本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Google Pixel Watch 2 旧モデルとの違いは?比較レビュー

Google Pixel Watch 2 旧モデルとの違いは?比較レビュー

Googleから発売された最新のスマートウォッチ『Pixel Watch 2』は旧モデルとどう変わったのか?同じくGoogleから販売されている『Pixel Watch(無印)』と『Fitbit Sense 2』と比較してみました。

さっそくですが、3機種を比較した結果です。著者の主観が大いに入っていますが、購入検討の材料になれば幸いです。

  • Pixel Watch 2 をおすすめの人:健康機能もスマートウォッチ機能も妥協したくない人。
  • Pixel Watch(無印)をおすすめの人:スマートウォッチ機能を妥協したくないけど、値段を抑えたい人
  • Fitbit Sense 2をおすすめの人:健康機能を妥協したくない人。価格を抑えたい人。毎日の充電は面倒な人。
Pixel Watch 2Pixel WatchFitbit Sense 2
ハード性能
健康管理
ストレス管理
睡眠管理
フィットネス
3機種の性能比較まとめ一覧表

本記事で紹介するスマートウォッチ

created by Rinker
Google(グーグル)
¥45,600 (2024/05/27 14:27:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Google(グーグル)
¥27,480 (2024/05/27 14:27:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥28,492 (2024/05/27 18:50:17時点 Amazon調べ-詳細)

本記事は、Google公式サイトの情報を元に作成されています。最新情報は公式サイトおよび販売サイトをご確認ください。

ハード性能

本章では、スマートウォッチを選ぶ基本となる価格・カラーラインナップ・バッテリーといったハード性能について、3機種を比較します。

ハード性能 まとめ

  • 価格は、Fitbit sense 2が最安で\32,800
  • カラーラインナップ、サイズは大差ない
  • Pixel Watchは、Androidしか対応していない
  • バッテリーは、圧倒的にFitbit Sense 2 が長い

価格について、結論『とにかく安いのがほしい』という方には Fitbit Sense 2 がおすすめです。記事執筆時(2023年10月)のGoogle公式サイトの価格では、Pixel Watch 2 は¥51,800と5万円を超える高価格となっています。後述しますが、値段が高いのはそれだけいろいろな機能が搭載されているためです。型落ちとなるPixel Watch(無印)は¥39,800と、最新モデルと比較すると1万円以上安い価格となります。Fitbit Sense 2はさらに安くて¥32,800となります。

カラーラインナップについて、Pixel Watch(無印)とPixel Watch 2は両方とも黒・灰・青・桃の4色展開で、Fitbit Sense 2は黒・白・青の3色展開となっています。しかしこの色は本体ではなくバンドの部分を指しています。バンドは交換部品ですし、Amazonなどでさまざまな色や素材のバンドが売られていますのであまり気にしなくてもよさそうです。

参考までに、AmazonのPixel Watch のバンド(例)

created by Rinker
Wanme
¥699 (2024/05/28 05:17:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Miimall
¥2,199 (2024/05/28 02:05:12時点 Amazon調べ-詳細)

サイズと重量について、一覧にして比較した表をまとめます。Pixcel Watchシリーズは丸形のフェイスをしているので直径で表現されますが、両方とも41mmです。重量はPixel Watch 2 の方が少し軽くて31gとなります。一方のFitbit Sense 2は正方形のフェイスをしており一辺40.5mmです。重量はPixcel Watchシリーズより少し重い38gとなります。サイズと重量については、正直いって大きな差はない印象です。

Pixel Watch 2Pixel WatchFitbit Sense 2
サイズ直径41 x 12.3mm直径41mm40.5 x 40.5 x 11.2 mm
重量31g36g38g
サイズと重量の一覧表

対応OSについて、これは大きく違うので注意が必要です。買ってから後悔しないように気を付けてください。Pixcel WatchシリーズはiOSには対応していません※。記事執筆時(2023年10月)時点で複数のWebレビュー記事を確認しましたが、今のところは非対応のようです。一部の海外メディアでは『iOSへ対応することが予定されている』と報道されていますが、今のところ未確定なので、iPhoneユーザーはFitbit Sense 2にしておいた方が無難かと思います。

※最新情報はアップデートされる可能性があります。最新情報はGoogleの公式サイトからご確認ください。

バッテリーについて、結論『毎日充電したくない』という人はFitbit Sense 2一択です。Pixcel Watchシリーズの連続使用時間は24時間のため、毎日の充電が必要です。100%充電に必要な時間は1時間15分なので、毎日の入浴時や寝る前にPixel Watchを腕から外して充電する必要があります。Apple Watch シリーズもこれはほぼ同じなので、Apple Watch ユーザーから乗り換えるのであれば気にならないかもしれません。一方のFitbit Sense 2は連続使用時間は6日間と、Pixel Watchシリーズに比べると圧倒的長寿命です。Fitbit Sense 2なら、毎週の週末の暇な時間に充電すれば十分です。

そのほか、3機種が共通して備えている機能は以下の通りです。

  • 防水性能:5ATM(水しぶき、雨、雪、シャワー、スイミング、水中への飛び込み、シュノーケリングに耐えられるレベル)
  • GPS:搭載

本章の最後に、ハード性能を比較した一覧表をまとめます↓ 購入の検討に活用ください。

Pixel Watch 2Pixel WatchFitbit Sense 2
価格¥51,800¥39,800¥32,800
黒・灰・青・桃黒・灰・青・桃黒・白・青
サイズ直径41 x 12.3mm直径41mm40.5 x 40.5 x 11.2 mm
重量31g36g38g
本体素材アルミニウムステンレスアルミニウム
ディスプレイカスタム AMOLEDカスタム AMOLEDAMOLED
対応OSAndroid 9.0~Android 9.0~Android 9.0~
iOS 14.0~
連続使用時間24時間24時間6日
防水性能5ATM5ATM5ATM
GPS
ハード性能比較表

健康管理

本章では、スマートウォッチが持つ機能の1つである健康管理機能について3機種を比較します。心拍数・体温・呼吸数といった項目について解説していきます。

健康管理 まとめ

  • 健康管理機能は、Pixel Watch 2 > Fitbit Sense 2 > Pixel Watch の順
  • 十分な健康管理機能の恩恵を受けたい人は、Pixel Watch 2 か Fitbit Sense 2 がおすすめ

心拍数モニタリングについて、3機種とも心拍数を記録するセンサーと機能を搭載していますが、最新モデルのPixel Watch 2 はより優れたセンサーを搭載しています。Pixel Watch 2の拍数センサーはマルチパス方式に変更され、心拍数をより正確に測定できるようになっています。特にHIIT(高強度インターバルトレーニング)、スピニング、ローイングといった激しい動きを伴うアクティビティー中の測定精度は最大で40%改善したそいうです。これにより、エナジースコアの計測や睡眠トラッキングもより正確になります。普段から運動習慣があり、運動中の心拍数をより正確に測りたいアスリートにはPixel Watch 2がおすすめです。

皮膚温の感知について、Pixel Watchの型落ちとなるPixel Watch(無印)のみ搭載されていません。Pixel Watch 2とFitbit Sense 2には搭載されています。これは文字通り皮膚温を計測するセンサーです。日々の皮膚温度をモニタリングすることができるので、体調の変化をリアルタイムに検知することがでいる機能です。体温計測機能が欲しい方は、Pixel Watch 2かFitbit Sense 2がおすすめです。

健康管理機能についての違いは以上の2つで、あまり多くありません。健康について、かなりマニアックに管理したい人でない限りは、どの機種でもあまり変わりはないかもしれません。それ以外の3機種に共通する機能は以下のとおりです。

3機種に共通する健康管理機能

  • 高低心拍数通知
  • 心電図アプリ
  • 血中酸素飽和度の傾向
  • 心拍変動
  • 安静時の心拍数
  • 呼吸数

本章の最後に、健康管理機能を比較した一覧表をまとめます↓ 購入の検討に活用ください。

Pixel Watch 2Pixel WatchFitbit Sense 2
心拍数モニタリング
高低心拍数通知
心電図アプリ
皮膚温の感知×
血中酸素飽和度の傾向
心拍変動
安静時の心拍数
呼吸数
健康管理機能比較表

ストレス管理

現代社会はストレス社会と言われますが、そんなストレス社会からあなたを守ってくれるかもしれないストレス管理機能について、3機種の違いを見ていきましょう。

ストレス管理 まとめ

  • ストレス管理は、Pixel Watch 2 = Fitbit Sense 2 > Pixel Watch の順
  • 十分なストレス管理の恩恵を受けたい人は、Pixel Watch 2 か Fitbit Sense 2 がおすすめ

1日を通じての計測について、これは文字通り1日を通じてストレスをモニタリングしてくれる機能です。これは、Pixel Watch 2とFitbit Sense 2に搭載されており、Pixel Watch(無印)には搭載されていません。そのため、1日の中でストレスが高いタイミングに通知してくれる『ストレスの通知』機能もPixel Watch 2とFitbit Sense 2に搭載されており、Pixel Watch(無印)には搭載されていません。ストレス管理機能に期待している人はPixel Watch 2かFitbit Sense 2がおすすめです。

ガイド付き呼吸セッションについて、これはスマートウォッチがあなたのコーチになって気分が落ち着く呼吸の仕方をガイドしてくれる機能です。Pixel Watch 2とFitbit Sense 2に搭載されており、Pixel Watch(無印)には搭載されていません。ガイド付き呼吸セッションを活用することで、ストレスが高いときにストレスを下げることができたり、毎日決まった時間に行うことでストレスへの耐性を高めるマインドフルネスとしての使い方もできます。

ストレス管理機能についての違いは以上の2つです。特に1つ目の『1日を通じての計測』は、あなたが毎日どのタイミングでストレスを感じるかが分かるので、ストレス管理をしたい人には必須の機能かと思います。逆に言うと、日々そこまでストレスを感じていない人には不要かもしれません。本章の最後に、ストレス管理機能を比較した一覧表をまとめます↓ 購入の検討に活用ください。

Pixel Watch 2Pixel WatchFitbit Sense 2
1日を通じての計測×
ストレスの通知×
ストレススコア
マインドフルネス
ガイド付き呼吸セッション×
ストレス管理機能比較表

created by Rinker
Google(グーグル)
¥45,600 (2024/05/27 14:27:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Google(グーグル)
¥27,480 (2024/05/27 14:27:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥28,492 (2024/05/27 18:50:17時点 Amazon調べ-詳細)

睡眠管理

現代人、特に日本人は世界的に見ても睡眠が足りていないと言われています。睡眠に悩みを抱えている現代人におすすめの機能がスマートウォッチの睡眠管理機能です。本章では、睡眠に関する機能を比較していきます。

睡眠管理 まとめ

  • 睡眠管理は、Fitbit Sense 2 > Pixel Watch 1 or 2 の順
  • 十分な睡眠管理の恩恵を受けたい人は、Fitbit Sense 2 がおすすめ

Snore & Noise Detectについて、これはあなたのいびきや就寝中のノイズ(雑音)をモニタリングしてくれる機能です。この機能は、Fitbit Sense 2のみに搭載されています。睡眠中に自分のいびきが気になる方や、就寝環境が適切(雑音が少ない)か気になる方には、Fitbit Sense 2がおすすめです。

サイレントアラームについて、これはFitbit sense 2 のみの機能です。サイレントアラームは、指定した時間にあなたを静かに起こす機能です。アラームが鳴ると、時計は静かに振動します。最大8つのアラームを設定することができ、1回だけまたは週に複数回設定することができます。また、「スマートアラーム」ボックスをチェックすると、あなたが希望する起床時間の最大30分前に、軽い睡眠段階であなたを起こします。朝、目覚めの悪い人にはありがたい機能です。

睡眠管理についての違いは以上の2つです。睡眠にこだわりたい人はFitbit sense 2 がおすすめです。これ以外の3機種に共通する機能も含めた睡眠管理機能を比較した一覧表をまとめます↓ 購入の検討に活用ください。

Pixel Watch 2Pixel WatchFitbit Sense 2
睡眠スコア
睡眠プロフィール
Snore & Noise Detect××
睡眠用マインドフルネス
サイレントアラーム××
スマートアラーム××
睡眠のインサイト
睡眠管理機能比較表

フィットネス機能

スマートウォッチを購入する目的の1つに『運動習慣を身に着けたい』もしくは『運動の効果を見えるようにしたい』という方は多いです。本章では、そんなフィットネス機能について3機種の違いを見ていきましょう。

フィットネス機能 まとめ

  • 自動ワークアウト認識は、Pixel Watch 2とFitbit sense 2 に搭載Pixel Watch(無印)も近日搭載予定
  • 心拍ゾーントレーニングは、Pixel Watchシリーズのみに搭載
  • ペーストレーニング機能はPixel Watchシリーズのみ搭載

自動ワークアウト認識について、これは文字通りワークアウト(運動)を開始するとスマートウォッチがそれを検知して自動でデータ集計を始める機能です。この機能はPixel Watch 2とFitbit sense 2 には搭載されており、Pixel Watch(無印)にも近日搭載予定です。この機能を使うと、例えば通勤の徒歩もウォーキングとして認識されて、歩いた距離・消費したカロリーなどを詳細に計測して、後で見直すことが可能です。もちろん、ランニングやサイクリングなどをしたときも自動でそれを認識して計測してくれます。今すぐこの機能を使いたいという方は、Pixel Watch 2かFitbit sense 2 がおすすめです。

心拍ゾーントレーニングについて、これはPixel Watch(無印)とPixel Watch 2にのみ搭載されている機能です。心拍ゾーントレーニングは、運動中に心拍数を監視し、その情報を利用して効率的なトレーニングをサポートする機能です。具体的には以下のような特徴があります。

  1. ガイド付きトレーニング: この機能は、あなたが目指す目標に合わせてトレーニングをガイドします。例えば、体力向上や脂肪燃焼などの目標に応じて、適切な心拍数ゾーンを提案します。
  2. 4つの心拍数ゾーン: 心拍ゾーントレーニングでは、心拍数を4つのゾーンに分けます。これらのゾーンは個々のフィットネスレベルと目標に合わせてカスタマイズ可能です。
  3. 音声と触覚的通知: 音声と触覚的通知を利用して、現在の心拍数ゾーンをリアルタイムで知らせます。これにより、運動中でも自分がどの心拍数ゾーンにいるのかを常に把握することができます。

ペーストレーニングについて、これはPixel Watch(無印)とPixel Watch 2にのみ搭載されている機能です。ペーストレーニング機能は、運動中のパフォーマンスを最適化するためのツールです。具体的には以下のような特徴があります。

  • 目標設定: ペーストレーニングでは、ユーザーが自分の運動目標を設定することができます。これにより、ユーザーは自分の運動能力に合わせた目標を設定し、それに向けて効率的にトレーニングを行うことができます。
  • リアルタイムフィードバック: ペーストレーニングでは、運動中にリアルタイムでフィードバックを提供します。これにより、ユーザーは自分の現在のパフォーマンスを把握し、必要に応じて調整することができます。
  • 心拍ゾーントレーニングとの連携: ペーストレーニングは心拍ゾーントレーニングと連携しています。心拍ゾーンが変わった際に通知を受け取ることができるため、HIITワークアウトやマラソンのトレーニングなど、激しい運動を行う際にも役立ちます。

フィットネス機能についての違いは以上の3つです。フィットネスにこだわりたい人はPixel Watch(無印)かPixel Watch 2 がおすすめです。これ以外の3機種に共通する機能も含めたフィットネス機能を比較した一覧表をまとめます↓ 購入の検討に活用ください。

Pixel Watch 2Pixel WatchFitbit Sense 2
1日を通じての計測
自動ワークアウト認識近日搭載
対応エクササイズの種類
心拍ゾーントレーニング×
ペーストレーニング×
アクティブな心拍ゾーン
エナジースコア
GPS搭載
歩数の計測
消費カロリー計測
目標とリマインダー
上がった階段
水泳ストローク数記録
フィットネス機能比較表

まとめ

Googleから発売された最新のスマートウォッチ『Pixel Watch 2』は旧モデルとどう変わったのか?同じくGoogleから販売されている『Pixel Watch(無印)』と『Fitbit Sense 2』と比較してみました。

  • Pixel Watch 2 をおすすめの人:健康機能もスマートウォッチ機能も妥協したくない人。
  • Pixel Watch(無印)をおすすめの人:スマートウォッチ機能を妥協したくないけど、値段を抑えたい人
  • Fitbit Sense 2をおすすめの人:健康機能を妥協したくない人。価格を抑えたい人。毎日の充電は面倒な人。
Pixel Watch 2Pixel WatchFitbit Sense 2
ハード性能
健康管理
ストレス管理
睡眠管理
フィットネス
3機種の性能比較まとめ一覧表

本記事で紹介したスマートウォッチ

created by Rinker
Google(グーグル)
¥45,600 (2024/05/27 14:27:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Google(グーグル)
¥27,480 (2024/05/27 14:27:25時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥28,492 (2024/05/27 18:50:17時点 Amazon調べ-詳細)

本記事は、Google公式サイトの情報を元に作成されています。最新情報は公式サイトおよび販売サイトをご確認ください。

本ブログでは、Pixel WatchやFitbitについて解説しています。

タイトルとURLをコピーしました