落とし物防止タグ Tile 2022 旧モデルとの違いをレビュー

落とし物防止タグ Tile 2022 旧モデルとの違いをレビュー

Tileの新モデル (2022) が発表・発売されました。自称Tileオタクの著書が、新旧モデルの性能を徹底比較・検証・レビューします。

Tile 2022 と 旧モデルの性能比較一覧

まず初めに、新旧全モデルの性能比較を一覧表でまとめます。

全モデル比較一覧
全モデル比較一覧
  • IP67:粉塵が内部に侵入せず、規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない
  • IP55:粉塵が内部に浸入せず、 若干の粉塵の浸入があっても正常な運転を阻害しない。水の直接噴流によっても有害な影響を受けない

「Mate」「Pro」「Slim」「Sticker」それぞれの詳しい比較レビューは記事後半で解説します。

Tileとは?どう便利なの?

「Tileってそもそもなに?」という方のために、Tileが出来ることを、紹介します。

音を鳴らして場所をお知らせ
Bluetooth接続範囲の約75m以内に「探し物」があれば音を鳴らして場所をお知らせします♪通知音は10種類から選択可能です。

スマホを鳴らして探せる
スマホがない!そんな時は慌てずにTileをダブルクリック。マナーモードに設定していても、音で場所をお知らせします。※スマホの機種によっては鳴らない場合もございます

最後に検知した場所を記録
最後にTileとスマホの接続が切れた場所と時間をアプリが記録してくれるので、検討をつけて探しに行くことができます。

Bluetooth接続範囲外でも探せる
探し物が他のTileユーザーのBluetooth圏内に入ると、アプリで位置を通知。自分のBluetooth圏外にあっても、「落とし物」が見つかる可能性があります。

Tile Mate 2022 スタンダードモデル

Mate(2022)MateMate(2020)
カラーブラックホワイトホワイト
電池タイプ交換不可交換可能CR1632交換可能CR1632
電池寿命最大約3年約1年間約1年間
最大接続距離約75m約45m約60m
サイズ38x 38x 7.235×35×6.235×35×6.2
防水性防水(IP67)防滴(IP55)防滴(IP55)
音量大きいより大きいより大きい
Tile Mate 新旧モデル比較

Tile Mate 2022は、色々な用途にオススメのスタンダードモデルです。

従来の便利な機能はそのままに、スムーズでマットな表面になっています。

性能は旧モデルから大幅にアップしています。

万が一落としてしまっても、裏面のQRコードを拾った人がスキャンすると持ち主に通知することが可能になりました。

Tileを鳴らす音が以前のものより20-30%さらに大きくなり、Bluetooth接続距離が最大60mから75mに広がり、防水性もI防滴(P55)から防水(IP67)に改良されました。ただし防水機能強化のため、電池交換は不可になっています。

電池交換可能なモデルが欲しい方は旧モデルをおすすめします。

created by Rinker
タイル(Tile)
¥2,480 (2022/09/25 12:30:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
タイル(Tile)
¥4,980 (2022/09/25 16:17:25時点 Amazon調べ-詳細)

Tile Pro 2022 ハイスペックモデル

Pro(2022)Pro(2020)
カラーブラックホワイトブラック
電池タイプ交換可CR2032交換可CR2032
電池寿命最大約1年約1年間
最大接続距離約120m約120m
サイズ59 x 34 x 7.742×42×6.5
防水性防水(IP67)防滴(IP55)
音量最も大きい最も大きい
Tile Pro 新旧モデル比較

Tile Proは、シリーズ最もハイスペックな探し物トラッカーです。従来品よりパワフルになったハイスペックモデルです。縦長デザインを採用し、より手にフィットするデザインになりました。

Tileを鳴らす音が以前のものより5-10%さらに大きくなりシリーズ最大、電池交換できる機能はそのままに防水性も防滴(IP55)から防水(IP67)に改良されました。

「電池交換もしたいし、防水も妥協したくない」という人におすすめです。

また、万が一落としてしまっても、裏面のQRコードを拾った人がスキャンすると持ち主に通知することが可能になりました。

created by Rinker
タイル(Tile)
¥4,150 (2022/09/25 22:07:11時点 Amazon調べ-詳細)

Tile Slim 2022 薄いカード型

Slim(2022)Slim(2020)
カラーブラックブラック
電池タイプ交換不可交換不可
電池寿命最大約3年約3年間
最大接続距離約75m約60m
サイズ54 x 86 x 2.586×54×2.4
防水性防水(IP67)防水(IPX7)
音量より大きい大きい
Tile Slim 新旧モデル比較

Tile Slimは、その名の通り、お財布や定期/カード入れ/社員証ケースに最適な形状です。便利な薄型はそのままに、マットな手触りになりました。

性能は旧モデルから大幅にアップしています。

Tileを鳴らす音が以前のものよりさらに5-10%大きくなり、Bluetooth接続距離が最大60mから75mに広がり、防水性も防水(IPX7)から防水(IP67)に改良されました。

また、万が一落としてしまっても、裏面のQRコードを拾った人がスキャンすると持ち主に通知することが可能になりました。

created by Rinker
タイル(Tile)
¥3,880 (2022/09/25 12:30:33時点 Amazon調べ-詳細)
Tile slimの使用イメージ
Tile slimの使用イメージ

TIle Sticker 2022 超小型モデル

Sticker(2022)Sticker(2020)
カラーブラックブラック
電池タイプ交換不可交換不可
電池寿命最大約3年約3年間
最大接続距離約75m約45m
サイズ27x 8.227×7.3
防水性防水(IP67)防水(IPX7)
音量大きい大きい
Tile sticker 新旧モデル比較

Tile  Stickerは、裏面にステッカーが付いている小型の探し物トラッカーです。リモコン、電子機器、カメラ、アウトドア用品などに貼り付けられる小さなトラッカーです。

小型なデザインはそのままに、ボタンを中央から右側の突起ボタンに変更しました。

性能は旧モデルから大幅にアップしています。

Tileを鳴らす音が以前のものよりさらに25-30%大きくなり、Bluetooth接続距離が最大45mから75mに広がり、防水性も防水(IPX7)から防水(IP67)に改良されました。

こちらは小型モデルなので、裏面のQRコードを拾った人がスキャンすると持ち主に通知する機能はありません。

created by Rinker
タイル(Tile)
¥3,300 (2022/09/25 14:57:44時点 Amazon調べ-詳細)
Tile stickerの使用イメージ
Tile stickerの使用イメージ

まとめ Tile 2022 は旧モデルからどう進化したか?

グッドポイント

  • 黒色のスムーズでマットな肌ざわりになった。
  • 防水性能が、防滴から防水に向上した。
  • 接続距離が広がり、探しやすくなった。
  • 音量が大きくなり、探しやすくなった。

イマイチポイント

  • Tile Mateは、電池交換不可。
  • 電池交換可のTile Mateが欲しい方は、旧モデルがおすすめ。
created by Rinker
タイル(Tile)
¥10,500 (2022/09/25 16:26:02時点 Amazon調べ-詳細)

情報参考_Tile公式サイトhttps://thetileapp.jp/

Tile関連記事

タイトルとURLをコピーしました