30代平凡サラリーマンが「本の要約」「Fitbit(スマートウォッチ)」「マイプロテイン」「PC作業効率化」「楽天・Amazonおすすめ」etc...を発信します

ファイルを開かず中身を見たい!QuickLookの便利な使い方 Windows10

「ウインドウを素早く切り替える」便利なショートカットキー【脱マウス!生産性爆増】 仕事や日常に役立つスキル
「ウインドウを素早く切り替える」便利なショートカットキー【脱マウス!生産性爆増】



おすすめののソフト
QuickLookというアプリを使うとパソコンのファイルを開くことなく、ファイルの中身を確認できます。これを活用すれば作業効率が劇的に向上します。本記事ではQuickLookのインストール方法から使い方まで解説しています。

  • PCでファイルを開いたら、目的のファイルじゃなかった。
  • 不要なファイルをたくさん開いて、閉じるのが大変。
  • ファイルをたくさん開いたせいでPCが重くなる。

という経験ありませんか?QuickLookがこの悩みをすべて解決してくれます。

quickLookを使うとファイルを開くことなく、ファイルの中身を確認できます。

QuickLookでイライラから解放される手順

  • MicroSoft StoreからQuickLookをDL
  • プラグインをDL
  • QuickLookを再起動
  • 中身を見たいファイルにカーソルを合わせて「Spaceキー」
  • もう一回「Spaceキー」を押すと表示が閉じる




MicroSoft StoreからQuickLookをDL

MicroSoft StoreからQuickLookをDLします。「入手」をクリックしてその後は指示に従いましょう。

MictoSoft StoreからQuickLookをDLします。
赤枠をクリック

タスクバー(デスクトップ下)の右側(インジケーター)に虫眼鏡マークが出ればDL完了です。

QuickLookがDLできました。
QuickLookをがDLできました

プラグインの入手

上の作業だけではまだ不十分です。コチラからプラグインというものをDLします。

ここで注意!!「Officeソフトを持ってない人」「Officeソフトを持ってる人」でDLすべきプラグインが違うのです。みなさんのPC環境に合わせて「Link」をクリック!

QuickLookのプラグインを選択する。
PC環境に合わせて選択してください。

ページを下にスクロールします。立方体のマークのプラグインをクリック。DLがスタートします。

QuickLookのプラグインをDL

DL完了したら、DLしたファイルの保存先に移動して、左クリックで選択して「Spaceキー」を押してください。するとウインドウが開きます。続いて「Click here to install this plugin」をクリック!

QuickLookのプラグインをインストールする
ダブルクリックでは開けないので注意

「Done! Please restart QuickLook.」と表示されれば完了

QuickLookのプラグインが適用されました
プラグインが適用されました

QuickLookを再起動

この作業をしないとQuickLookが有効に動かないので、必ず実施しましょう。

QuickLookを一旦終了させます。タスクバー(デスクトップ下)の右側(インジケーター)の「虫眼鏡マーク」を右クリックし、「終了」を左クリック!

QuickLookを一旦終了させます

QuickLookを再び起動します。タスクバー(デスクトップ下)の左側の検索バーをクリックするとQuickLookがあると思います。QuickLookをクリックしましょう。

QuickLookを再び起動します。タスクバー(デスクトップ下)の左側の検索バーをクリック

見つからなければ、検索バーに”Q”と打つとQuickLookが出てきますので、これをクリック!

検索バーに”Q”と打つとQuickLookが出てきますので、これをクリック!

先ほどと同じようにタスクバー(デスクトップ下)の右側(インジケーター)に「虫眼鏡マーク」があれば再起動完了です。

「虫眼鏡マーク」があれば再起動完了です。

ファイルにカーソルを合わせて「Spaceキー」

これで、ファイルを開かずに中身が確認できます。閉じたいときはもう一度「Spaceキー」を押します。

QuickLookで画像ファイルを開いた例
画像ファイルも大きい画面で確認できます

私が調べたところ、QuickLookで中身が見れるものと見えないものがあるようです。理由はよくわかりません(;^_^A

QuickLookで中身が見えるもの

  • エクセル
  • 文字データのみのワード
  • PDF
  • 画像
  • テキスト


中身が見えないもの

  • 写真入りのワード

まとめ

QuickLookでイライラから解放される手順

  • MictoSoft StoreからQuickLookをDL
  • プラグインをDL
  • QuickLookを再起動
  • 中身を見たいファイルにカーソルを合わせて「Spaceキー」
  • もう一回「Spaceキー」を押すと表示が閉じる

補足

他のプラグインをDLすると、上で紹介した以外の拡張子の中身も見ることができます。

他のプラグインをDLすると、上で紹介した以外の拡張子の中身も見ることができます。
赤枠の拡張子でQuickLookをつかいたいときは、それぞれのプラグインをDLしてください。

Windowsの標準機能でもファイルの中身は確認できる

QuickLook?そんなのめんどくさい!という方はプレビューウインドウを使うことでもファイルの中身を開かずに確認できます。しかし、これもファイルの形式によって見れたり見れなかったりします。表示が小さくで細かいところが見えないので、私はQuickLookの活用をオススメします。

プレビューウインドウでファイルを開かずに中身を見る方法
仕事や日常に役立つスキル
「仕事や日常に役立つスキル」の記事一覧です。