30代平凡サラリーマンが「本の要約」「Fitbit(スマートウォッチ)」「マイプロテイン」「PC作業効率化」「楽天・Amazonおすすめ」etc...を発信します

【Evernoteは】Evernoteで作業効率化・自己実現力・自己肯定感を高める具体的な実践方法【ええぞう】

仕事や日常に役立つスキル



33歳製造業に勤めるサラリーマン。ポイ活おじさん&ビジネス書大好きおじさんのEE蔵です。

皆さん、Evernoteはご存知でしょうか?

Evernoteはいわゆるスマホやタブレットで使えるメモ帳アプリで
メモをタグ付してグループ分けしたり
メモ帳に写真を貼り付けたり
リマインダーにできたり
なにかと便利なアプリです。

画像クリックで公式サイト

今日はEvernoteで「作業効率化」「自己実現力UP」「自己肯定感UP」する方法を紹介します。




やることリストを作ろう

答えは「やることリストを作って、毎日使う」それだけです。

え?それだけ?
と思うかもしれません。それだけで良いのです。

具体的なやり方は以下の通り。

Step1「やることリストのテンプレ」を作ろう

まずはテンプレを作ります。


私のおすすめは以下のとおり

テンプレの例

ポイント
1.題名に「必ず複製して使うこと」を書く
2.やることリストの数は、4から5個
3.やることは、「〇〇なら、△△」と書く

ポイントの解説
1.
テンプレをそのまま編集してしまうと「テンプレを編集」したことになってしまうのです。
使うときは必ずテンプレを「複製して使用」するようにしましょう。
私は何度も間違えて、テンプレを作り直すハメになりました。

テンプレはショートカットに登録しておくと便利。

ショートカットにしておくと、すぐにアクセスできる。

2.
リストの数は多すぎず少なすぎず。
私の経験上4つがベストです。やることが多い日は1つ増やします。

3.
やることリストを守れない人の特徴は、
「今日のどこかのタイミングでやればいいや」と後ろ倒しにして結局やらないことです。
そうならないために、実行のトリガーとなるタイミングを設けます。

例)会社に着いた なら、午前の会議のアジェンダを確認する。
例)昼ごはんを食べた なら、〇〇さんに電話

Step2「やることリスト」に今日の予定を書いてみる。

次は実際に使ってみましょう。
予定を書くタイミングは、朝起きてから30分以内がベストです。
理由は「人間の脳は朝ほど活発で、判断力が高い」からです。
これは医学的にも証明されています。
(夏休みの小学生が午前中に宿題するのと同じですね。)

行儀が悪いですが、私は朝ごはんを食べながらスマホをポチポチしてます。

朝のスッキリとした頭で、今日の予定を思い描いてリストを作りましょう。
リストの順は、時系列である必要はありません。
思いついた順番でOKです。

思いついたことをメモする習慣を身につけることで、
脳のメモリ(処理能力)を、他の「考えること」に充てることができます。

メモしないでおくと、頭の片隅でずっと
「然るべきときに思い出さなきゃ」と残ってしまい、
これが脳に負荷を与え、脳の活動を妨げてしまいます。

リストの内容にもコツがあります。
それは「難易度はそこそこにする」ことです。

4つすべて難易度の高いアクションにしてしまうと
すべて実行するのが難しくなってしまいます。
2つは難易度の高いもの、2つは難易度の低いもの(習慣の延長)がちょうど良いのです。

例)
高難易度:始業したら、お客様向けの提案書を作る。
低難易度:会社に着いたら、机のゴミ箱の中身を捨てる。

Step3 実際にやってみる

やることリストに従って、実際にやってみましょう。
タバコ休憩や、お昼休憩に思い出せるように
Evernoteはスマホのホーム画面においておくことをおすすめします。

Step4 一日を振り返る

その日の夕方か、次の日の朝に
達成度合いを確認します。

達成していたら「完了」と書きましょう。

「作業効率化」「自己実現力UP」「自己肯定感UP」になる理由

Step1から4を繰り返していくと、
次第に、やることリストを作り、実行し、振り返ることが習慣化されます。

「やることリストを作る」ことで
次第に無駄な作業を排除しようとしたり
打ち合わせなど、すでに決まっているスケジュールを避けた
無駄のない、効率的な計画を考えるようになります。

これにより「作業効率化」に繋がります。

「やることリスト通りに実行する」ことで
立てた計画が、実行できなかった場合に
「次はどうしたら実行できるか」を考えるので、より計画力が高まります
高い計画力で作られた計画はより一層「作業効率」の良いものになります。
また、やることリストに従うことで
「自分の計画をきちんと実行する」自己実現力が上がります。

最後に「振り返る」ことで
「私は、自分の計画を守れる人間なんだ」
「自分との約束を守れる人間なんだ」

と思うことができ、自己肯定感が上がります。

「たったこれだけのことで言い過ぎでしょ?」
と思うかもしれませんが
「たったこれだけ」の「積み重ね」が大きな成果につながるのです。

まとめ


Evernoteで「作業効率化」「自己実現力UP」「自己肯定感UP」する具体的な実践方法


・朝一、起床後30分以内に「やることリストを作る」
・「やることリスト」は難しすぎず。4から5個に絞る。
・「やることリスト」は、実行のためのトリガー「なら、」を入れる。
・一日を通して「やること」を実行。
・達成できたら「完了」
・一日の最後に振り返って「自分は約束を守れる人間だ!」と確認

ぜひお試しください。

最後にEE蔵(ええぞう)のEvernoteやることリストの例を公開します。

EE蔵のある日のやることリスト

3,4項は、「一日の空いたタイミングで」の意味でトリガーを設定していませんでした。

4項は当日できなかったので明日に持ち越しました。

やるべきことを忘れずに明日に引き継げるのも、このリストの良いところ。

コメント