本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Amazfit BalanceとGTR 4の違いを比較レビューした

Amazfit BalanceとGTR 4の違いを比較レビューした

Amazfitの新作ハイエンドモデルAmazfit Balanceが発売されました。Amazfit のハイエンドモデルといえばGTR 4でしたが、どう変わったのでしょうか?Amazfit BalanceとGTR 4 の違いを比較レビューしてみました。

なお、本記事はAmazfit公式サイト情報を引用しています。最新情報は公式サイトよりご確認ください。

created by Rinker
Amazfit
¥39,900 (2024/05/27 15:40:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アマズフィット(Amazfit)
¥29,700 (2024/05/27 22:57:23時点 Amazon調べ-詳細)

本ブログでは、Amazfitスマートウォッチの解説をしています。

ハード面を比較してみた

Amazfit Balanceまとめ

  • Balanceは本体サイズは小さいながらも、シリーズ最大の1.5インチの大画面
  • Balanceのディスプレイは従来機の1.5倍の明るさで、屋外でも見やすい
  • バッテリーは標準的な使用条件で14日間
  • Balanceは新たに温度センサーが搭載されている

価格を比較してみましょう。Amazfit Balanceは¥41,900、Amazfit GTR 4は¥33,000(記事執筆時)です。Balanceの方が約9,000円高くなっています。これは後述する性能や機能の違いです。Amazfit Balanceの方が、ハード・ソフト面ともに充実しているためです。

サイズを比較してみましょう。Amazfit Balanceは本体サイズは46x46x10.6mm 45gで、画面はAMOLED 1.5インチです。Amazfit GTR 4は本体サイズは46.7×46.7×11.9mm 47gで、画面はAMOLED 1.39インチです。Balanceの方が本体は小さく軽いですが、縁が狭く作られているので画面サイズはGTR 4よりも大きくなっています。小さいながらも画面が大きくて見やすいのがAmazfit Balanceの特徴です。

画面の明るさを比較してみましょう。Amazfit Balanceは最大1,500nits、Amazfit GTR 4は最大1,000nitsの明るさです。調べたところ、一般的なスマートフォンが~1000nitsとのことです。GTR 4は一般的なスマートフォンレベルの明るさ、Balanceはさらにその1.5倍も明るくなります。太陽の日差しが強い屋外で、スマートフォンの画面が見づらいと感じる方にはBalanceの方が明るく見えておすすめです。

バッテリー性能を比較してみましょう。様々なモードがあるので表にしてまとめました。表のとおり、Amazfitスマートウォッチは最大50日程度の長時間連続使用が可能なのが特徴です。BalanceもGTR 4も若干の違いこそあれ、使用モードと連続使用時間はほぼ同じです。どちらも優劣はないでしょう。

なお、BalanceもGTR 4も専用のマグネット式の充電器を使い、充電時間はおよそ2時間になります。充電器が専用でUSB-Cなどの一般的なものではないので、出先で充電するときは充電器を持ち運ぶことを忘れないように注意が必要です。

Amazfit BalanceAmazfit GTR 4
連続使用日数・標準的駆動:最大 14 日間
・ハードな使用:最大 7 日間
・省電力モード:最大 25 日間
・時計モード:最大 50 日間
・高精度GPSモード:最大26時間
・省電力GPSモード:最大52時間
・標準的駆動:最大 14 日間
・ハードな使用:最大 7 日間
・省電力モード:最大 24 日間
・時計モード:最大 50 日間
・高精度 GPS モード:最大 25 時間
・省電力 GPS モード:最大 52 時間
連続使用日数の比較
バッテリー性能
バッテリー性能

センサー類を比較してみましょう。センサーの種類が多ければ多いほど出来ることが増えます。

GPSはどちらもデュアルバンド円偏波、6 衛星測位システムを採用しています。デュアルバンド円偏波と6衛星測位システムの特徴について説明します。デュアルバンド円偏波技術は、円を描くようにらせん状に進む電波です。この技術は、高層ビルのある都市や高い木のある公園を走るとき、高い精度で動きを追跡します。6衛星測位システムは、複数の衛星からの信号を受信し、地球上の位置を測定します。スマートウォッチでこの高い精度のGPSを搭載している機種は少ないので、ランニングやサイクリングでの距離やタイムを正確に測りたい人にはBalanceとGTR 4はおすすめです。

位置測位
位置測位

その他のセンサーは下の表のとおりです。加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー、気圧センサー、環境光センサーはBalanceもGTR 4も共通で備えていますが、温度センサーはBalanceのみ搭載しています。そのため、Balanceでは本体裏に搭載されたセンサーから体の表面温度を測定することができます。

Amazfit BalanceAmazfit GTR 4
GPSデュアルバンド円偏波
6 衛星測位システム
デュアルバンド円偏波
6 衛星測位システム
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
温度センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
連続使用日数の比較

最後に、Amazfit BalanceとGTR 4のハード面の比較を一覧表にしてまとめます。

Amazfit BalanceAmazfit GTR 4
参考価格¥41,900¥33,000
カラー・サンセットグレー
・ミッドナイト
・スーパースピードブラック
・ヴィンテージブラウンレザー
画面サイズAMOLED 1.5インチAMOLED 1.39インチ
本体サイズ46x46x10.6mm 45g46.7×46.7×11.9mm 47g
明るさ1500nits1000nits
素材アルミニウム合金製ミドルフレーム、繊維強化ポリマー製ボトムシェルアルミ合金製ミドルフレーム、
高光沢塗装PCボトムシェル
物理ボタン22
接続WLAN 2.4GHz、Bluetooth 5.0WLAN 2.4GHz、Bluetooth 5.0
バッテリー475 mAh440 mAh
充電方式マグネット式 2時間マグネット式 2時間
連続使用日数・標準的駆動:最大 14 日間
・ハードな使用:最大 7 日間
・省電力モード:最大 25 日間
・時計モード:最大 50 日間
・高精度GPSモード:最大26時間
・省電力GPSモード:最大52時間
・標準的駆動:最大 14 日間
・ハードな使用:最大 7 日間
・省電力モード:最大 24 日間
・時計モード:最大 50 日間
・高精度 GPS モード:最大 25 時間
・省電力 GPS モード:最大 52 時間
防水5ATM5ATM
GPSデュアルバンド円偏波
6 衛星測位システム
デュアルバンド円偏波
6 衛星測位システム
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
温度センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
ハード面比較表

スマート機能を比較してみた

スマートウォッチ機能
スマートウォッチ機能

Amazfit Balanceまとめ

  • 電話の着信、スマホアプリやメッセージの通知ができる
  • Androidのみ、クイック返信ができる
  • スマートフォンとスマートウォッチに保存した音楽の操作ができる
  • Balanceのみ、DNDモードの同期ができる

スマホ通知と返信機能はBalanceもGTR 4も同じです。電話の着信、スマホアプリの通知、メッセージ(SMSやLINEなど)の通知をスマートウォッチで受け取ることができます。通知を受けるとスマートウォッチが振動して画面に通知内容が映し出されます。電話の着信なら、相手の名前か電話番号を確認することができます。スマホアプリやメッセージの通知なら、その内容を大まかに把握することができます。メッセージの場合、文章が長いと最初の文字だけが表示されるので文章をきちんと確認したい場合はスマートフォンから確認しましょう。

なお、BalanceもGTR 4もAndroidスマートフォンでのみ通知へのクイック返信が可能です。クイック返信とは、あらかじめ作っておいた定型文で返信する機能です。例えば、SMSやLINEで連絡を受けたときに「わかりました」「了解!」のようなメッセージをスマートウォッチだけで返信することができます。忙しい時や手がふさがっていてスマートフォンを操作するのが難しいときに重宝します。著者である私もこの機能にはとてもお世話になっています。iPhoneユーザーは残念ながらこの機能は使えないそうです。

音声アシスタントとして、BalanceもGTR 4もAmazon Alexaを搭載しています。スマートウォッチ本体にスピーカーとマイクを搭載しているため、スマートウォッチに話しかけることで、指で操作をしなくても指示をすることができます。著者も、車で移動中に調べものをしたいときや、寝る直前にアラーム設定が面倒なときに声でアラームを設定することができるので非常に便利です。もちろん、Alexaをホームデバイスに接続することで、家電を操作するということも可能です。

音楽再生について、BalanceもGTR 4もスマートフォンの音楽再生ソフト(Spotify、Prime Music、Youtubeなど)の操作と、スマートウォッチ内に保存した音楽を操作することが可能です。どちらの機能でも音楽の再生・停止・送り・戻り・音量調整が可能です。スマートウォッチ内への音楽保存は、スマートフォンを持ち歩かずに音楽を楽しめるので、ランニングやサイクリングなどで活躍します。およそ2GBの容量です。あまり多くの曲数は保存できませんが、ランニングやサイクリングをしている間に聞く分には十分でしょう。

DND(Do Not Disturb)モードについて解説します。DNDモードとは “Do Not Disturb” の略で、「邪魔しないで」という意味があります。この機能はスマートウォッチの通知や振動をしないように制限する機能で、ユーザーが集中したい時や睡眠時など邪魔されたくないときに便利です。BalanceでのみDNDの同期が可能です。DNDモードの同期とは、特定のデバイス間でDND(Do Not Disturb)設定を一致させることを指します。例えば、スマートフォンとスマートウォッチの間でDND設定を同期すると、スマートフォンがDNDモードに設定されたとき、スマートウォッチも自動的にDNDモードになります。

最後に、Amazfit BalanceとGTR 4のスマート機能の比較を一覧表にしてまとめます。

Amazfit BalanceAmazfit GTR 4
文字盤200種類200種類
着信通知
電話の受発信
アプリの通知
メッセージ通知
通知へのクイック返信通話、SMS、LINEなど ※Androidのみ通話、SMS、LINEなど ※Androidのみ
Amazon Alexa
ウォッチ音楽保存
スマホ音楽再生
DND(Do Not Disturb)モード
DND(Do Not Disturb)の同期×
スマート機能の比較表
created by Rinker
Amazfit
¥39,900 (2024/05/27 15:40:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アマズフィット(Amazfit)
¥29,700 (2024/05/27 22:57:23時点 Amazon調べ-詳細)

エクササイズ・健康機能を比較してみた

エクササイズ機能
エクササイズ機能

Amazfit Balanceまとめ

  • 150種類のエクササイズに対応。25種筋トレ+8スポーツを自動で認識して計測してくれる。
  • 「Zepp Coarch」「PeakBeats」という独自のエクササイズ機能がある
  • リフレッシュ、集中、リラックスを目的とした3種類の呼吸エクササイズ
  • 本体裏面にあるセンサーを使った体表面温度測定
  • 体脂肪率、筋肉量、基礎代謝、骨量、タンパク質、BMIを計測する体組成機能
  • 心身の疲労と回復状態を評価し数値化するレディネススコア

エクササイズの分析機能について、BalanceもGTR 4も150種類以上のエクササイズに対応しており、エクササイズによるカロリー消費や移動距離などを分析することができます。ランニングやサイクリングなどの一般的なエクササイズから、ダンス、水上スポーツ、ウインタースポーツ、トライアスロンなどの数多くのスポーツに対応しているのが特徴です。公式Webページを見ると、チェスなどのボードゲームにも対応しているようです。著者はボードゲームで使ったことはないですが、タイムキープなどをしてくれるそうです。

さらに、25種類の筋力トレーニングとスポーツでは自動で認識して計測をしてくれることも可能です。著者は筋力トレーニングでこの機能を良く使っています。筋力トレーニングを自動的に認識し、その回数を数えることができます。Zeppアプリからもトレーニングのバリエーションを調整可能。セット間の休憩もトラッキングします。ワークアウト後は、トレーニング効率を可視化できるように、運動した筋肉群と運動時間を表示します。

エクササイズ機能
エクササイズ機能

BalanceもGTR 4も高度なランニングサポートが充実しています。「トラックランモード」では、ラップごとに時間、距離、平均ペースなどの専門的なパフォーマンスデータを取得できます。ランニング中、測位信号が一時的に弱くなった場合は走っているレーンに基づき時計のアルゴリズムが自動的に軌道と距離を調整します。「インターバルトレーニング」ではウォッチ上で10種類のスポーツからインターバルトレーニングテンプレートを作成できます。継続時間、心拍数、消費カロリー、距離などの指標に基づいて、自動的にワークアウトのトレーニングステージを変更します。

高度なランニングサポート
高度なランニングサポート

BalanceもGTR 4も「Zepp Coarch」と「PeakBeats」という独自のソフトが使えます。「Zepp Coarch」では、独自開発のスマートコーチングアルゴリズムを使って、ユーザーに合わせたアドバイスやガイダンスを提供し、効果的なトレーニングを行い、健康的なライフスタイルをサポートすることができます。具体的には、運動記録や習慣に基づいてトレーニング計画をカスタマイズし、運動の習慣化のお手伝いをします。AIを活用したオーダーメイドのガイダンスを提供し、あなたの身体的特徴、運動経験レベル、週に何回トレーニングしたいかに基づいて、パーソナライズされたトレーニングプランを生成し、より科学的なプランニング、トレーニング、リカバリーをサポートします。「PeakBeats」では、ワークアウトが完了すると、PeakBeatsワークアウトステータスアルゴリズムが最大酸素摂取量(VO2Max)、完全な回復時間、トレーニングの負荷・効果などのデータを表示します。回復、進捗、運動能力に影響を与えるパフォーマンス面の把握に役立ちます。

Zepp Coarch
Zepp Coarch

健康モニタリングについて、BalanceとGTR 4の共通機能は、心拍数/ストレス/血中酸素レベル/呼吸数のワンタップ測定と、心拍数の異常/低血中酸素/高ストレスレベル/呼吸エクササイズ/座り過ぎのリマインダーの健康リマインダーがあります。

ワンタップ測定
ワンタップ測定

このほか、Balanceのみの機能を紹介します。

Amazfit Balanceのみの健康機能

  • リフレッシュ、集中、リラックスを目的とした3種類の呼吸エクササイズ
  • 本体裏面にあるセンサーを使った体表面温度測定
  • 体脂肪率、筋肉量、基礎代謝、骨量、タンパク質、BMIを計測する体組成機能※
  • 心身の疲労と回復状態を評価し数値化するレディネススコア※※

Amazfit Balanceは、体組成計機能を搭載したスマートウォッチです。この機能により、ユーザーは自身の体脂肪率、筋肉量、基礎代謝などを短時間で測定することが可能となります。ユーザーは自身の健康状態をより詳しく把握することができます。これにより、適切な運動や食事の調整を行うことで、より健康的なライフスタイルを送ることが可能となります。また、Amazfit BalanceはAIを搭載しており、ユーザーの日々のパフォーマンスに基づいてトレーニングスケジュールを週ごとに調整する機能も備えています。これにより、ユーザーは自身の体調や体組成の変化に合わせて適切なトレーニングを行うことができます。

体組成機能
体組成機能

※※Amazfit Balanceには「レディネススコア」という新機能が搭載されています。このスコアは、心拍数と心拍変動(HRV)、ストレス、睡眠中の呼吸の質と安静時心拍数(RHR)、体温、日常活動などのデータに基づいて、心身の疲労と回復を測定し、数値化したものです。具体的には、以下のような情報を元にスコアが計算されます:心拍数、心拍変動(HRV)、ストレス、睡眠中の呼吸の質、安静時心拍数(RHR)、体温。これらの情報を元に、あなたの心身の疲労と回復状態を評価し、それを数値化することで、あなたが新しい一日を迎える準備ができているかどうかを教えてくれます。これにより、ユーザーは自身の心身の状態をより詳しく把握し、適切な休息や活動を行うことが可能となります。

レディネススコア
レディネススコア
Amazfit BalanceAmazfit GTR 4
エクササイズ150種類150種類
スポーツ自動認識25種筋トレ+8スポーツ25種筋トレ+8スポーツ
トレーニング分析
高度なランニングサポートトラックランモード 、スマートな軌道修正、インターバルトレーニングトラックランモード 、スマートな軌道修正、インターバルトレーニング
Zepp Coarch
PeakBeats
運動データのアナウンス有(英語・中国語)有(英語・中国語)
24時間モニタリング心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル
女性健康トラッキング
呼吸エクササイズ3種類(リフレッシュ、集中、リラックス)×
ワンタップ測定心拍数/ストレス/血中酸素レベル/呼吸数心拍数/ストレス/血中酸素レベル/呼吸数
健康リマインダー心拍数の異常/低血中酸素/高ストレスレベル/呼吸エクササイズ/座り過ぎのリマインダー心拍数の異常/低血中酸素/高ストレスレベル/呼吸エクササイズ/座り過ぎのリマインダー
表面温度測定×
体組成計×
体温モニタリング×
レディネススコア×
エクササイズ・健康機能の比較表

まとめ

Amazfitの新作ハイエンドモデルAmazfit Balanceが発売されました。Amazfit のハイエンドモデルといえばGTR 4でしたが、どう変わったのでしょうか?Amazfit BalanceとGTR 4 の違いを比較レビューしてみました。

created by Rinker
Amazfit
¥39,900 (2024/05/27 15:40:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アマズフィット(Amazfit)
¥29,700 (2024/05/27 22:57:23時点 Amazon調べ-詳細)

本ブログでは、Amazfitスマートウォッチの解説をしています。

最後に、本記事で比較した機能を一覧表にします。

Amazfit BalanceAmazfit GTR 4
参考価格¥41,900¥33,000
カラー・サンセットグレー
・ミッドナイト
・スーパースピードブラック
・ヴィンテージブラウンレザー
画面サイズAMOLED 1.5インチAMOLED 1.39インチ
本体サイズ46x46x10.6mm 45g46.7×46.7×11.9mm 47g
明るさ1500nits1000nits
素材アルミニウム合金製ミドルフレーム、繊維強化ポリマー製ボトムシェルアルミ合金製ミドルフレーム、
高光沢塗装PCボトムシェル
物理ボタン22
接続WLAN 2.4GHz、Bluetooth 5.0WLAN 2.4GHz、Bluetooth 5.0
バッテリー475 mAh440 mAh
充電方式マグネット式 2時間マグネット式 2時間
連続使用日数・標準的駆動:最大 14 日間
・ハードな使用:最大 7 日間
・省電力モード:最大 25 日間
・時計モード:最大 50 日間
・高精度GPSモード:最大26時間
・省電力GPSモード:最大52時間
・標準的駆動:最大 14 日間
・ハードな使用:最大 7 日間
・省電力モード:最大 24 日間
・時計モード:最大 50 日間
・高精度 GPS モード:最大 25 時間
・省電力 GPS モード:最大 52 時間
防水5ATM5ATM
GPSデュアルバンド円偏波
6 衛星測位システム
デュアルバンド円偏波
6 衛星測位システム
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
温度センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
気圧センサー
環境光センサー
文字盤200種類200種類
着信通知
電話の受発信
アプリの通知
メッセージ通知
通知へのクイック返信通話、SMS、LINEなど ※Androidのみ通話、SMS、LINEなど ※Androidのみ
Amazon Alexa
ウォッチ音楽保存
スマホ音楽再生
DND(Do Not Disturb)モード
DND(Do Not Disturb)の同期×
エクササイズ150種類以上150種類
スポーツ自動認識25種筋トレ+8スポーツ25種筋トレ+8スポーツ
トレーニング分析
高度なランニングサポートトラックランモード 、スマートな軌道修正、インターバルトレーニングトラックランモード 、スマートな軌道修正、インターバルトレーニング
Zepp Coarch
PeakBeats
運動データのアナウンス有(英語・中国語)有(英語・中国語)
24時間モニタリング心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル心拍数/血中酸素レベル/ストレスレベル
女性健康トラッキング
呼吸エクササイズ3種類(リフレッシュ、集中、リラックス)×
ワンタップ測定心拍数/ストレス/血中酸素レベル/呼吸数心拍数/ストレス/血中酸素レベル/呼吸数
健康リマインダー心拍数の異常/低血中酸素/高ストレスレベル/呼吸エクササイズ/座り過ぎのリマインダー心拍数の異常/低血中酸素/高ストレスレベル/呼吸エクササイズ/座り過ぎのリマインダー
表面温度測定×
体組成計×
体温モニタリング×
レディネススコア×
タイトルとURLをコピーしました