本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Galaxy Watch6シリーズ4機種を徹底比較した。

Galaxy Watch6シリーズ4機種を徹底比較した。

「FeliCa」に初対応し、より高精度な測定機能で手首から毎日を豊かにする最新スマートウォッチ「Galaxy Watch6」、「GalaxyWatch6 Classic」が発表されました。本記事ではGalaxy Watch6シリーズ4機種を比較します。

「Galaxy Watch6」および「Galaxy Watch6 Classic」の特長

  • スクリーンは大きく、ベゼルは薄く、画面の表示領域が「Galaxy Watch」史上最大。
  • 「Galaxy Watch」史上初めて「FeliCa」に対応。
  • スマートフォンなしでもメッセージ、通話、マップ確認、音楽再生が可能。
  • ワークアウトから睡眠モニタリング まで 1 日に起こる様々な活動を常にチェックし、ユーザーの目標に合ったコーチングをします。
  • 1 回のフル充電で最大 40 時間の使用が可能。たった 30 分で最大 45%までスピーディに充電が可能。
  • 転んでしまった時は転倒検知機能が検知。助けが必要かを尋ねます。
サムスンプレスリリースより抜粋

Galaxy Watch6シリーズのラインナップは?

Galaxy Watch6シリーズのラインナップは?

Galaxy Watch6シリーズは、次の4つのラインナップがあります。「Galaxy Watch6」は日常使いに最適な現代的なミニマルデザイン、「Galaxy Watch6 Classic」は回転ベゼルを搭載し、よりクラシカルなデザインとなっています。以下の()の中の数字は本体の大まかなサイズになります。数字が大きい方が、ウォッチサイズも大きくまります。

  • Galaxy Watch6(40mm)
  • Galaxy Watch6(44mm)
  • Galaxy Watch6 Classic(43mm)
  • Galaxy Watch6 Classic(47mm)

なお、Galaxy Watch6(40mm/44mm)のみLTEモデルがauのWebサイトから出ていました。(本記事執筆時点 2023/9/9)LTEモデルならスマートフォンにペアリングせずともデータ通信ができます。

created by Rinker
Galaxy
¥50,164 (2024/02/22 13:02:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Galaxy
¥47,990 (2024/02/22 17:36:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Galaxy
¥66,964 (2024/02/22 13:02:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Galaxy
¥67,955 (2024/02/22 13:02:53時点 Amazon調べ-詳細)

価格・カラー・ハードを比較

価格・カラー・ハードを比較

まとめ

  • 価格は\50,000~\70,000
  • カラーラインナップは、オーソドックスな黒色+もう1種類
  • サイズ・重さは、小さくて軽いものから大きくて重いものまで幅広い
  • LTE通信に対応する機種もある
  • バッテリーの持ちは、一律40時間

価格について、一番安いモデルであるGalaxy Watch6(40mm)で\50,160、一番高価なモデルであるGalaxy Watch6 Classic(47mm)で\72,000となっています。(本記事執筆時点、Samsung公式サイト 2023/9/9)

Galaxy Watch6無印よりもClassicの方が価格は高い、そして本体サイズが大きい方が価格は高い傾向です。参考までにApple Watchと価格を比較したグラフはこちら↓の通りです。

Galaxy Watch6シリーズは、Apple Watch Ultra(上位モデル)よりは価格は低く、Apple Watch SE(廉価モデル)よりは価格は高く、Apple Watch Series 8(標準モデル)と同程度の水準です。

カラーラインナップについて、どの機種も2種類のカラーラインナップを展開しています。オーソドックスなブラックはどの機種も共通しています。もう1色がGalaxy Watch 6(40mm)はゴールド、他はグレーとなっています。

項目Galaxy Watch 6(40mm)Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 6 Classic(43mm)Galaxy Watch 6 Classic(47mm)
金・黒黒・灰黒・灰黒・灰
カラーラインナップ(本記事執筆時点 2023/9/9)

サイズと重さについて、こちらは価格で前述したのと同じような傾向があります。()の中の数字が大きいモデルほど、本体サイズは大きく重さも重くなります。

重くても気にならない、例えば働き盛りの男性なら、大きいモデルほど画面は見やすくなり使い勝手が良いでしょう。一方で、一番重いGalaxy Watch 6 Classic(47mm)は、一番軽いGalaxy Watch 6(40mm)の2倍近い重量なので「重たいスマートウォッチは嫌だ」という、例えば女性には向いていないかもしれません。

項目Galaxy Watch 6(40mm)Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 6 Classic(43mm)Galaxy Watch 6 Classic(47mm)
サイズ38.8 x 40.4 x 9.0 mm42.8 x 44.4 x 9.0 mm42.5 x 42.5 x 10.9 mm46.5 x 46.5 x 10.9 mm
重量28.7g33.3g52.0g59.0g
サイズと重量(本記事執筆時点 2023/9/9)

本体素材について、Galaxy Watch無印はアルミニウム製、Galaxy Watch Classicはステンレス製になっています。一般にアルミニウムは軽い金属で、ステンレスは傷つきにくい金属です。

前項の重量のグラフでも分かるとおりGalaxy Watch6無印シリーズは、Classicシリーズよりも軽くなっています。一方で、頑丈さや傷つきにくさという観点ではステンレスを採用しているClassicシリーズの方が優れていると思われます。

項目Galaxy Watch 6(40mm)Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 6 Classic(43mm)Galaxy Watch 6 Classic(47mm)
素材アルミニウムアルミニウムステンレスステンレス
素材(本記事執筆時点 2023/9/9)

ディスプレイについて、サイズは前述と同様に()の中の数字が大きいモデルほど大きくなります。サイズが大きいモデルと小さいモデルでは4mm程度の差があります。

ディスプレイには、Super AMOLEDが採用されています。これは、100,000:1のコントラスト比を誇る有機ELディスプレイで、屋外でも見やすいなど、様々な照明環境に自動適応します。

ガラス部分はサファイアクリスタルが採用されています。サファイアクリスタルは人工のものですが、天然サファイアと同等の硬さを持ち、傷の付きにくさが最大の特徴です。

Galaxy Watch 6(40mm)Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 6 Classic(43mm)Galaxy Watch 6 Classic(47mm)
1.3″(33.3mm)1.5″(37.3mm)1.3″(33.3mm)1.5″(37.3mm)
Super AMOLEDSuper AMOLEDSuper AMOLEDSuper AMOLED
サファイアクリスタルサファイアクリスタルサファイアクリスタルサファイアクリスタル
ディスプレイ(本記事執筆時点 2023/9/9)

通信形式について、全機種でWi-FiとBluetoothでの通信は可能です。一方でGalaxy Watch6シリーズでのLTEモデルがauのWebサイトから販売されています。(本記事執筆時点 2023/9/9)

LTEモデルならスマートフォンにペアリングせずともデータ通信ができます。例えば、屋外ランニングをするときにスマートフォンを持たず、スマートウォッチだけでランニングの記録をつけ、音楽をダウンロードし、コンビニの支払いをする。というような使い方が考えられます。

ただし、LTE搭載モデルは非搭載モデルよりも価格が高くなっています。ご自身の使い方や予算と相談して決めましょう。

Galaxy Watch 6(40mm)Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 6 Classic(43mm)Galaxy Watch 6 Classic(47mm)
参考価格¥50,160¥55,200¥66,960¥72,000
LTELTEモデルあり
参考価格\72,490
LTEモデルあり
参考価格\77,550
××
Wi-Fi
Bluetooth接続v5.3v5.3v5.3v5.3
通信形式(本記事執筆時点 2023/9/9)

バッテリーについて、公式サイトによればGalaxy Watch6シリーズはすべて連続使用時間は40時間となっています。使用条件によって連続使用時間は前後しますが、負荷の高い使い方をしなければ、おおよそ1日に1回の充電頻度となります。省エネで使用すれば2日の1回の充電頻度も可能かもしれませんが、公式サイトではそのような記述はなかったので不明です。

充電時間は30分で最大45%までスピーディーに充電できるので、野外に出かける時も、ベッドでくつろぐ前にも、すぐに使える状態になります。

バッテリーは他社のスマートウォッチと比較して長い方とは言えません。機能面よりもバッテリーを重視したい方には、Galaxy Watch6シリーズは向いていないかもしれません。

Galaxy Watch 6(40mm)Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 6 Classic(43mm)Galaxy Watch 6 Classic(47mm)
バッテリー容量300mAh425mAh300mAh425mAh
連続使用時間40時間40時間40時間40時間
バッテリー(本記事執筆時点 2023/9/9)
充電時間は30分で最大45%までスピーディーに充電できるので、野外に出かける時も、ベッドでくつろぐ前にも、すぐに使える状態になります。

最後に、Galaxy Watch6シリーズの価格・カラー・ハード面を比較したまとめと一覧表です。こちら、購入検討の参考になれば幸いです。

まとめ

  • 価格は\50,000~\70,000
  • カラーラインナップは、オーソドックスな黒色+もう1種類
  • サイズ・重さは、小さくて軽いものから大きくて重いものまで幅広い
  • LTE通信に対応する機種もある
  • バッテリーの持ちは、一律40時間
項目Galaxy Watch 6(40mm)Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 6 Classic(43mm)Galaxy Watch 6 Classic(47mm)
参考価格¥50,160¥55,200¥66,960¥72,000
金・黒黒・灰黒・灰黒・灰
サイズ38.8 x 40.4 x 9.0 mm42.8 x 44.4 x 9.0 mm42.5 x 42.5 x 10.9 mm46.5 x 46.5 x 10.9 mm
重量28.7g33.3g52.0g59.0g
素材アルミニウムアルミニウムステンレスステンレス
ディスプレイ1.3″(33.3mm)1.5″(37.3mm)1.3″(33.3mm)1.5″(37.3mm)
Super AMOLEDSuper AMOLEDSuper AMOLEDSuper AMOLED
サファイアクリスタルサファイアクリスタルサファイアクリスタルサファイアクリスタル
メモリ2GB2GB2GB2GB
ストレージ16GB16GB16GB16GB
クロック周波数1.4GHz1.4GHz1.4GHz1.4GHz
GPS
加速度センサー
ジャイロセンサー
コンパスセンサー
心拍センサー
赤外線温度センサー
LTELTEモデルあり
参考価格\72,490
LTEモデルあり
参考価格\77,550
××
Wi-Fi
Bluetooth接続v5.3v5.3v5.3v5.3
高速充電30分で最大45%30分で最大45%30分で最大45%30分で最大45%
バッテリー容量300mAh425mAh300mAh425mAh
連続使用時間40時間40時間40時間40時間
防塵性能IP68IP68IP68IP68
防水性能5ATM5ATM5ATM5ATM
Galaxy Watch6シリーズの価格・カラー・ハード比較表

エクササイズ機能を比較

エクササイズ機能を比較

まとめ

  • 90種類以上のエクササイズに対応
  • ランニング中に心拍数を最適化する機能がある
  • エクササイズの目標を立てて、仲間と競争する機能がある

エクササイズについて、Galaxy Watch6シリーズは90種類以上のエクササイズに対応しています。さらに、ランニング、ウォーキング、サイクリングなどのオーソドックスなエクササイズなら、スマートウォッチがワークアウトを自動で認識して記録するので、貴重なデータを逃すことはありません。

ランニング中の心拍数を最適化する機能もあります。ランニングを始めると、Galaxy Watch6が心拍を計測し、あなたに合わせて心拍ゾーンを最適化します。心拍ゾーンが設定されると、目標の心拍ゾーンに到達した際に通知が受けられます。動いたり走ったりワークアウトしたりしながら、確実にこのゾーンに入るようにしましょう。なお、心肺機能に基づくランニング時の各心拍ゾーンの範囲を更新するには、時速4km以上の一定速度で屋外を10分以上走る必要があります。

エクササイズの目標を立てて、仲間と競争する機能もあります。ワークアウト仲間を登録し、切磋琢磨して健康状態の向上を図ることができます。目標の達成度合いや進捗状況を確認したり、個人ベストを達成したらお互いに褒め合いましょう。

Galaxy Watch6シリーズは、屋外のハードな環境での使用が可能です。防塵性能IP68及び防水性能5ATMを備えています。Galaxy Watch6公式サイトによると、水深50mまでの水に10分間耐えらるそうです。ただしダイビングや高圧水域でのアクティビティには適していないので注意しましょう。前述のとおり文字盤はサファイアクリスタルを採用しており傷つきにくいので、アウトドアスポーツやちょっとした雨でも気にせずに使うことができます。

項目Galaxy Watch 6(40mm)Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 6 Classic(43mm)Galaxy Watch 6 Classic(47mm)
エクササイズ
対応エクササイズ90種類以上90種類以上90種類以上90種類以上
トレーニング分析
Galaxy Watch6シリーズのエクササイズ機能比較表
created by Rinker
Galaxy
¥50,164 (2024/02/22 13:02:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Galaxy
¥47,990 (2024/02/22 17:36:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Galaxy
¥66,964 (2024/02/22 13:02:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Galaxy
¥67,955 (2024/02/22 13:02:53時点 Amazon調べ-詳細)

スマートウォッチ機能を比較

まとめ

  • 着信、アプリ、メッセージをウォッチで確認できる。
  • クイック返信や通話ができる。
  • Felica搭載でウォッチで支払いができる。

着信・アプリ・メッセージの通知について、Galaxy Watch6シリーズは全てこれらの通知が可能です。さらに、受け取ったメッセージには、スマートウォッチからの返信もできます。スマートフォンを使わずともサッと返信できるのは忙しい現代人には非常にありがたい機能です。

さらに、Galaxy Watch6シリーズは通話機能も備えています。通話の着信があったとき、スマートウォッチを使って通話ができます。作業中や移動中などでスマートフォンを取り出せないシーンで便利に使うことができそうです。

Galaxy Watch6シリーズはFelicaを搭載しています。スマホを置いてランニングに出かける時も、スマホがリュックの中にある時も、お買い物はリーダーに手首をかざすだけで、スマートフォンを取り出すことなく、いつでもどこでも電子マネーが使えます。

項目Galaxy Watch 6(40mm)Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 6 Classic(43mm)Galaxy Watch 6 Classic(47mm)
着信通知
クイック返信
アプリの通知
メッセージ通知
通話
Felica
Galaxy Watch6シリーズのスマートウォッチ機能比較表

健康管理機能を比較

まとめ

  • 心拍数、血中酸素、体組成といった一般的なスマートウォッチが備える機能は抑えている。
  • さらに転倒検知機能もあるので安心

Galaxy Watch6シリーズは、心拍数モニタリング、血中酸素測定、体組成測定という一般的なスマートウォッチがが備えるべき健康管理機能を網羅しています。本章では、そんな健康管理機能で特筆すべき点をまとめます。

睡眠モニタリングについて、Galaxy Watch6を着けて眠れば、夜間の睡眠ステージ、睡眠スコア、睡眠の継続性をモニタリングして睡眠の改善に繋げることができます。さらに、スマートウォッチから直接睡眠測定機能にアクセスできるようになったため、ウォッチをタップするだけでヒントを確認することができます。

体組成測定について、Galaxy Watch6に搭載された生体インピーダンス法(BIA)センサーが、いつでも好きな時に身体のデータを収集することができます。測定結果は、データを活用したアプローチで身体や健康のモニタリングを改善したり、個人のフィットネス目標を設定したりするのに役立ちます。

転倒検知について、転んでしまった時、転倒検知機能が察知して助けが必要かどうか尋ねます。その他の緊急事態の場合でも、Homeボタンを5回押すだけで救急サービスにSOSを送ることができます。救助が到着したら、ロック画面を1回タップするだけであなたの医療情報にすばやくアクセス可能です。転倒検知機能を持っているスマートウォッチはまだ少ないので、この機能は非常に貴重です。大切な人へのプレゼントにおすすめです。

健康管理機能を比較
項目Galaxy Watch 6(40mm)Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 6 Classic(43mm)Galaxy Watch 6 Classic(47mm)
心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
血中酸素測定
体組成測定
転倒検知
Galaxy Watch6シリーズの健康管理機能比較表

まとめ

「FeliCa」に初対応し、より高精度な測定機能で手首から毎日を豊かにする最新スマートウォッチ「Galaxy Watch6」、「GalaxyWatch6 Classic」が発表されました。本記事ではGalaxy Watch6シリーズ4機種を比較しました。

「Galaxy Watch6」および「Galaxy Watch6 Classic」の特長

  • スクリーンは大きく、ベゼルは薄く、画面の表示領域が「Galaxy Watch」史上最大。
  • 「Galaxy Watch」史上初めて「FeliCa」に対応。
  • スマートフォンなしでもメッセージ、通話、マップ確認、音楽再生が可能。
  • ワークアウトから睡眠モニタリング まで 1 日に起こる様々な活動を常にチェックし、ユーザーの目標に合ったコーチングをします。
  • 1 回のフル充電で最大 40 時間の使用が可能。たった 30 分で最大 45%までスピーディに充電が可能。
  • 転んでしまった時は転倒検知機能が検知。助けが必要かを尋ねます。
サムスンプレスリリースより抜粋
created by Rinker
Galaxy
¥50,164 (2024/02/22 13:02:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Galaxy
¥47,990 (2024/02/22 17:36:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Galaxy
¥66,964 (2024/02/22 13:02:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Galaxy
¥67,955 (2024/02/22 13:02:53時点 Amazon調べ-詳細)

最後に、Galaxy Watch6シリーズの機能をすべて一覧にしたものをまとめます。購入検討の参考になれば幸いです。

項目Galaxy Watch 6(40mm)Galaxy Watch 6(44mm)Galaxy Watch 6 Classic(43mm)Galaxy Watch 6 Classic(47mm)
参考価格¥50,160¥55,200¥66,960¥72,000
金・黒黒・灰黒・灰黒・灰
サイズ38.8 x 40.4 x 9.0 mm42.8 x 44.4 x 9.0 mm42.5 x 42.5 x 10.9 mm46.5 x 46.5 x 10.9 mm
重量28.7g33.3g52.0g59.0g
素材アルミニウムアルミニウムステンレスステンレス
ディスプレイ1.3″(33.3mm)1.5″(37.3mm)1.3″(33.3mm)1.5″(37.3mm)
Super AMOLEDSuper AMOLEDSuper AMOLEDSuper AMOLED
サファイアクリスタルサファイアクリスタルサファイアクリスタルサファイアクリスタル
メモリ2GB2GB2GB2GB
ストレージ16GB16GB16GB16GB
クロック周波数1.4GHz1.4GHz1.4GHz1.4GHz
GPS
加速度センサー
ジャイロセンサー
コンパスセンサー
心拍センサー
赤外線温度センサー
Wi-Fi
Bluetooth接続v5.3v5.3v5.3v5.3
高速充電30分で最大45%30分で最大45%30分で最大45%30分で最大45%
バッテリー容量300mAh425mAh300mAh425mAh
連続使用時間40時間40時間40時間40時間
防塵性能IP68IP68IP68IP68
防水性能5ATM5ATM5ATM5ATM
エクササイズ
対応エクササイズ90種類以上90種類以上90種類以上90種類以上
トレーニング分析
着信通知
クイック返信
アプリの通知
メッセージ通知
通話
Felica
心拍数モニタリング
睡眠モニタリング
血中酸素測定
体組成測定
転倒検知
Galaxy Watch6シリーズの機能比較表

本記事の引用元

Samsung Japan 公式 | Samsung(ギャラクシー)ホーム

NewsRelease_galaxy-watch6_230822.pdf (samsung.com)

タイトルとURLをコピーしました