すべての平凡なサラリーマンに向けて、幸せになる解決策をお届けします。

「0.5秒でアプリを開く」便利なWindowsショートカットキー【脱マウス!生産性爆増】

「ブラウザ操作を爆速にする」便利なWindowsショートカットキー5選 仕事や日常に役立つスキル
「ブラウザ操作を爆速にする」便利なWindowsショートカットキー5選



本記事はこんな方におすすめ
・パソコン作業を早くしたい人
・パソコン作業のイライラから開放されたい人
・開きたいアプリを探すのに時間が掛かる人

IEなどのウェブブラウザ、Wordなどのアプリを開く時に、みなさんどうやってアプリを探していますか?

  • デスクトップにショートカットを置いてクリック
  • プログラム一覧から探す
  • タスクバーにショートカットを置いてクリック

このやり方をしている人、ハッキリ言って時間のムダです。

私(ええぞう)がこの本↓で勉強して「0.5秒でアプリを開く」方法を見つけたので紹介します。


Amazonはコチラ


楽天はコチラ




「Windowsキー」+「数字キー」

WindowsのPCの場合、画面下(タスクバー)にアプリを登録できるのは皆さんご存知でしょうか。これを画像のように左から番号を振ってみましょう。

「0.5秒でアプリを開く」便利なWindowsショートカットキー【脱マウス!生産性爆増】

キーボードで「Windows」+「開きたいアプリショートカットの数字」を押してみましょう。すると、そのアプリを開くことができます。

「0.5秒でアプリを開く」便利なWindowsショートカットキー【脱マウス!生産性爆増】
電卓が開いた

タスクバーにアプリを配置する方法

紹介した方法を使うには、タスクバーにアプリを登録する必要があります。

方法1:今開いているアプリを登録

「今開いているアプリをタスクバーに保存したいな」というときは、タスクバーのアプリにマウスのカーソルを合わせて「右クリック」します。「タスクバーにピン留めする」を左クリックすれば完成です。

「0.5秒でアプリを開く」便利なWindowsショートカットキー【脱マウス!生産性爆増】

方法2:ドラック&ドロップ

デスクトップのショートカットやプログラム一覧から、アイコンをドラック(ショートカットにマウスのカーソルを合わせて左クリックを長押し)し、タスクバーにドロップ(マウスの左クリックを押しっぱなしのまま、マウスのカーソルをタスクバーに移動して左クリックを離す)すれば完成です。

「0.5秒でアプリを開く」便利なWindowsショートカットキー【脱マウス!生産性爆増】
左:デスクトップから 右:プログラム一覧から どちらでもOK

よく使うアプリは左側に寄せよう

頻度の高いアプリはタスクバーの左側に寄せておくと、便利です。

たとえば
「Windows」+「1」は、IE
「Windows」+「2」は、Excel
「Windows」+「3」は、Word

のように記憶しておけば、「IEを開きたいなぁ」と思った瞬間に、ショートカットキー「Windows + 1」で素早く開くことができます。

タスクバー上でドラック&ドロップ

タスクバー上の動かしたいアプリをドラックし、好きな場所でドロップすれば完成です。よく使うアプリはなるべく左側に配置しましょう。

「0.5秒でアプリを開く」便利なWindowsショートカットキー【脱マウス!生産性爆増】

まとめ

・よく使うアプリをタスクバー上の左に寄せる
・Windows + 数字 :左から○番目のアプリを開く

本ショートカットキーは慣れれば非常に便利です。使いこなせば、あなたの作業効率は上がり、PC作業のストレスを軽減してくれるでしょう。

むしろこの方法を使わないと、以下のような不具合の恐れがあり危険です。

「0.5秒でアプリを開く」便利なWindowsショートカットキー【脱マウス!生産性爆増】
リスク①:マウスでタスクバー上のアイコンをクリック → 他のアプリを開いてしまう
「0.5秒でアプリを開く」便利なWindowsショートカットキー【脱マウス!生産性爆増】
リスク②:デスクトップに戻って、ショートカットをクリック → アプリを開くのに時間が掛かる


Amazonはコチラ


楽天はコチラ

Windowsショートカットキー
「Windowsショートカットキー」の記事一覧です。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ