本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Redmi Smart Band 2とXiaomi Smart Band 7の違いを比較

Redmi Smart Band 2とXiaomi Smart Band 7の違いを比較

Redmi Smart Band 2とXiaomi Smart Band 7は、どちらもXiaomiのフィットネストラッカーの最新バージョンですが、以下に示すようないくつかの違いがあります。

Redmi Smart Band 2は、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴的で、日常的な使い方に適しています。一方、Xiaomi Smart Band 7は、スポーツやアウトドアアクティビティに適したスポーティーなデザインで、運動に真剣に取り組む人におすすめです。

  • デザイン: Redmi Smart Band 2は矩形の本体デザインで、丸みを帯びた四角いタッチスクリーンがあります。一方、Xiaomi Smart Band 7は円形のディスプレイを備えた側面が湾曲した本体を持っています。
  • 画面:Redmi Smart Band 2は、1.47インチのTFTカラースクリーンを備えています。一方、Xiaomi Smart Band 7は、1.62インチのAMOLEDカラースクリーンを搭載しています。
  • バッテリー寿命: Redmi Smart Band 2は、210mAhバッテリーを搭載しており、約2週間の使用が可能です。一方、Xiaomi Smart Band 7は、180mAhバッテリーを備えており、バッテリー容量は小さいですが省エネディスプレイにより、同じく約2週間の使用が可能です。
  • 耐久性:Redmi Smart Band 2もXiaomi Smart Band 7も、5ATMの防水性能があり、水泳やシャワーなどの水中での使用に適しています。
  • センサー: Redmi Smart Band 2もXiaomi Smart Band 7も、心拍数センサー、睡眠モニター、加速度センサーを備えています。Xiaomi Smart Band 7のみジャイロスコープを備えています。
  • 価格: Redmi Smart Band 2は、約5,000円から販売されています。一方、Xiaomi Smart Band 7は、約7,000円から販売されています。
created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥6,980 (2024/06/20 00:50:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥8,800 (2024/06/19 20:21:07時点 Amazon調べ-詳細)

違いを一覧表で比較

機能Redmi Smart Band 2Xiaomi Smart Band 7
デザイン矩形の本体デザイン、丸みを帯びた四角いタッチスクリーン円形のディスプレイを備えた側面が湾曲した本体
画面1.47インチのTFTカラースクリーン1.62インチのAMOLEDカラースクリーン
バッテリー寿命約2週間約2週間
水に対する耐性5ATMの防水性能5ATMの防水性能
センサー心拍数センサー、睡眠モニター、加速度センサー、SpO2センサー心拍数センサー、睡眠モニター、加速度センサー、SpO2センサー、ジャイロスコープ
価格約5,000円約7,000円
違い一覧表

デザインの違いを比較

デザインの違い
デザインの違い

Redmi Smart Band 2とXiaomi Smart Band 7は、両方ともXiaomiのフィットネストラッカーの最新バージョンですが、デザインにはいくつかの違いがあります

Redmi Smart Band 2は、矩形の本体デザインを持っています。本体は角ばった形状で、側面が平らな四角形になっています。ディスプレイは丸みを帯びた四角いタッチスクリーンで、画面の下部には物理ボタンがあります。本体は合成樹脂材料で作られており、手首にフィットするために柔軟性があります。また、リストバンドは交換可能で、色のバリエーションも豊富です。

一方、Xiaomi Smart Band 7は、円形のディスプレイを備えた側面が湾曲した本体を持っています。ディスプレイはAMOLEDカラースクリーンで、スマートフォンに近い操作感を提供しています。本体は合金材料で作られており、手首にフィットするために曲線が付いています。リストバンドも交換可能で、素材やカラーのバリエーションが豊富です。

両方のデザインにはそれぞれ特徴がありますが、Redmi Smart Band 2はより伝統的な四角い形状で、Xiaomi Smart Band 7はよりスマートフォンに近い円形の形状を持っています。また、どちらも手首にフィットしやすく、カスタマイズの余地があります。

ディスプレイの違いを比較

ディスプレイの違い
ディスプレイの違い

Redmi Smart Band 2は、1.47インチのTFTカラースクリーンを搭載しています。この画面は、明るく鮮やかで、より細かいディテールを表示できます。また、画面下部には物理ボタンがあり、これを使ってメニューを操作することができます。さらに、この画面は常に点灯しており、時間やステップ数、心拍数などの情報を簡単に確認することができます。

一方、Xiaomi Smart Band 7は、1.62インチのAMOLEDカラースクリーンを搭載しています。画面サイズが大きいため、情報をより見やすく表示できます。スマートフォンのような操作感を提供しています。画面はタッチスクリーンで、左右にスワイプすることでメニューを切り替えることができます。画面は手首を上げると自動的に点灯し、通知やメッセージなどが表示されます。

ウォッチフェイスはどちらも100種類以上が準備されています。フェイスを選ぶことで、よりあなたの見たい情報に素早くアクセスできます。

どちらの画面も、情報を簡単に確認できるように設計されており、それぞれの利点があります。Redmi Smart Band 2は、横幅が広く見やすい設計のため、必要な情報をすぐに確認できます。一方、Xiaomi Smart Band 7は、大型で見やすく、スマートフォンのような操作感を提供しているため、より高度な操作が可能です。

バッテリー寿命の違いを比較

Redmi Smart Band 2のバッテリー容量は210mAhで、1回の充電で約2週間使用することができます。使用頻度によって異なりますが、また、Redmi Smart Band 2は、磁気充電方式を採用しており、充電時間は約2時間です。

一方、Xiaomi Smart Band 7のバッテリー容量は180mAhと小さいですが、省電力ディスプレイのため1回の充電で約2週間使用することができます。また、Xiaomi Smart Band 7も、充電を簡単にするために磁気充電方式を採用しています。充電時間は約2時間です。

どちらのフィットネストラッカーも、比較的長いバッテリー寿命を持ち、通常の使用においては1週間以上は充電が必要ないと言えます。ただし、使用頻度や使用方法によって異なるため、バッテリー寿命については個人差があることに注意が必要です。

耐久性の違いを比較

Redmi Smart Band 2は、5ATMの防水性能を備えています。このため、手洗いや汗、雨などの日常的な水の接触に耐えることができます。また、このデバイスは、硬い表面を傷つけることがないように、強化ガラスで覆われています。しかし、落下などの衝撃には比較的弱いため、注意が必要です。

一方、Xiaomi Smart Band 7は、5ATMの防水性能を備えています。これにより、手洗いや汗、雨などの日常的な水の接触に耐えることができます。Xiaomi Smart Band 7は、高強度のポリカーボネート製であり、落下などの衝撃にも強く、耐久性が高いとされています。

両方のデバイスは、日常的な水の接触に対して防水性能があり、比較的耐久性が高いと言えます。ただし、Redmi Smart Band 2は、比較的脆弱であるため、落下には注意が必要です。一方、Xiaomi Smart Band 7は、落下などの衝撃に対して強く、より頑丈であると言えます。

アウトドアやスポーツシーンでの使用を想定している方は、Xiaomi Smart Band 7のほうが安心と言えます。

センサーの違いを比較

共通するセンサー
共通するセンサー

Redmi Smart Band 2は、心拍数センサー、睡眠モニター、加速度センサー、SpO2センサーを搭載しています。

Xiaomi Smart Band 7は、次のようなこれに加え、ジャイロスコープを搭載しています。Xiaomi Smart Band 7は、より多くのセンサーを備えており、より正確な運動データを提供することができます。

そのため、対応するスポーツもRedmi Smart Band 2は30種類ですが、Xiaomi Smart Band 7は110種類に対応しています。

共通するセンサー

  • 24 時間心拍数モニタリング:高精度 PPG センサーを内蔵し、毎日 24 時間心拍数をトラッキングします。また、心拍数の異常を検出した場合にもアラートを送信します。
  • SpO2(血中酸素レベル測定):健康な血中酸素レベルを保つために血中酸素を24 時間モニタリングします。
  • 睡眠の質をモニタリング:長時間の睡眠も仮眠もモニタリング。睡眠パターンに関する詳細なレポートを提供し、睡眠の状態を常に把握できるようにします。

もっと、スポーツシーンで活用したい方には、GPSを内蔵したXiaomi Smart Band 7 Proがおすすめです。GPSを内蔵することで、重たいスマートフォンを持ち歩かなくてもスポーツのデータを記録することができます。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥8,800 (2024/06/19 20:07:57時点 Amazon調べ-詳細)

《結論》それぞれ、こんな人におすすめ

Redmi Smart Band 2とXiaomi Smart Band 7は、それぞれの特徴に応じて、以下のような人におすすめすることができます。

Redmi Smart Band 2:

  • スタイリッシュなアクセサリーとして使いたい人
  • 日常的な活動や健康管理に使いたい人
  • 価格の安いフィットネストラッカーを探している人

Redmi Smart Band 2は、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴的です。ラウンド型のディスプレイを採用しており、非常にコンパクトで軽量です。また、ストラップは交換可能なので、多様なファッションに合わせることができます。基本的なフィットネス機能や心拍数測定、睡眠モニタリングなど、必要な健康管理機能がそろっており、価格も比較的安価であるため、手軽にフィットネスライフスタイルを始めたい人におすすめです。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥6,980 (2024/06/20 00:50:13時点 Amazon調べ-詳細)

Xiaomi Smart Band 7:

  • スポーツやアウトドアアクティビティを楽しむ人
  • 運動量や心拍数、睡眠などをより詳細に管理したい人
  • 防水性能が必要な人

Xiaomi Smart Band 7は、スポーツやアウトドアアクティビティに適したスポーティーなデザインで、様々な運動データを詳細に取得することができます。歩数計や心拍数測定、睡眠モニタリングに加えて、GPS機能や防水性能も備えています。特に、GPS機能により、屋外でのランニングや自転車などの運動において、より正確な距離や速度を計測することができます。また、防水性能もあり、水泳などの水中での運動でも使用することができます。運動に真剣に取り組む人や、アウトドア派の人におすすめです。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥8,800 (2024/06/19 20:21:07時点 Amazon調べ-詳細)

もっとハイスペックなスマートウォッチがほしい方はXiaomi Smart Band 7 Proがおすすめです。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥8,800 (2024/06/19 20:07:57時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました