本ブログはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

GARMIN vivomode Trendと従来機種の違いは?解説・レビュー

GARMIN vivomode Trendと従来機種の違いは?

GARMINのスマートウォッチvivomoveシリーズは、アナログ時計のようなデザインで、スマート機能を備えたハイブリッドスマートウォッチとして知られています。

vivomoveシリーズの最新バージョンvivomove Trendとそれ以前のvivomoveシリーズの違いを詳しく説明します。下は、GARMINのvivomove Trendとvivomove3の違いを詳細に比較したものです。

項目vivomove Trendvivomove3
価格\45,000\30,000
スマートウォッチ機能充実している(通知の受信、音楽再生、天気情報の確認、カレンダーの同期、カメラリモートなど)比較的簡素(通知の受信のみ)
音楽再生ありなし
フィットネストラッカー機能充実している(ストレスレベルの追跡、心拍数測定、スポーツアプリの機能、スポーツアプリの自動検出など)基本的な機能のみ(歩数、消費カロリー、睡眠の追跡)
外観スタイリッシュで高級感のあるデザイン(ステンレススチールの筐体、カラフルな文字盤、手巻き式の時計針)シンプルでクラシックなデザイン(ステンレススチールの筐体、モノクロの文字盤、手巻き式の時計針)
バッテリー寿命最大5日間の使用が可能最大5日間の使用が可能
デザインの目線スタイリッシュで高機能なスマートウォッチを求めるユーザーに最適シンプルでクラシックなデザインが好みのユーザーに最適
vivomode Trendの従来機との比較
created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥45,273(2023/09/30 16:19:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥36,800(2023/09/30 16:19:17時点 Amazon調べ-詳細)

この表を見ると、vivomove Trendは高機能なスマートウォッチとしての機能を備え、スタイリッシュなデザインが特徴です。

音楽再生機能やカメラリモート機能を備えていることから、よりエンターテインメント性を重視するユーザーに最適です。一方、vivomove3は、より簡素なスマートウォッチであり、基本的なフィットネストラッカー機能を備えたクラシックなデザインが特徴です。

どちらのモデルを選ぶかは、ユーザーの好みや使い方によって異なりますが、vivomove Trendは、より高機能なスマートウォッチを求めるユーザーに最適であると言えます。

本記事では、より詳細にvivomove Trendを分析していきます。

vivomove Trendの製品仕様一覧

vivomove Trendの仕様の一覧は下の通りです。

サイズ(W×H×D)40.4×40.4×11.9mm
重量本体のみ 28.3g/シリコンストラップ含 43.3g
バンドサイズ20mm
ディスプレイ1.01×0.74インチ/254×346ピクセル モノクロLCD
レンズ素材ドーム型化学強化ガラス
バンド素材シリコン
操作方法タッチスクリーン
対応GPSコネクテッドGPS(互換性のあるスマートフォンとのペアリングが必要)
センサー光学式心拍計、気圧高度計、加速度計
防水機能5ATM(50m防水)
稼働時間スマートウォッチモード 最大約5日間、時計モード 最大約6日間
接続機能Bluetooth(R)、USB
ライフログ機能心拍数、呼吸数、Body Battery、睡眠スコア、フィットネス年齢、ストレス、消費カロリー、週間運動量、血中酸素トラッキング、生理周期、妊娠トラッキングなど
スポーツ機能ウォーク、ラン、カーディオ、バイク、筋トレ、ブレスワーク、ヨガ、プールスイム、ピラティス、トレッドミル、クロストレーナー、ステッパーなど14種類
スマート機能着信やLINEなどの通知機能、Suica、ワイヤレス充電
その他の機能事故検出援助要請機能
標準付属品チャージングケーブル、クイックスタートマニュアル
vivomove Trendの仕様の一覧

デザイン

vivomove Trendは、従来のvivomoveシリーズよりもスリムでスタイリッシュなデザインとなっています。vivomoveシリーズは、アナログ時計のようなデザインが特徴で、ステップ数やカロリー消費量を表示することができます。

最新作のvivomove Trendでは、タッチスクリーンを採用しており、より直感的に操作できます。フレームレスのタッチスクリーンを搭載しており、針が隠れることで、ステータスバーと通知の表示が可能になっています。また、タッチスクリーンのディスプレイにより、より直感的に操作ができるようになっています。

vivomove Trendのディスプレイ
参照元:vívomove Trend ハイブリッドスマートウォッチ | Garmin 日本

vivomove Trendは、従来モデルよりも一層モダンなデザインとなっており、スリムでシャープな針のデザインや、フレームレスのタッチスクリーンなどが特徴です。また、より多彩なカラーバリエーションがあり、異なるスタイルに合わせて選択することができます。vivomove Trendは、以下の4種類のカラーバリエーションがあります。vivomode 3は、ブラックとシルバーの2種類なのでゴールドやピンクのウォッチが欲しい方にはvivomove Trendがおすすめです。

vivomove Trendのカラーラインナップ
参照元:vívomove Trend ハイブリッドスマートウォッチ | Garmin 日本

機能

vivomoveシリーズは、ステップ数(万歩計機能)やカロリー消費量、睡眠時間などを追跡することができますが、vivomove Trendは、この他にも、血中酸素濃度の測定や、ボディバッテリーと呼ばれる疲労度合いの測定、GPSによるルートナビゲーションなどの機能を備えています。

vivomove Trendは、スマートウォッチとしての機能も充実しています。スマートフォンと接続することで以下の機能が使えます。

vivimove Trendで使えるスマートウォッチ機能

  • 通知の受信
  • 音楽の再生
  • 天気情報の確認
  • タイマーやストップウォッチ
  • リマインダーの設定
  • 音楽再生機能
  • カメラリモート機能
  • Suica
  • など

特に便利なのがSuica機能です。Suicaとの紐づけを行うことで、電車・バス・タクシー移動での支払い、コンビニなどでのショッピングの支払いが手元のウォッチだけで完結することができ、とても便利です。

vivomove Trendの機能
参照元:vívomove Trend ハイブリッドスマートウォッチ | Garmin 日本

vivomove Trendは、十分なバッテリーの持続時間があります。一度の充電で最大5日間使用可能です。さらに、ワイヤレス充電が可能なため、充電に関するストレスから解放されることでしょう。

vivomove Trendの充電
参照元:vívomove Trend ハイブリッドスマートウォッチ | Garmin 日本

価格

vivomove Trendは、それ以前のvivomoveシリーズに比べ、より高価なモデルとなっています。価格帯は、vivomove 3が\30,000から、vivomove Trendは\45,000となっています。

vivomove Trendは、より高機能でスタイリッシュなデザインとなっており、価格もそれに見合ったものとなっています。

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥45,273(2023/09/30 16:19:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥36,800(2023/09/30 16:19:17時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

以上が、vivomove Trendとそれ以前のvivomoveシリーズの違いの概要です。

vivomove Trendは、より高機能でスタイリッシュなデザインを備えたスマートウォッチとなっています。

一方、それ以前のvivomoveシリーズは、よりシンプルなデザインで、基本的な機能を備えたハイブリッドスマートウォッチとして位置付けられています。

どちらのモデルを選ぶかは、ユーザーの好みや使い方によって異なりますが、vivomove Trendは、より高機能でスタイリッシュなデザインが必要なユーザーには最適な選択肢となるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました