本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

GARMIN Forerunner 165/165 Music 比較:最新モデルの特徴と選び方

GARMIN Forerunner 165

ガーミンのランニングウォッチForerunner 165/165 Musicの特長や比較、音楽機能の活用法について詳しく解説します。ランニング愛好家やウェアラブルデバイスに興味がある方にとって、Forerunner 165/165 Musiccの優れた機能や使い方を知ることは重要です。また、ガーミンの他のデバイスとの違いや購入を検討する際のポイントについても考察します。Forerunner 165/165 Musicを購入を検討されている方や既にお持ちの方に役立つ情報をお届けします。

特徴
特徴
created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥35,849 (2024/05/27 17:54:04時点 Amazon調べ-詳細)

ガーミン Forerunner 165/165 Musicの基本機能の違いは?

Forerunner 165/165 Musicを使い始める際の基本的な機能について解説します。運動や音楽の楽しさを最大限に引き出すためのポイントを押さえましょう。

Forerunner 165/165 Musicの基本機能

GARMIN Forerunner 165/165 Music
GARMIN Forerunner 165/165 Music

Forerunner 165の基本機能

  • ディスプレイ: 1.2インチの鮮やかなAMOLEDディスプレイを搭載しています。色鮮やかで見やすく、タッチ操作とボタン操作に対応しています。
  • トレーニング機能: トレーニング効果やリカバリー具合を測定できます。また、Garminコーチを利用して、距離やタイム、具体的なレースなどの目標を入力すると、ランニングプログラムやワークアウトを提案してもらえます。
  • GPS機能: 内蔵GPSにより、時間、距離、ペース、速度を計測できます。
  • バッテリー: スマートウォッチモードで約11日間、GPSモードで約19時間稼働します。
  • 防水機能: 5ATM (50m防水)の防水機能を備えています。

Forerunner 165 “Music” の追加機能

  • 音楽再生機能: Spotify、Amazon Music、LINE MUSICなどの一部のプレミアム音楽配信サービスからプレイリストを同期できます。本体に最大450曲を保存可能です。
  • Wi-Fi機能: Wi-Fi接続が可能で、これにより音楽のダウンロードやソフトウェアの更新が容易になります。

以上が、大まかな機能をまとめたものになります。詳しい機能を解説していきます。

ディスプレイ

AMOLEDディスプレイ
AMOLEDディスプレイ

Forerunner 165/165 Musicは、従来のモデルと比較してディスプレイの見やすさが大きく向上しています。1.2インチの鮮やかなAMOLEDディスプレイを搭載しています。このディスプレイは色鮮やかで奥行き感があり、直射日光下でも見やすい設計となっています。

さらに、操作感も従来のモデルと比較して大きく向上しています。従来モデルは本体横の物理ボタンのみでの操作でしたが、Forerunner 165/165 Musicは、ディスプレイを直接タッチ操作で直感的に操作することが可能です。もちろん、物理ボタンでの操作も可能です。ランニング中は物理ボタンで、それ以外ではタッチ操作で、と使い分けると便利です。

トレーニング機能

Forerunner 165/165 Musicの最大の特徴は、トレーニング機能の豊富さになります。特にランナー向けの機能が充実しています。他社製品と比較しても、ここまでトレーニング機能が充実したスマートウォッチはなかなかお目にかかれません。

  1. Garminコーチ: 無料アプリ「Garmin Connect Mobile」で距離やタイム、具体的なレースなど目標を入力すると、ランニングプログラムやワークアウトを提案してもらえます。
  2. ランニングパワーとランニングダイナミクス: 手首ベースでの「ランニングパワー」を搭載し、どれだけのパワーを発揮しているかを計測できます。また、ピッチや歩幅、接地時間(GCT)などのランニングフォームに関する指標を計測できる「ランニングダイナミクス」機能も搭載しています。
  3. PacePro: 目標タイムや好みのペース配分、コースデータに基づいてガイドしてもらえるので、ペースランナーのような役割を果たしてもらえます。
  4. おすすめワークアウト: 現在のトレーニング負荷に基づいて、フィットネスレベルを考慮したランとバイクのワークアウトメニューを提案してもらえます。
  5. VO2 Max(最大酸素摂取量): パフォーマンスの指標である最大酸素摂取量を計測します2。
  6. トレーニング効果: 有酸素および無酸素トレーニングの効果に関するフィードバックから、ワークアウトが持久力やスピード、体力にどのような影響を与えているか確認できます。
  7. リカバリーアドバイザー: ランニング後、次のトレーニング/ワークアウトまでの休息時間を教えてくれます。

以上の機能により、ユーザーは自身のトレーニングをより効果的に行うことができます。ただし、上記の機能は一部であり、その他にも多くの機能が搭載されています12。詳細な情報は、ガーミンの公式ウェブサイトや製品マニュアルをご覧ください。

トレーニング機能
トレーニング機能

GPS機能

GPS
GPS

ガーミンのスマートウォッチForerunner 165/165 Musicは、高精度なGPS機能を備えています。以下に主なGPS機能をご紹介します。

  1. 高精度なGPS測位: Forerunner 165/165 Musicは、GPS、GLONASS、Galileo、みちびき(補完信号)の4つの衛星を使った測位システムで、精密な位置情報を提供します。
  2. ロングバッテリー: GPSモードで約19時間、スマートウォッチモードで約12日間の稼働時間を実現します。
  3. PacePro機能: 目標タイムや好みのペース配分、コースデータに基づくガイドで、ペースを保つのに役立ちます。
  4. コース機能: Garmin Connect Mobileアプリでコースを検索したり、自分でコースを作成してウォッチに読み込むことができます。
  5. LiveTrack機能: ランニング中のあなたの現在地や心拍数などの情報を、友人や家族にリアルタイムで知らせることができます。

ただし、Forerunner 165/165 Musicは「GNSSマルチバンド」に非対応ということで、位置情報の精度が上位モデルと比べて高くありません。たとえば青空が広がる河川敷で走るなら、GNSSマルチバンドに対応していなくても問題ありませんが、ビルの中を走るような場合には、位置情報が不安定になります。

以上の機能により、ユーザーは自身のトレーニングをより効果的に行うことができます。ただし、上記の機能は一部であり、その他にも多くの機能が搭載されています。詳細な情報は、ガーミンの公式ウェブサイトや製品マニュアルをご覧ください。

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥35,849 (2024/05/27 17:54:04時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリー

バッテリーライフ
バッテリーライフ

ガーミンのスマートウォッチForerunner 165/165 Musicは、バッテリーライフに優れています。以下に主なバッテリーライフについてご紹介します。

  1. GPSモード: GPSモードでは約19時間の稼働時間を実現しています。これは、長時間のアウトドアアクティビティやトレーニングに対応できる時間です。
  2. スマートウォッチモード: スマートウォッチモードでは約12日間の稼働時間を実現しています。これは、日常的な使用において充電の頻度を減らすことができる時間です。

これらのバッテリーライフは、使用状況や設定、バッテリーの経年劣化などにより異なる場合があります。また、GPSモードやスマートウォッチモード以外のモード(例えば音楽再生モードなど)を使用すると、バッテリーライフはさらに短くなる可能性があります。

以上の情報は一部であり、詳細な情報はガーミンの公式ウェブサイトや製品マニュアルをご覧ください。

防水機能

ガーミンのスマートウォッチForerunner 165/165 Musicは、優れた防水性能を備えています。具体的には、以下の特徴があります。

  • 防水機能: Forerunner 165/165 Musicは5ATM(50m防水)の防水性能を持っています。これは、日常生活での水仕事や雨天時のランニング、さらにはプールでのスイミングなどにも対応しています。

ただし、50m防水とは、静水圧で50mまで耐えられるという意味であり、実際の水深50mで使用できるわけではありません。また、潜水や高速で水面を移動するウォータースポーツなどには適していません。

以上の情報は一部であり、詳細な情報はガーミンの公式ウェブサイトや製品マニュアルをご覧ください。

音楽再生機能

Forerunner 165 Musicの追加機能である音楽再生機能について解説します。ガーミンのスマートウォッチForerunner 165 Musicは、音楽再生機能を備えています。以下に主な音楽再生機能をご紹介します。

  1. 音楽保存: Forerunner 165 Musicでは、本体に最大450曲を保存することが可能です。これにより、スマートフォンを持たずに音楽を楽しむことができます。
  2. ストリーミングサービス対応: Spotify、Amazon Music、LINE MUSICなどの一部のプレミアム音楽配信サービスからプレイリストを同期することができます。これにより、最新の楽曲を楽しむことができます。
  3. Bluetoothイヤホン対応: Bluetoothイヤホン(別売)を使って、スマートフォンなしで音楽を再生できます。

以上の機能により、ユーザーはランニング中でもお気に入りの音楽を楽しむことができます。ただし、上記の機能は一部であり、その他にも多くの機能が搭載されています。詳細な情報は、ガーミンの公式ウェブサイトや製品マニュアルをご覧ください。

音楽再生機能(165Musicのみ)
音楽再生機能(165Musicのみ)

Wi-Fi機能

Forerunner 165 Musicの追加機能であるWi-Fi機能について解説します。

ガーミンのスマートウォッチForerunner 165 Musicは、Wi-Fi機能を備えています。以下に主なWi-Fi機能をご紹介します。

  • Wi-Fi接続: Forerunner 165 MusicはWi-Fi機能を搭載しています。これにより、ウォッチをWi-Fiネットワークに接続して、データの同期やソフトウェアの更新などを行うことができます。
  • 音楽の同期: Wi-Fi接続を利用して、Spotify、Amazon Music、LINE MUSICなどの音楽配信サービスからプレイリストを同期し、最大450曲を本体に保存することが可能です。

ただし、Wi-Fiの接続設定や使用方法は、ガーミンの公式ウェブサイトや製品マニュアルをご覧ください。また、Wi-Fiの接続状況や設定により、機能の利用が制限される場合があります。詳細な情報は、ガーミンの公式ウェブサイトや製品マニュアルをご覧ください。以上の情報は一部であり、その他にも多くの機能が搭載されています。詳細な情報は、ガーミンの公式ウェブサイトや製品マニュアルをご覧ください。

Forerunner 165/165 MusicのGPS機能の活用法

Forerunner 165/165 Musicに搭載されているGPS機能を上手に活用することで、ランニングやウォーキングなどのアクティビティの計測や記録を正確に行うことができます。GPS機能の特長や使い方を理解し、効果的に活用しましょう。

ガーミンのスマートウォッチForerunner 165/165 MusicのGPS機能は、ランニングやトレーニングをより効果的に行うための多くの活用法があります。

  1. 高精度な位置情報: Forerunner 165/165 Musicは、GPS、GLONASS、Galileo、みちびき(補完信号)の4つの衛星を使った測位システムで、精密な位置情報を提供します³。これにより、ランニングやサイクリングなどのアウトドアアクティビティでのルート追跡や距離計測が可能になります。
  2. PacePro機能: 目標タイムや好みのペース配分、コースデータに基づいてガイドしてもらえるので、ペースを保つのに役立ちます。これにより、レースやトレーニングでのペース配分を最適化することができます。
  3. コース機能: Garmin Connect Mobileアプリでコースを検索したり、自分でコースを作成してウォッチに読み込むことができます。これにより、新しいルートを探す際や、特定のルートでのパフォーマンスを追跡する際に役立ちます。
  4. LiveTrack機能: ランニング中のあなたの現在地や心拍数などの情報を、友人や家族にリアルタイムで知らせることができます¹²。これにより、安全性を確保したり、サポートクルーに現在位置を共有したりすることができます。

ただし、Forerunner 165/165 Musicは「GNSSマルチバンド」に非対応ということで、位置情報の精度が上位モデルと比べて高くありません。たとえば青空が広がる河川敷で走るなら、GNSSマルチバンドに対応していなくても問題ありませんが、ビルの中を走るような場合には、位置情報が不安定になります

Forerunner 165/165 Musicの音楽再生の楽しみ方

Forerunner 165/165 Musicでは、音楽を聴きながらトレーニングを楽しむことができます。お気に入りの曲をウォッチにダウンロードする方法や操作に慣れるコツなどを紹介し、トレーニング中のモチベーションアップに役立てましょう。

以下に、ガーミンのスマートウォッチForerunner 165 Musicの音楽再生機能を活用する具体的なシーンをいくつかご紹介します。

  1. ランニング中の音楽鑑賞: 朝のランニングを始める前に、Forerunner 165 Musicにお気に入りのプレイリストを同期します。Bluetoothイヤホンを接続し、ランニング中に音楽を楽しみます。音楽はランニングのリズムを整え、運動のモチベーションを上げる効果があります。
  2. トレーニングのリカバリー時: ハードなトレーニングの後、リカバリーのためにゆっくりとウォーキングをします。その際、Forerunner 165 Musicでリラックスできる音楽を流します。これにより、心地よいリカバリータイムを過ごすことができます。
  3. 自宅でのリラクゼーション: トレーニング後、自宅でリラクゼーションタイムを過ごす際にも、Forerunner 165 Musicで音楽を楽しむことができます。お茶を飲みながら、または読書をしながら、静かな音楽をバックグラウンドで流すことで、リラクゼーションタイムをより楽しむことができます。

以上のように、Forerunner 165 Musicの音楽再生機能は、ランニングやトレーニング、リラクゼーションタイムなど、さまざまなシーンで活用することができます。ただし、音楽の再生はバッテリーの消費を早める可能性があるため、バッテリーの残量を確認しながら使用することをおすすめします。

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥35,849 (2024/05/27 17:54:04時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

本ブログでは、ガーミンのスマートウォッチについて解説しています。

タイトルとURLをコピーしました