本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Galaxy Watch 6, 5 Pro, 5 比較してみた。

Galaxy Watch 6, 5 Pro, 5 比較してみた。

Samsungから発売されたスマートウォッチ『Galaxy Watch 6』と既存モデルの5, 5 Pro、どれで買おうか悩んでいませんか?本記事では、3機種の価格・デザイン・機能を細かく比較します。

本記事では、以下の3機種を比較します。

本記事で紹介するスマートウォッチ

  • Galaxy Watch 6(44mm)
  • Galaxy Watch 5 Pro(45mm)
  • Galaxy Watch 5(44mm)

(**mm)はディスプレイのサイズを表しています。

created by Rinker
Galaxy
¥49,833 (2024/05/27 15:54:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
by Galaxy
¥66,039 (2024/05/28 02:04:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
by Galaxy
¥35,082 (2024/05/28 02:04:07時点 Amazon調べ-詳細)

価格・カラー・ハード性能

三機種比較

まとめ

  • 価格は、4 < 6 < 5 Pro
  • ディスプレイサイズは、5 = 5 Pro < 6
  • 本体素材は6と5はアルミ製、5 Proはチタン製で頑丈
  • 連続使用時間は5 Proが80時間で、5と6の2倍

価格について、3機種の中ではGalaxy Watch 4が最安で¥48,800、最新機種のGalaxy Watch 6が¥55,200、最も値段が高いのがGalaxy Watch 5 Proで¥70,800となります。もちろん、値段の高い機種ほど良い素材が使われていたり、バッテリーが長く持ったり、機能が充実したりしています。本記事ではこれらの違いについても解説するので、あなたに合ったスマートウォッチが見つけましょう。

項目Galaxy Watch6(44mm)Galaxy Watch5 Pro(45mm)Galaxy Watch5(44mm)
参考価格¥55,200¥70,800¥48,800
本記事での価格は、2023年10月時点でのSumsung公式サイトを参照

カラーラインナップについて、最新機種のGalaxy Watch 6、ハイエンド機種のGalaxy Watch 5 Proはどちらもブラックとグレーの2色展開です。唯一、Galaxy Watch 5はブラック・グレー・ピンク・青の4色展開しています。後述しますがGalaxy Watch 5はサイズも小さく軽いので、女性らしいスマートウォッチが良いなら、Galaxy Watch 5 のピンク色がおすすめです。

Galaxy Watch 5 pink gold
Galaxy Watch 5 pink gold

サイズと重量について、Samsung公式サイトの情報をまとめたものがこちらです。

Galaxy Watch6(44mm)Galaxy Watch5 Pro(45mm)Galaxy Watch5(44mm)
サイズ42.8 x 44.4 x 9.0 mm45.4 x 45.4 x 10.5 mm43.3 x 44.4 x 9.8 mm
重量33.3g46.5g33.5g
ディスプレイ1.5″(37.3mm)1.4″(34.6mm)1.4″(34.6mm)
サイズと重量 比較表

本体サイズと重量はGalaxy Watch 5と6はほぼ同じ大きさで、Galaxy Watch 5 Proが一番大きくて重くなっています。一方でディスプレイサイズは最新機種のGalaxy Watch 6は改善されており、1.5インチと最大サイズになっています。視認性を優先する人はGalaxy Watch 6がおすすめです。

本体素材について、Galaxy Watch 5 と 6は一般的なアルミニウム製です。ハイエンドモデルのGalaxy Watch 5 Proはチタン製です。チタンは頑丈で軽い金属で性能が高いぶん効果な金属です。Galaxy Watch 5 Proはアウトドアやハードな環境での使用を想定されていることから、より頑丈な素材が使われています。アウトドアが趣味に人にはGalaxy Watch 5 Proの方がスマートウォッチの傷やダメージを気にしなくてよいのでおすすめです。ちなみに、iPhone最新かつハイエンドモデルのiPhone 15 Proもチタンでできています。

バッテリーについて、比較した表が下のとおりです。

Galaxy Watch6(44mm)Galaxy Watch5 Pro(45mm)Galaxy Watch5(44mm)
急速充電30分で最大45%30分で最大45%30分で最大45%
バッテリー容量425mAh590mAh410mAh
連続使用時間40時間(画面オフ)80時間(画面オフ)40時間(画面オフ)
バッテリー 比較表

バッテリー容量は機種によってそれぞれですが、連続使用時間は、Galaxy Watch 5と6が40時間で、Galaxy Watch 5 Pro がその2倍の80時間です。「バッテリーは長く持つ方が良い」という方にはGalaxy Watch 5 Pro が一番おすすめです。しかし、他社のスマートウォッチと比較するとバッテリーは短めです。(長いものだと1週間程度充電不要の機種もあります。)

本記事で紹介する3機種すべて急速充電に対応しています。30分で最大45%の充電が完了するので忙しい人でも充電不足で心配することはなさそうです。

Galaxy Watch 5 6 急速充電
Galaxy Watch 5 6 急速充電

防塵・防水性能について、本記事で紹介する3機種すべて、防塵性能はIP68・防水性能は5ATMです。これは、これは、水深50mに相当する圧力に対応し、具体的には、水しぶき、雨、雪、シャワー、スイミング、水中への飛び込み、シュノーケリングに耐えられるレベルです。充電が1日~2日の頻度で必要な関係から、1日中スマートウォッチを身に着けることはないと思うので、シャワーの時だけ外して充電し、他は1日中身に着けるという使い方をしている限り、ホコリや水で故障するということはなさそうです。

防塵・防水性能
防塵・防水性能

それでは最後に、価格・カラー・ハード性能をすべてまとめた一覧表はこちら↓

項目Galaxy Watch6(44mm)Galaxy Watch5 Pro(45mm)Galaxy Watch5(44mm)
参考価格¥55,200¥70,800¥48,800
黒・灰黒・灰黒・灰・桃・青
サイズ42.8 x 44.4 x 9.0 mm45.4 x 45.4 x 10.5 mm43.3 x 44.4 x 9.8 mm
重量33.3g46.5g33.5g
素材アルミニウムチタンアルミニウム
ディスプレイ1.5″(37.3mm)1.4″(34.6mm)1.4″(34.6mm)
Super AMOLEDSuper AMOLEDSuper AMOLED
サファイアクリスタルサファイアクリスタルサファイアクリスタル
メモリ2GB1.5GB1.5GB
ストレージ16GB16GB16GB
クロック周波数1.4GHz1.18GHz1.18GHz
GPS
加速度センサー
気圧センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
心拍センサー
赤外線温度センサー
Wi-Fi
Bluetooth接続v5.3v5.2v5.2
急速充電30分で最大45%30分で最大45%30分で最大45%
バッテリー容量425mAh590mAh410mAh
連続使用時間40時間(画面オフ)80時間(画面オフ)40時間(画面オフ)
防塵性能IP68IP68IP68
防水性能5ATM5ATM5ATM
価格・カラー・ハード性能 比較表

エクササイズ機能

エクササイズ機能
エクササイズ機能

まとめ

  • 3機種すべて、90種類以上のエクササイズに対応
  • Galaxy Watch 5 Proのみルートワークアウトとトラックバックに対応

対応するエクササイズについて、本記事で紹介する3機種とも90種類以上のエクササイズに対応しています。対応するエクササイズの例としては、ランニング・サイクリング・筋肉トレーニング・ヨガ・水泳など…が含まれています。90種類もあるのでマイナーなスポーツでも対応し、エクササイズで消費したカロリーや時間や走った距離などを記録することもできます。

さらに、Galaxy Watchシリーズはエクササイズ自動分析機能があります。これは、あなたが運動を始めるとGalaxy Watchが自動でそれを認識して記録してくれる機能です。ただし、この機能はすべてのエクササイズに対応しているわけではありません。例えば、ランニングマシンやバイシクルマシンのような器具を使ったエクササイズの場合は、手動でモードを選ぶ必要があります。

ルートワークアウトとトラックバックについて、これはGalaxy Watch 5 Proだけの機能です。

ルートワークアウトは、スマートフォンからGalaxy Watchに運動ルート(GPSの情報が入った地図データ)をインポートする機能です。 これにより、スマートウォッチ1つでランニングができます。普段からランニングをする人におすすめの機能です。ランニングやサイクリングするのにスマートフォンが無くても手首のスマートウォッチだけでルートナビをしてくれます。

トラックバックは、帰り道で出発地点に戻るようにナビしてくれる機能です。サイクリングやハイキングでは、進行方向が音声やバイブレーションで通知されるので、来た道を簡単に戻れます。こちらもランニングやサイクリングをする人におすすめです。

ルートワークアウト/トラックバック
ルートワークアウト/トラックバック

それでは最後に、エクササイズ機能をすべてまとめた一覧表はこちら↓

項目Galaxy Watch6(44mm)Galaxy Watch5 Pro(45mm)Galaxy Watch5(44mm)
対応エクササイズ90種類以上90種類以上90種類以上
トレーニング分析
ルートワークアウト××
トラックバック××
エクササイズ機能比較表
created by Rinker
Galaxy
¥49,833 (2024/05/27 15:54:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
by Galaxy
¥66,039 (2024/05/28 02:04:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
by Galaxy
¥35,082 (2024/05/28 02:04:07時点 Amazon調べ-詳細)

スマートウォッチ機能

スマートウォッチ機能

まとめ

  • 電話着信、メール、LINE、アプリの通知は、3機種とも可能。
  • 受け取ったメッセージに、ウォッチ操作だけでの返信も可能。
  • タッチ決済は、Galaxy Watch 6のみNFCとFelicaに対応、他2機種はNFCのみ対応

本記事で紹介する3機種は、どれもスマートフォンの通知をスマートウォッチで確認することができます。確認することができる通知は、電話着信・メール・LINE・アプリとひと通り網羅しているので日常生活で困るようなことはなさそうです。

さらに、Galaxy Watchシリーズは受け取ったメッセージにスマートウォッチから返事をすることも可能です。返事の内容の仕方はスマートフォンよりは自由度が低かったり選択肢が狭まりますが、それでも手元の時計一つで返信まで済ませることができるのは助かります。

Galaxy Watchシリーズはウォッチで通話することも可能です。ウォッチにスピーカーとマイクが搭載されているので、スマホを取り出さずに通話ができます。

タッチ決済について、Galaxy Watch 6のみNFCとFelicaの両方に対応し、Galaxy Watch 5 と 5 ProはNFCにのみ対応しています。NFCとFeliCaは、スマートフォンやカードを使って決済やデータ通信などがスピーディーかつ簡潔に行えるようになる技術です。NFCは世界標準の規格で、国際的な互換性や利便性の高さが備わっています。一方、FeliCaはソニーが開発した非接触ICカード技術で、SuicaやPASMOをはじめ、EdyやQuickPayなど、多くのICカードに搭載されています。FeliCaは主に国内と香港で利用されており、NFCよりも処理スピードが速いです。

決済方法NFC(5,5Pro,6)FeliCa(6のみ)
Apple Pay
Suica×
PASMO×
WAON×
nanaco×
QUICPay
Edy×
iD
Visaタッチ決済×
Mastercardタッチ決済×
JCBタッチ決済×
AMEXタッチ決済×
NFCとFelicaの決済方法対応表

表のように、Felicaにも対応するGalaxy WatchはSuicaやPASMOといった交通系ICに対応しています。交通系ICを普段から愛用している人にはGalaxy Watch 6がおすすめです。

それでは最後に、スマートウォッチ機能をすべてまとめた一覧表はこちら↓

項目Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 5 Pro(45mm)Galaxy Watch 5(44mm)
着信通知
クイック返信
アプリの通知
メッセージ通知
通話
非接触決済NFC/FelicaNFCNFC
スマートウォッチ機能 比較表

健康管理機能

まとめ

  • 心拍数、血中酸素、体組成といった一般的なスマートウォッチが備える機能は抑えている。
  • さらに転倒検知機能もあるので安心

本記事で紹介するGalaxy Watchは、心拍数モニタリング、血中酸素測定、体組成測定という一般的なスマートウォッチがが備えるべき健康管理機能を網羅しています。本章では、そんな健康管理機能で特筆すべき点をまとめます。

睡眠モニタリングについて、Galaxy Watch6を着けて眠れば、夜間の睡眠ステージ、睡眠スコア、睡眠の継続性をモニタリングして睡眠の改善に繋げることができます。さらに、スマートウォッチから直接睡眠測定機能にアクセスできるようになったため、ウォッチをタップするだけでヒントを確認することができます。

体組成測定について、Galaxy Watch6に搭載された生体インピーダンス法(BIA)センサーが、いつでも好きな時に身体のデータを収集することができます。測定結果は、データを活用したアプローチで身体や健康のモニタリングを改善したり、個人のフィットネス目標を設定したりするのに役立ちます。

転倒検知について、転んでしまった時、転倒検知機能が察知して助けが必要かどうか尋ねます。その他の緊急事態の場合でも、Homeボタンを5回押すだけで救急サービスにSOSを送ることができます。救助が到着したら、ロック画面を1回タップするだけであなたの医療情報にすばやくアクセス可能です。転倒検知機能を持っているスマートウォッチはまだ少ないので、この機能は非常に貴重です。大切な人へのプレゼントにおすすめです。

転倒検知・緊急連絡
転倒検知・緊急連絡

それでは最後に、健康管理機能をすべてまとめた一覧表はこちら↓

項目Galaxy Watch6(44mm)Galaxy Watch5 Pro(45mm)Galaxy Watch5(44mm)
心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
血中酸素測定
体組成測定
ストレスレベル
転倒検知
健康管理機能 比較表

まとめ

Samsungから発売されたスマートウォッチ『Galaxy Watch 6』と既存モデルの5, 5 Pro、どれで買おうか悩んでいませんか?本記事では、3機種の価格・デザイン・機能を細かく比較しました。

本記事の最後に、3機種のすべての項目を比較した一覧表を載せます。購入検討の参考になれば幸いです。

まとめ

  • 本体素材は、5Proのみ高級なチタン製
  • バッテリーは、5Proが最長で80時間の連続稼働時間
  • 5Proのみ、ルートワークアウト/トラックバック機能を持つ
  • 6のみNFC/Felicaに対応、5と5ProはNFCのみ対応
created by Rinker
Galaxy
¥49,833 (2024/05/27 15:54:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
by Galaxy
¥66,039 (2024/05/28 02:04:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
by Galaxy
¥35,082 (2024/05/28 02:04:07時点 Amazon調べ-詳細)
項目Galaxy Watch6(44mm)Galaxy Watch5 Pro(45mm)Galaxy Watch5(44mm)
参考価格¥55,200¥70,800¥48,800
黒・灰黒・灰黒・灰・桃・青
サイズ42.8 x 44.4 x 9.0 mm45.4 x 45.4 x 10.5 mm43.3 x 44.4 x 9.8 mm
重量33.3g46.5g33.5g
素材アルミニウムチタンアルミニウム
ディスプレイ1.5″(37.3mm)1.4″(34.6mm)1.4″(34.6mm)
Super AMOLEDSuper AMOLEDSuper AMOLED
サファイアクリスタルサファイアクリスタルサファイアクリスタル
メモリ2GB1.5GB1.5GB
ストレージ16GB16GB16GB
クロック周波数1.4GHz1.18GHz1.18GHz
GPS
加速度センサー
気圧センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
心拍センサー
赤外線温度センサー
Wi-Fi
Bluetooth接続v5.3v5.2v5.2
急速充電30分で最大45%30分で最大45%30分で最大45%
バッテリー容量425mAh590mAh410mAh
連続使用時間40時間(画面オフ)80時間(画面オフ)40時間(画面オフ)
防塵性能IP68IP68IP68
防水性能5ATM5ATM5ATM
エクササイズ
対応エクササイズ90種類以上90種類以上90種類以上
トレーニング分析
ルートワークアウト××
トラックバック××
着信通知
クイック返信
アプリの通知
メッセージ通知
通話
非接触決済NFC/FelicaNFCNFC
心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
血中酸素測定
体組成測定
ストレスレベル
転倒検知
Galaxy Watch 6 vs 5 Pro vs 5 比較表
タイトルとURLをコピーしました