずしも市場株価とは一致しません。市場株価は需給関係や投資家の期待値など、様々な要因で変動するためです。理論株価が市場株価に収れんすることは期待できますが、常にそうであるとは限りません。

ファイナンスをもっと対策しておきたい人へ

本記事の問題を解くことと追加して、以下の2冊を購入して目を通すことをおすすめします。著者も2冊とも購入し、大変参考になりました。

↓GMAP-BFに近い問題集↓

created by Rinker
¥2,970 (2024/06/19 21:33:05時点 Amazon調べ-詳細)

↓GMAP-BFの範囲を広く抑えた参考書↓

他のカテゴリも対策しておきたい人へ

GMAP-BFは、MBA(経営学)を主な内容としています。この試験に備える際の勉強方法としては、まず、科目ごとの理解を深めることが重要です。具体的には、マーケティング、経営戦略、人的資源管理、組織行動学、企業会計、ファイナンスの各分野にわたる知識を系統だてて学ぶことが必要です。

GMAP-BF主要科目
GMAP-BF主要科目

タイトルとURLをコピーしました