Amazfit band 7 vs Mi band 7 比較&レビュー

Amazfit band 7 vs Mi band 7 比較&レビュー

8千円以下で買えて十分な性能があるAmazfit band 7とMi band 7を、スマートウォッチガチ勢の著者が徹底比較・検討します。

Amazfit(アマズフィット)は、 中国に本社があるZepp Health Corporation が、2015年9月から展開しているプレミアムスマートウェアラブルデバイスの独自ブランドです。中国メーカーのスマートウォッチと聞くと「品質が不安」「データ引き抜かれそう」など不安になりますが、記事執筆時点で本記事で紹介するAmazfit band 7はAmazonで3,600件以上のレビューがあり、平均評価☆4.1とかなり高評価でした。

created by Rinker
アマズフィット(Amazfit)
¥7,980(2023/02/02 04:54:08時点 Amazon調べ-詳細)

Xiaomi(シャオミ) は、ウェアラブルバンド市場全体でAppleに次ぐ出荷台数を誇る世界第2位のシェアを誇る中国の総合家電メーカーです。日本ではスマートフォンやスマートウォッチで有名です。記事執筆時点で本記事で紹介するMi band 7はAmazonで2,000件近くのレビューがあり、平均評価☆4.3とかなり高評価でした。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥6,990(2023/02/02 10:37:39時点 Amazon調べ-詳細)

さっそくですが、Amazfit band 7とMi band 7の価格・性能・機能を比較した一覧表を紹介します↓

項目Amazfit band 7Mi Band 7
参考価格¥8,000¥7,000
画面サイズ1.47インチ1.62インチ
Bluetooth接続
バッテリー232mAh180mAh
連続使用日数18日15日
防水5ATM5ATM
エクササイズ120種類120種類
スポーツ自動認識×
トレーニング分析
着信通知
電話の受発信××
アプリの通知
メッセージ通知
Amazon Alexa×
心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
SpO2(血中酸素測定)
VO2(最大酸素摂取量)
ストレスモニタリング
女性健康トラッキング
Amazfit band 7, Mi Band 7比較表

それでは、続いて詳しい性能・機能を比較していきます↓

ハード性能を比較

232mAh 18日の長寿命バッテリー
項目Amazfit band 7Mi Band 7
参考価格¥8,000¥7,000
画面サイズ1.47インチ1.62インチ
Bluetooth接続
バッテリー232mAh180mAh
連続使用日数18日15日
防水5ATM5ATM
ハード性能比較表

まずはハード面での比較です。

値段はAmazfit band 7のほうが、Mi band 7よりもおよそ1,000円高い設定になっています。これは、バッテリー容量の違いが大きく影響していると考えられます。Amazfit band 7のバッテリー容量は232mAhと、Mi band 7の180mAhと比べて、1.3倍大きくなっています。そのため連続使用時間もAmazfit band 7は18日と、Mi band 7の15日より長くなっています。

以上から「バッテリーは長持ちするほうが良い」という方には、Amazfit band 7がおすすめです。

一方で、画面サイズはMi band 7が1.62インチと、Amazfit band 7の1.47インチと比べておよそ10%大きくなっています。そのため、画面の見やすさ・文字の大きさはMi band 7のほうが優れていると言えます。

以上から「値段は安いほうが良い」「ディスプレイは大きい方が良い」という方には、Mi band 7がおすすめです。

エクササイズ機能を比較

項目Amazfit band 7Mi Band 7
参考価格¥8,000¥7,000
エクササイズ120種類120種類
スポーツ自動認識×
トレーニング分析
エクササイズ機能比較表

本章では、エクササイズ機能を比較します。

対応しているエクササイズの数はAmazfit band 7もMi band 7も同じ120種類になっています。私達が一般的に思いつくエクササイズ(ランニング・ウォーキング・サイクリング・マシントレーニング・ヨガ…)は網羅されています。

また、トレーニングの後に消費したカロリーや脈拍数の推移などを分析する機能はAmazfit band 7もMi band 7も搭載しています。

違いがあるのはスポーツ自動認識機能です。

これはAmazfit band 7のみの機能で以下の4つのスポーツを開始すると自動で認識してくれる機能です。これらのスポーツを頻繁に行う人で、スマートウォッチで毎回設定するのが面倒に感じる方もいると思います。そんな方にはAmazifit band 7がおすすめです。

Amzfit band 7 だけのスポーツ自動認識機能

  • ウォーキング
  • ランニング
  • エリプティカルマシン
  • ローイングマシン
created by Rinker
アマズフィット(Amazfit)
¥7,980(2023/02/02 04:54:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥6,990(2023/02/02 10:37:39時点 Amazon調べ-詳細)

スマートウォッチ機能を比較

項目Amazfit band 7Mi Band 7
参考価格¥8,000¥7,000
着信通知
電話の受発信××
アプリの通知
メッセージ通知
Amazon Alexa×
スマートウォッチ機能比較表

本章ではスマートウォッチ機能を比較します。

Amazfit band 7もMi band 7も、スマートフォンへの着信・アプリ・LINEなどのメッセージの通知を受けることができます。

しかしその一方で、受け取った電話の受信やスマートウォッチからの発信はできません。スマートウォッチから電話の受発信をしたい方は、上位モデルがおすすめです。

Alexa対応

Amazfit band 7は、Alexaを使うことができます。

ウォッチ内のAlexaに話しかけることでウォッチを操作したり、さらに自宅の家電とAlexaを繋げば外出先から家電を操作することができます。例)家に到着する前に、エアコンをオンにする。

すでにAlexaを使っている方は、手首のスマートウォッチから操作ができるので、便利になることでしょう。

健康機能を比較

項目Amazfit band 7Mi Band 7
参考価格¥8,000¥7,000
心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
SpO2(血中酸素測定)
VO2(最大酸素摂取量)
ストレスモニタリング
女性健康トラッキング
健康機能比較表

最後に健康機能を比較します。

健康機能はAmazfit band 7もMi band 7も同じ機能を有しています。

心拍数や睡眠のモニタリングはオーソドックスな機能ですが、血中酸素測定・ストレスモニタリング・女性健康トラッキング(生理周期の管理)は、他社のスマートウォッチでは上位機種しか備えていないというものも多いです。

以上から、Amazfit band 7もMi band 7も健康機能は充実しており、この値段でこれだけの健康機能がついているのはかなりお買い得です。

まとめ

8千円以下で買えて十分な性能があるAmazfit band 7とMi band 7を、スマートウォッチガチ勢の著者が徹底比較・検討しました。

項目Amazfit band 7Mi Band 7
参考価格¥8,000¥7,000
画面サイズ1.47インチ1.62インチ
Bluetooth接続
バッテリー232mAh180mAh
連続使用日数18日15日
防水5ATM5ATM
エクササイズ120種類120種類
スポーツ自動認識×
トレーニング分析
着信通知
電話の受発信××
アプリの通知
メッセージ通知
Amazon Alexa×
心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
SpO2(血中酸素測定)
VO2(最大酸素摂取量)
ストレスモニタリング
女性健康トラッキング
Amazfit band 7, Mi Band 7比較表
created by Rinker
アマズフィット(Amazfit)
¥7,980(2023/02/02 04:54:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥6,990(2023/02/02 10:37:39時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました