30代平凡サラリーマンが「本の要約」「Fitbit(スマートウォッチ)」「マイプロテイン」「PC作業効率化」「楽天・Amazonおすすめ」etc...を発信します

「嫌われる勇気」要約まとめ3【すべての悩みは他人との比較から】

「嫌われる勇気」要約まとめ3【すべての悩みは他人との比較から】 人生を豊かにする本の要約
「嫌われる勇気」要約まとめ3【すべての悩みは他人との比較から】



本記事を読むことで得られるメリット・教訓
・世界的名著を大まかに理解できる
・悩みの根源を知ることができる
・悩み→長所に変えるのはあなた次第

みなさんは悩みを抱えていますか?
悩みが1つもない!
という人はまずいないと思います。

書籍「嫌われる勇気」を職場で同僚から嫌われまくっていても全然悩まない私(ええぞう)が解説します。


楽天はこちら

前回の記事はコチラ
次の記事はコチラ
「嫌われる勇気」の解説記事はコチラ
他の本の解説記事はコチラ
おすすめ本はコチラ




すべての悩みは他人との比較から

悩み

  • 背が低い
  • せっかち
  • 髪が薄い
  • いつも肌が荒れてる

挙げたらキリがないですよね(^_^;)

これらはなんと! 全て「他人との比較」によって生まれます。

上で挙げた悩みの例は、こう言い換えることができます。

  • 同僚のアイツは背が高くて羨ましいなぁ。俺も背が高かったら…
  • 後輩の〇〇さんは、若いのに落ち着いてて大人っぽいなぁ。私は落ち着きがなくて子供っぽいなぁ…
  • □□部長は50歳なのにフサフサでいいなぁ。私は若ハゲでつらい…
  • 隣の家の奥さんは肌がきれいだからナチュラルメイクで羨ましいなぁ。私は肌が荒れてて鏡を見るたびに憂鬱…




そもそも人はなぜ悩むのでしょうか?本書ではその答えを以下のように考えています。

もし世界に人間があなた一人だったら、比べる相手がいないから悩みませんよね?つまり全ての悩みは他人と自分を比較するから起きるのです。

他人とあなたを比較してどうなると言うのでしょうか?あなたと他人は違う人間なのだから、そりゃ比較したら差は出ます。ときにはあなたのほうが劣っていると思うこともあるでしょう。でも比べたところでその差は埋まらないですよね?そしたら、悩むだけ無駄だと思いませんか?すごく損してるなぁと思いませんか?

悩み→長所に変える方法

では、どうしたら「悩み=他人との比較」から抜け出せるのでしょうか?

答えは簡単! 悩みを長所に変えてしまえばいいのです!

例えば、身長155cmの男性がいます。身長155cmという数値は「客観的な事実」です。それ自体に良いも悪いもありません。なぜならただの数字なのだから。

しかし本人は、「もっと背が高かったら人生が変わったかもしれない」と悩みます。友達に思い切って悩みを打ち明けると友達からは「背が低いことで相手に圧迫感を与えない、話しやすい雰囲気があって相手をくつろがせる才能だ」と評価されていたことがわかりました。

「もっと背が高かったら…」も「相手をくつろがせる才能だ」も、どちらも主観です。前々回の18℃の井戸水のお話と同じですね。あなたを悩ませている正体は「身長155cm」ではありません。「155cm」はただの数字です。悩みの正体はあなたの「主観的な解釈」です。

あなたが「身長155cmは悩みだ」と考えるから悩みになってしまうのです。「身長155cmは私の良いところだ」と思えば悩みではありません。

つまり悩むか・悩まないかはあなた自身の手で選ぶことができるのです。

あなたはどちらを選びたいですか?

悩み→長所に変える具体例

まだ、話が抽象的でわかりづらいかもしれません。具体的に「悩み」を「長所」に変えてみましょう。

悩み → 他人との比較

  • 背が低い → 背が高かったら異性にモテる
  • せっかち → 子供っぽく見られる
  • 髪が薄い → ふさふさなら女性にモテる
  • いつも肌が荒れてる → 肌がきれいなら自分に自信がもてる

悩み → 長所

  • 背が低い → 相手に威圧感を与えない
  • せっかち → 即決できる
  • 髪が薄い → ハゲネタで笑いが取れる
  • いつも肌が荒れてる → 肌荒れを隠せるファンデーションに詳しい

悩みのある人は、上の例のようにして、悩み→長所に言い換えてみましょう!

まとめ

悩みの根源は「他人との比較」
悩み→長所に変えるのはあなた次第

前回の記事はコチラ
次の記事はコチラ
「嫌われる勇気」の解説記事はコチラ
他の本の解説記事はコチラ
おすすめ本はコチラ

最後に

本記事は本書のごく一部を、私の経験も含めて解説しています。詳しく知りたい方はぜひこちら↓をクリックしてみてください。


楽天はこちら

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ