本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Amazfit Activeってどう?最新機種同士で比較した

Amazfit Activeってどう?最新機種同士で比較した

Amazfitから発売された最新機種Amazfit Activeの性能を解説します。同じくAmazfitから発売されたBalance、Bip 5と比較します。Amazfitのスマートウォッチが気になっている方へ、判断材料になれば幸いです。本記事はAmazfit公式サイトの情報を元に制作しています。最新情報は公式サイトをご確認ください。

結論
Amazfit Activeのおすすめポイント

  • 画面が大きく見やすいのに、バッテリーは最大14日
  • スマホの通知に返信可能、Alexaも使える。
  • 120種類のエクササイズに対応。7種類の運動は自動で認識。
  • 24時間健康管理、異常が見つかったらリマインダーしてくれる。

↓本記事で紹介するスマートウォッチ↓

created by Rinker
Amazfit
¥19,900 (2024/05/27 20:56:31時点 Amazon調べ-詳細)

↓本記事で比較するスマートウォッチ↓

created by Rinker
Amazfit
¥39,900 (2024/05/27 15:40:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazfit
¥12,580 (2024/05/28 13:53:35時点 Amazon調べ-詳細)

価格、ハード面を比較

Amazfit Active おすすめポイント

  • 画面が1.75インチと大きく、解像度が高い。
  • 最大14日間動く、長バッテリー。
  • カラーラインナップは3種類、本体素材は2種類と選択肢が多い。

参考価格を比較してみます。Amazfit Activeは\23,900、Amazfit Balanceは\41,900、Amazfit Bip 5は\14,800となります。価格だけを比較するとBip 5が最安値になりますが、そのぶんActiveやBalanceは性能や機能が充実しています。本記事では、その性能や機能の違いにも切り込んでいきます。

価格の比較

カラーラインナップを見てみましょう。Activeはブラック/ピンク/パープルの3種類で、パープルはWEB限定カラーです。一方、Balanceはグレー/ブラックの2種類。Bip 5はブラック/ホワイト/ピンクの3種類です。さらにActiveの場合、ブラック/ピンクでは本体がアルミニウム製で、パープルの場合はステンレスという違いがあります。

Amazfit Activeカラーラインナップ
Amazfit Activeカラーラインナップ

スマートウォッチのサイズや解像度について比較してみましょう。画面サイズはActiveは1.75インチでスマートウォッチの中でも大きい部類に入ります。また画面解像度も341PPIと高いので、ディスプレイの視認性はかなり高いと思われます。

本体重量は36gと他2台と比較しても軽くなっています。装着感が気になる人には軽い方が気にならないと思います。

ActiveBalanceBip 5
画面サイズ1.75インチ1.5インチ1.91インチ
本体サイズ約43×36×11mm 36g46x46x11mm 52g46×38×11mm 40g
画面解像度341PPI323PPI260PPI
サイズと解像度の比較

バッテリーについて比較してみましょう。Amazfit Activeは標準的な使用で14日間とかなり長いです。更に省電力モードなら最長30日間まで延ばすことができます。旅行や出張で長い間充電できない状況でも、充電器を持ち歩かなくても良い程なのでかなり便利です。Amazfit Balanceも同じく標準的な使用で14日間、Amazfit Bip 5は少し短く10日間となります。Amazfitのスマートウォッチは他メーカーと比べてバッテリーライフが長いことが特徴です。「バッテリーライフが長い方が良い」という方にはAmazfit製品はとてもオススメです。

使用バッテリーライフ
標準的な使用14日間
省電力モード30日間
ハードな使用10日間
GPSの連続使用16時間
Amazfit Activeバッテリーライフ
最大2週間のロングバッテリー
最大2週間のロングバッテリー

搭載されているセンサーを見てみましょう。3機種を比較した結果が下の表の通りです。値段に比例してセンサーの数が増えています。Amazfit Activeは、GPSは円偏波GPSアンテナ+5衛星測位(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS)、その他センサーは加速度センサー、地磁気センサー、温度センサーが搭載されています。

これらのセンサーは主にランニングをするときに活躍します。スマートフォンを持ち歩かなくても、ランニングのデータを取得できるので、ランナーにとってはありがたい機能です。逆にランナーでない方にとってはあまりありがたみを感じないかもしれません。そんな方にはBip 5の方がオススメです。

ActiveBalanceBip 5
GPS円偏波GPSアンテナ
5衛星測位(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS)
円偏波GPSアンテナ
6衛星測位(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS、NavIC)
4衛星測位システム
GPS、GLONASS、GALILEO、QZSS
センサー加速度センサー、地磁気センサー、温度センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧センサー、環境光センサー、温度センサ加速度センサー
センサー類の比較

最後に文字盤の種類を比較しましょう。Activeは100種類、Balanceは200種類、Bip 5は50種類となります。文字盤の種類は多ければ多いほど選択肢が増えて、あなた好みの文字盤が見つかる可能性が高まります。Activeは、Balanceほどではありませんが十分な種類があります。

文字盤ラインナップ
文字盤ラインナップ

最後に、本章で比較検討した3モデルを比較表にまとめます。

ActiveBalanceBip 5
参考価格¥23,900¥41,900¥14,800
カラーブラック/ピンク/パープルグレー/ブラックブラック/ホワイト/ピンク
画面サイズ1.75インチ1.5インチ1.91インチ
本体サイズ約43×36×11mm 36g46x46x11mm 52g46×38×11mm 40g
画面解像度341PPI323PPI260PPI
素材シリコン:アルミニウム合金+プラスチック
ヴィーガンレザー:ステンレス+プラスチック
アルミニウム合金製ミドルフレーム、繊維強化ポリマー製ボトムシェルプラスチック
物理ボタン1つ2つ1つ
接続Bluetooth 5.2 BLE無線LAN 2.4GHz、Bluetooth 5.0Bluetooth 5.2 BLE
バッテリー300mAh475 mAh300 mAh
充電方式マグネット式充電マグネット式充電マグネット式充電
連続使用日数最大14日間最大14日間最大10日間
防水5ATM5ATMIP68
GPS円偏波GPSアンテナ
5衛星測位(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS)
円偏波GPSアンテナ
6衛星測位(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS、NavIC)
4衛星測位システム
GPS、GLONASS、GALILEO、QZSS
センサー加速度センサー、地磁気センサー、温度センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧センサー、環境光センサー、温度センサ加速度センサー
文字盤100種類以上200種類以上50種類以上
価格、ハード面の比較

スマート機能を比較

Amazfit Active おすすめポイント

  • スマホの着信や通知を受け取ることができる。
  • Androidスマホなら、通知への返信もできる。
  • ウォッチ内に音楽を保存することができる。

Amazfit Activeは、スマホへの着信や通知を受け取ることができます。詳しく説明すると「着信通知」「アプリやメッセージの通知」「電話の受発信」「通知へのクイック返信」が可能です。これらの機能は、スマートウォッチを使用する際の利便性を大幅に向上させ、ユーザーのライフスタイルにより適合するように設計されています。

とくに便利なのは「通知へのクイック返信」だと思います。スマートフォンからの通知に対してスマートウォッチから直接返信する機能です。これにより、メッセージに対して素早く返信することが可能になります。ただし、この機能はAndroidデバイスでのみ利用可能で、iOSデバイスでは利用できないことに注意してください。

なお、これらの機能はBalance、Bip 5にも搭載されています。

通知の表示
通知の表示

Activeは、Amazon Alexaを使うことができます。Alexa機能を使うと、以下のような操作が可能です。

  1. 天気情報の確認: Alexaに都市の天気を尋ねることができます。
  2. リマインダーの追加: Alexaにリマインダーを設定するよう指示することができます。
  3. インターネットでの情報検索: Alexaにインターネットで情報を検索するよう指示することができます。
  4. アラームの設定: Alexaにアラームを設定するよう指示することができます。
  5. 情報の取得: Alexaに情報を提供するよう指示することができます³⁵。
  6. ToDoリストの追加: AlexaにToDoリストに項目を追加するよう指示することができます。
  7. 翻訳: Alexaに翻訳を行うよう指示することができます。
  8. スマートホームコマンド: Alexaにリビングルームの照明をつけるなどのスマートホームコマンドを実行するよう指示することができます。

なお、これらの機能はBalance、Bip 5にも搭載されています。

Amazon Alexa
Amazon Alexa

音楽の保存と再生について、Activeはスマートフォンの音楽プレーヤーを制御することができます。スマートフォンの音楽プレーヤーを開始すると、ウォッチは現在再生中の曲の情報と状態を自動的に取得します。ウォッチの音楽ポータルをタップして音楽制御インターフェースに入ると、曲を一時停止したり再生したり、前の曲や次の曲に切り替えたりすることができます。

さらに、Activeはウォッチ本体に音楽を保存することもできます。スマホを持っていない状況でもウォッチ経由で音楽を聴くことができるので、ランニングやトレーニングといったの運動中にスマホを持ち歩きたくない時に非常に便利です。

BalanceもActiveと同じように音楽の保存と再生機能が使えます。一方で、Bip 5はスマホの音楽を再生することはできますが、ウォッチ自体に音楽を保存することができないので注意が必要です。

最後に、本章で比較検討した3モデルを比較表にまとめます。

ActiveBalanceBip 5
着信通知
電話の受発信
アプリの通知
メッセージ通知
通知へのクイック返信AndroidのみAndroidのみAndroidのみ
Amazon Alexa
ウォッチ音楽保存×
スマホ音楽再生
スマート機能の比較

本記事で比較したスマートウォッチ

created by Rinker
Amazfit
¥19,900 (2024/05/27 20:56:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazfit
¥39,900 (2024/05/27 15:40:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazfit
¥12,580 (2024/05/28 13:53:35時点 Amazon調べ-詳細)

エクササイズ機能を比較

Amazfit Active おすすめポイント

  • 120種類のエクササイズに対応。7種類の運動は自動で認識。
  • Zepp CoarchやPeakBeatsがあなたの運動をサポート。
  • ランナー向けの機能がたくさん。

対応するエクササイズは、Activeが120種類以上、Balanceは150種類以上、Bip 5が120種類以上あります。Balanceが一番対応エクササイズは多いですが、ランニング・サイクリング・筋力トレーニングのような一般的なエクササイズは、どの機種でもサポートされているため、マイナーなスポーツをしていて、しかも運動情報を正確に取得したい人でない限り大きな違いはないと考えられます。

Activeが対応するエクササイズ

■ランニングとウォーキング
ランニング(屋外)、ウォーキング、ランニングマシン、ウォーキング(屋内)、運動場でのランニング

■サイクリング
サイクリング(屋外)、サイクリング(屋内)、自転車モトクロス

■水泳
水泳(プール)、オープンウォータースイミング

■屋外スポーツ
ロッククライミング、釣り、狩猟、スケートボード、ローラースケート、パルクール

■屋内スポーツ
エリプティカル、ローイングマシン、ステップミル、階段ステッパー、スピニング、フィットネス(屋内)、エアロビクスコンボ、クロストレーニング、エアロビクス、グループキャリステニクス、ボディコンバット、筋力トレーニング、ステップトレーニング、体幹トレーニング、柔軟トレーニング、自由トレーニング、HIIT、ヨガ、ピラティス、体操、鉄棒、平行棒、バトルロープ、ストレッチ

■ダンス
スクエアダンス、社交ダンス、ベリーダンス、バレエ、ストリートダンス、ズンバ、ラテンダンス、ジャズダンス、ヒップホップダンス、ポールダンス、ブレイクダンス、フォークダンス、ダンス、モダンダンス、ディスコ、タップダンス

■コンバットスポーツ
ボクシング、レスリング、武道、太極拳、ムエタイ、柔道、テコンドー、空手、キックボクシング、剣道、柔術、フェンシング

■球技
サッカー、ビーチサッカー、バスケットボール、バレーボール、ビーチバレー、野球、ソフトボール、ラグビー、ホッケー、卓球、バドミントン、テニス、スカッシュ、ゲートボール、クリケット、ハンドボール、ボウリング、ポロ、ラケットボール、ビリヤード、セパタクロー、ドッジボール、アイスホッケー、シャトルコック、インドアサッカー、フットバッグ、スポールブール、ペロタ、フロアボール

■水上アクティビティ
ボート(屋外)、セーリング、カヤック、ローイング、ドラゴンボート、インドアサーフィン、水上スキー

■ウィンタースポーツ
スケート(屋外)、スケート(屋内)、カーリング

■レジャースポーツ
フラフープ、フリスビー、ダーツ、スポーツカイト、綱引き、ジェンズ、eスポーツ、エアウォーカー、ブランコ、シャッフルボード、フーズボール、モーションセンシングゲーム

■ボードとカードのゲーム
チェス、チェッカー、開始(囲碁)、ブリッジ、ボードゲーム

■その他のスポーツ
縄跳び、アーチェリー、馬術


Activeは、スポーツの自動認識が搭載されています。これは特定のスポーツ活動を自動的に検出し、対応するワークアウトモードを自動的に有効にし、ワークアウトデータを記録する機能です。この機能は、ユーザーがエクササイズを始めたときに手動でトラッキングを開始する必要がなく、スマートウォッチが自動的にエクササイズを検出し、トラッキングを開始します。Amazfit Activeは、以下の7つのスポーツを自動的に認識することができます。

  1. ランニング(屋外)
  2. ランニングマシン
  3. ウォーキング
  4. ウォーキング(屋内)
  5. サイクリング(屋外)
  6. ローイングマシン
  7. エリプティカル

なお、Balanceは25種類、Bip 5はActiveと同じ7種類のエクササイズが対応しています。

自動認識エクササイズ
自動認識エクササイズ

Activeは、ユーザーのエクササイズをサポートする機能がいくつも搭載されています。Activeに搭載されているエクササイズ分析機能を紹介します。

  1. トレーニング分析: 運動後のワークアウトレポートを提供します。これにより、ユーザーは自分のパフォーマンスを詳細に分析し、改善点を見つけることができます。また、特定の指標(例えば、VO2 Max、トレーニング効果、トレーニング負荷など)を提供することで、ユーザーは自分のフィットネスレベルとトレーニングの効果をより深く理解することができます。
  2. 高度なランニングサポート: ランニング時に、ペースや心拍数などの情報を提供し、ランニングの効果を最大化できます。
  3. Zepp Coarch: AIの力を活用し、 あなたのスケジュール、ニーズ、目標に合わせてパーソナライズされたワークアウトプランを生成。 トレーニングの強度を上げるタイミングや休息を取るタイミングをお知らせします。
  4. PeakBeats: ワークアウトが終了した後に、パフォーマンス、負荷、回復時間などの指標を提供します。これにより、ユーザーは自分のフィットネスレベルとトレーニングの効果をより深く理解することができます。
  5. インターバルトレーニング: 一定の間隔で高強度の運動と低強度の休息を繰り返すトレーニング方法です。このトレーニングによって、持久力の向上・肺活量の強化・脂肪燃焼などの効果が期待できます。具体的には、ウォッチ上でワークアウト項目を選択し「トレーニング」>「インターバルトレーニング」で選択できます。トレーニングメニューは、「休息」、「ループ数」をカスタマイズすることができます。
  6. ルートインポートとナビゲーション: Zeppアプリからルートファイルをインポートし、驚くほど正確に街をナビゲートします。
  7. 他フィットネスアプリと同期: アクティビティデータをZeppアプリ経由で、adidasRunning、Strava、komoot、Relive、AppleHealth、GoogleFitなどのフィットネスアプリに同期できます。
  8. 運動データのアナウンス: 運動中に、距離や時間などの情報を音声でアナウンスすることができます。ただし言語は英語か中国語のみです。
Zepp Coarch
Zepp Coarch

最後に、本章で比較検討した3モデルを比較表にまとめます。

ActiveBalanceBip 5
エクササイズ120種類以上150種類以上120種類以上
スポーツ自動認識7種類25種類7種類
トレーニング分析
高度なランニングサポート
Zepp Coarch×
PeakBeats
インターバルトレーニング
ルートインポートとナビゲーション×
他フィットネスアプリと同期
運動データのアナウンス
エクササイズ機能の比較

健康管理機能を比較

Amazfit Active おすすめポイント

  • 24時間健康をモニタリングしてくれる。
  • Amazfit独自の健康指標レディネススコア。
  • 豊富な健康リマインダー機能。

本章では、まず健康モニタリングについて分析します。

Amazfit製品は24時間ヘルスモニタリング機能が搭載されています。これは心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベルの3種類を管理できます。文字通り24時間一日を通してのこれら健康指標の推移を追うことができます。これは、Active、Balance、Bip 5の全てに搭載されています。

さらに、今この瞬間の健康状態が知りたいときのために、手動で1タップで簡単に健康チェックを実行する「ワンタップ測定」機能もあります。ActiveとBip 5は心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベルの3種類、Balanceのみ心拍数/ストレス/血中酸素レベル/呼吸数の4種類を計測することができます。

さらに、これらの指標を24時間監視して異常があるとウォッチが振動し、画面でその警告を表示してくれる「健康リマインダー」機能もあります。リマインダーするためのモニタリング周期は短いものから長いものまでカスタマイズすることができますが、モニタリング周期を短くするとバッテリー消費が激しくなるので注意が必要です。Active、Balance、Bip 5では心拍数の異常/低血中酸素/高ストレスレベル/呼吸エクササイズ/座り過ぎのリマインダーの5種類のリマインダーを受け取ることができます。

健康管理画面
健康管理画面

Amazfit製品の上位機種には体組成計機能が搭載されていますが、残念ながらActiveには搭載されていません。これは、ユーザーは自身の体脂肪率、筋肉量、基礎代謝などを短時間で測定できる機能です。ユーザーは自身の健康状態をより詳しく把握することができます。これにより、適切な運動や食事の調整を行うことで、より健康的なライフスタイルを送ることが可能となります。

本記事で比較するモデルでは、Balanceのみが「体組成計」機能はに対応しています。Amazfit BalanceはAIを搭載しており、ユーザーの日々のパフォーマンスに基づいてトレーニングスケジュールを週ごとに調整する機能も備えています。これにより、ユーザーは自身の体調や体組成の変化に合わせて適切なトレーニングを行うことができます。


Amazfitの新機種にはレディネススコアという機能が搭載され始めており、本記事で比較したモデルの内、ActiveとBalanceに搭載されています。

このスコアは、心拍数と心拍変動(HRV)、ストレス、睡眠中の呼吸の質と安静時心拍数(RHR)、体温、日常活動などのデータに基づいて、心身の疲労と回復を測定し、数値化したものです。具体的には、以下のような情報を元にスコアが計算されます:心拍数、心拍変動(HRV)、ストレス、睡眠中の呼吸の質、安静時心拍数(RHR)、体温。これらの情報を元に、あなたの心身の疲労と回復状態を評価し、それを数値化することで、あなたが新しい一日を迎える準備ができているかどうかを教えてくれます。これにより、ユーザーは自身の心身の状態をより詳しく把握し、適切な休息や活動を行うことが可能となります。

レディネススコア
レディネススコア

最後に、本章で比較検討した3モデルを比較表にまとめます。

ActiveBalanceBip 5
24時間モニタリング心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル
女性健康トラッキング
呼吸エクササイズ
ワンタップ測定心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル心拍数/ストレス/血中酸素レベル/呼吸数心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル
健康リマインダー心拍数の異常/低血中酸素/高ストレスレベル/呼吸エクササイズ/座り過ぎのリマインダー心拍数の異常/低血中酸素/高ストレスレベル/呼吸エクササイズ/座り過ぎのリマインダー心拍数の異常/血中酸素レベルの異常な低下/ストレスレベルの異常な上昇/ストレスを軽減する呼吸運動
体組成計××
体温モニタリング×
レディネススコア×
心拍数
血中酸素レベル
ストレス
睡眠の質のモニタリング
健康管理機能の比較

まとめ

Amazfitから発売された最新機種Amazfit Activeの性能を解説します。同じくAmazfitから発売されたBalance、Bip 5と比較します。Amazfitのスマートウォッチが気になっている方へ、判断材料になれば幸いです。本記事はAmazfit公式サイトの情報を元に制作しています。最新情報は公式サイトをご確認ください。

結論
Amazfit Activeのおすすめポイント

  • 画面が大きく見やすいのに、バッテリーは最大14日
  • スマホの通知に返信可能、Alexaも使える。
  • 120種類のエクササイズに対応。7種類の運動は自動で認識。
  • 24時間健康管理、異常が見つかったらリマインダーしてくれる。

↓本記事で紹介したスマートウォッチ↓

created by Rinker
Amazfit
¥19,900 (2024/05/27 20:56:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazfit
¥39,900 (2024/05/27 15:40:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Amazfit
¥12,580 (2024/05/28 13:53:35時点 Amazon調べ-詳細)
ActiveBalanceBip 5
参考価格¥23,900¥41,900¥14,800
カラーブラック、ピンク、パープルグレー、ブラックソフトブラック/クリームホワイト/パステルピンク
画面サイズ1.75インチ1.5インチ1.91インチ
本体サイズ約43×36×11mm 36g46x46x11mm 52g46×38×11mm 40g
画面解像度341PPI323PPI260PPI
素材シリコン:アルミニウム合金+プラスチック
ヴィーガンレザー:ステンレス+プラスチック
アルミニウム合金製ミドルフレーム、繊維強化ポリマー製ボトムシェルプラスチック
物理ボタン1つ2つ1つ
接続Bluetooth 5.2 BLE無線LAN 2.4GHz、Bluetooth 5.0Bluetooth 5.2 BLE
バッテリー300mAh475 mAh300 mAh
充電方式マグネット式充電マグネット式充電マグネット式充電
連続使用日数最大14日間最大14日間最大10日間
防水5ATM5ATMIP68
GPS円偏波GPSアンテナ
5衛星測位(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS)
円偏波GPSアンテナ
6衛星測位(GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS、NavIC)
4衛星測位システム
GPS、GLONASS、GALILEO、QZSS
センサー加速度センサー、地磁気センサー、温度センサー加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧センサー、環境光センサー、温度センサ
文字盤100種類以上200種類以上50種類以上
着信通知
電話の受発信
アプリの通知
メッセージ通知
通知へのクイック返信AndroidのみAndroidのみAndroidのみ
Amazon Alexa
ウォッチ音楽保存×
スマホ音楽再生
エクササイズ120種類以上150種類以上120種類以上
スポーツ自動認識7種類25種類7種類
トレーニング分析
高度なランニングサポート
Zepp Coarch×
PeakBeats
インターバルトレーニング
ルートインポートとナビゲーション×
他フィットネスアプリと同期
運動データのアナウンス
24時間モニタリング心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル
女性健康トラッキング
呼吸エクササイズ
ワンタップ測定心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル心拍数/ストレス/血中酸素レベル/呼吸数心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル
健康リマインダー心拍数の異常/低血中酸素/高ストレスレベル/呼吸エクササイズ/座り過ぎのリマインダー心拍数の異常/低血中酸素/高ストレスレベル/呼吸エクササイズ/座り過ぎのリマインダー心拍数の異常/血中酸素レベルの異常な低下/ストレスレベルの異常な上昇/ストレスを軽減する呼吸運動
体組成計××
体温モニタリング×
レディネススコア×
心拍数
血中酸素レベル
ストレス
睡眠の質のモニタリング
タイトルとURLをコピーしました