30代平凡サラリーマンが「本の要約」「Fitbit(スマートウォッチ)」「マイプロテイン」「PC作業効率化」「楽天・Amazonおすすめ」etc...を発信します
仕事や日常に役立つスキル

フェルミ推定の基本テクニック10選!地頭力(論理的思考力)を鍛えよう!

フェルミ推定とは「実際に調査することが難しいような捉えどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に短時間で概算する」考え方です。日本では、コンサルティング企業やIT企業などの就職面接でフェルミ推定を使った問題が出題されますので、就活生は必須です。就職面接でのフェルミ推定で抑えるべきテクニックを10個紹介します。
仕事や日常に役立つスキル

フェルミ推定のやり方解説!社会人も就活生も地頭力(論理的思考力)が鍛えられる:基本編

「フェルミ推定」という言葉を知っていますか? フェルミ推定とは 「実際に調査することが難しいような捉えどころのない量を、いくつかの手掛かりを元に短時間で概算する」 考え方です。 本記事はこんな人におすすめ ・就職面接で「フェルミ推定」が出題される就活生 ・仕事で困難な問題に直面して頭を抱える社会人 ・地頭力、論理的思考力を鍛えたい
家計を助けるポイ活・財テク

6ギガ以下ならビッグローブ(BIGLOBE)がおすすめ!スマホ+ネット回線代を徹底比較!

ドコモの新プラン「ahamo」が話題を呼んでいる携帯電話料金ですが、毎月6ギガ以下ならビッグローブ(BIGLOBE)が圧倒的におすすめです。 ビッグローブ(BIGLOBE)をおすすめする理由 ・シンプルに安い ・通話プランの選択肢が多い ・光回線とセットにすると更に安い
仕事や日常に役立つスキル

恋愛・仕事・人間関係の悩みを解決!エニアグラム診断とは?_人は必ず9つのタイプに分けられる

エニアグラムとは2,000年以上続く科学的に証明された人間学です。人は必ず9つの本質(タイプ)のうちの1つを与えられていると言われてします。星座占いや血液型診断の一種だと思われがちですが、2,000年の長い歴史を持ち、カトリック教会にも認められ、世界中の大学が研究を続けている科学的に証明された人間学です。
生活を便利にするソフト/デバイス

GoogleはFitbitを買収しても4億ドル(414億円)の罰金が待っている?ACCCが調査開始

先日EUで認められたばかりのGoogleによるFitbitの買収ですが、オーストラリア競合・消費者委員会(ACCC)の承認を待たずに買収すると、4億ドル(約414億円)の罰金となる可能性があります。ACCCは、2021年5月まで調査をすると発表しており、その調査の結果買収を認めるのか?再び認めないのか?は不透明です。
生活を便利にするソフト/デバイス

Fitbit Premium(プレミアム)おすすめマインドフルネス音楽:ソルフェジオ周波数

Fitbit Premium(プレミアム)の機能の1つであるマインドフルネスセッション(マインドフルネス瞑想中に聞く音楽)に、ソルフェジオ周波数をモチーフにしたサウンドがあります。「失われた古代の音階」として、近年注目されています。本記事ではソルフェジオ周波数シリーズを2年以上Fitbitユーザーの私がレビューします。
生活を便利にするソフト/デバイス

「混雑予報」Yahoo!(ヤフー)乗換案内アプリおすすめ機能で3密を避けよう【コロナ対策】

(ヤフー)Yahoo!乗換案内アプリで、主要な駅や大型商業施設、ランドマークスポットなどの周辺の混雑傾向がグラフで確認できる「混雑予報機能」の提供が開始されました。この機能を使って、3密を避けて上手に移動することができます。本記事ではその方法を紹介します。
生活を便利にするソフト/デバイス

Alexa(アレクサ)やること(ToDo)リストをiPhoneに連携_IFTTT自作のおすすめ8

Amazonのセールでスマートスピーカー(Echoなど)を買ったけどイマイチ使いこなせない。そんな困りごとありませんか?本記事では、そんなときに使えるIFTTTの作り方を紹介します。このIFTTTなら、スマホが手元になくても、スマホに触ることなく「やることリスト(ToDoリスト)」を瞬時にメモできます。
人生を豊かにする本の要約

相手の期待値の超え方「コンサル1年目が学ぶこと」要約まとめ第7回

本書の著者が多くのコンサル出身者に「ビジネスで一番大事なことはなにか?」と質問すると、答えがズバリ一致しました。それは「相手の期待を超え続けること」。相手から高い評価と信頼を得ることで、次の仕事に繋がります。本記事では「相手の期待値の超え方」を具体的に紹介します。
生活を便利にするソフト/デバイス

GoogleのFitbit(フィットビット)買収がEUで条件付きで認められる!経緯と背景を解説

EUの執行機関である欧州委員会は、12月17日にGoogleが21億ドル(約2250億円)で、ウェアラブル端末メーカーFitbitを買収する計画を承認しました。Fitbitを愛しすぎた男の私(ええぞう)がEUの情報元を日本語に訳して、買収の条件、買収の経緯と背景をわかりやすくまとめます。