すべての平凡なサラリーマンに向けて、幸せになる解決策をお届けします。

NMAT・JMAT対策!時間切れにならないおすすめの解き方を解説(工程表)

NMAT・JMAT対策!時間切れにならないおすすめの解き方を解説(工程表) 仕事や日常に役立つスキル
NMAT・JMAT対策!時間切れにならないおすすめの解き方を解説(工程表)



NMAT・JMATとは
NMATとは「管理者適正検査」と呼ばれる検査のひとつで、中間管理職への昇進試験で多く使われる検査方法です。一方JMATは「中堅社員適正検査」と呼ばれ、中堅社員への昇進試験や中途採用で活用されています。

NMAT・JMATの構成

  • 検査Ⅰ:言語能力適正検査(国語) 約30分
  • 検査Ⅱ:非言語能力適正検査(数学) 約40分
  • 検査Ⅲ:性格検査
  • 検査Ⅳ:指向検査 Ⅲ,Ⅳ合わせて40分

検査Ⅱカテゴリ
1.集合 2.割合 3.損益 4.推論 5.確率 6.速度 7.集合応用 8.図表読み取り 9.グラフ読み取り  10.工程表 11.フローチャート

この中でも「検査Ⅱ:非言語能力適正検査(数学)」は最も対策が必要です。

制限時間がかなり短いので、問題を素早く理解し、素早く計算する高い能力が求められます。本記事では、「10.工程表」について、例題を通じて、効率的でおすすめの解き方を解説します。

NMAT・JMATオススメの本

created by Rinker
¥1,650 (2021/10/22 20:05:15時点 Amazon調べ-詳細)

NMAT/JMAT
「NMAT/JMAT」の記事一覧です。




工程表の例題

例題
ある製造工程はAからFの6つの作業から成り立っている。それぞれの作業には以下の条件がある

  • 作業Cに取り掛かる前に作業Aが終わっていること
  • 作業Dに取り掛かる前に作業AとBが終わっていること
  • 作業Eに取り掛かる前に作業Dが終わっていること
  • 作業Fに取り掛かる前に作業CとEが終わっていること

それぞれの作業日数は以下の通りである。

NMAT・JMAT対策!時間切れにならないおすすめの解き方を解説(工程表)
  • 問1:全作業が終了する最短日数は何日か?
  • 問2:予定通りに全作業が終了すると、作業Cと並行する作業は何か?
  • 問3:1日休んでも全作業の終了日程に影響のない作業はどれか?
  • 問4:作業Fが作業Eの終了を待つ必要がない時、全作業は何日短縮されるか?

ポイント
工程表を書き出そう。

問1:全作業が終了する最短日数は何日か?

横軸に作業日数を、縦軸にそれぞれの作業を並べます。問題文の条件に注意しながら日程表を作ると、以下のようになります。制約条件は矢印を使うと理解しやすいのでオススメです。

NMAT・JMAT対策!時間切れにならないおすすめの解き方を解説(工程表)

工程表の最後の作業の終了日を確認します。

答え:19日

問2:予定通りに全作業が終了すると、作業Cと並行する作業は何か?

この問題は、問1で工程表を作っておけば簡単に解けます。

NMAT・JMAT対策!時間切れにならないおすすめの解き方を解説(工程表)

工程表でCと並列している作業を確認します。

答え:作業Dと作業E

問3:1日休んでも全作業の終了日程に影響のない作業はどれか?

この問題も、問1で作った工程表を使うと便利です。

NMAT・JMAT対策!時間切れにならないおすすめの解き方を解説(工程表)

工程表の矢印が真下に伸びている工程は、1日休むとその分だけ全作業の終了日程が遅れてしまいます。

つまり、①矢印が斜めに伸びている工程、②矢印が出ていない工程、が1日休んでも問題ない工程になります。

この問題では②矢印が出ていない工程は存在しないので、①矢印が斜めに伸びている工程を答えます。

答え:工程B、工程C

問4:作業Fが作業Eの終了を待つ必要がない時、全作業は何日短縮されるか?

問題文から、作業Fは作業Cと作業Eの終了を待っていることが分かります。作業Eの終了を待つ必要がないということは、作業Cだけの終了を待つ必要があるということです。つまり、以下のような工程表になります。

NMAT・JMAT対策!時間切れにならないおすすめの解き方を解説(工程表)

答え:17日

まとめ

本記事では、NMAT・JMATの検査Ⅱ:非言語能力適正検査(数学)の効率的な解き方を紹介しました。

NMAT・JMATとは
NMATとは「管理者適正検査」と呼ばれる検査のひとつで、中間管理職への昇進試験で多く使われる検査方法です。一方JMATは「中堅社員適正検査」と呼ばれ、中堅社員への昇進試験や中途採用で活用されています。

カテゴリ
1.集合 2.割合 3.損益 4.推論 5.確率 6.速度 7.集合応用 8.図表読み取り 9.グラフ読み取り  10.工程表 11.フローチャート

本記事では、「10.工程表」について、例題を通じて、効率的でおすすめの解き方を解説しました。

NMAT・JMATオススメの本

created by Rinker
¥1,650 (2021/10/22 20:05:15時点 Amazon調べ-詳細)

関連リンク